Web業界を目指す学生におすすめのインターン先企業5つ

就活を控えた皆さんの中には、「そろそろインターンに行かないとな・・・」そんな風に考えている学生さんは多いのではないでしょうか?そんなたくさんのインターン先の中から、皆さんにおすすめしたいインターン先を「Web企業」に絞って5つ、ご紹介しましょう!

おすすめのインターン先Web企業5選

インターンは、決められた期間企業に勤め、実際に会社の中で業務をこなす、いわば「会社の体験をする」こと。基本的には無給の場所が多いですが、給料が出るところもあり、また合宿のようなかたちで学生を多く募集する企業もあります。

企業によって様々ですが、今回は5つに絞って見ていきます。

インターンおすすめWeb企業1:マイクロソフト

web企業として大手の会社である「マイクロソフト」。この会社では、実際の製品開発を目標にインターンが進行するので、企業に入った後、どのような流れで自分が働くことになるのかをイメージしやすいといえるでしょう。また、インターンとはいえ、給料もあり、実践的なインターンができることが魅力の1つでもあります。更には実際に社内の人とともに働くことになるため、会社内の人との絆も築くことができ、一石二鳥の期間を過ごせることでしょう。

インターンおすすめWeb企業2:日本ユニシス

システムインテグレータの会社で、国内でも大手の老舗会社である「日本ユニシス」。インターンとしては、それぞれ10人程度のグループに分かれ、企画やディスカッションを通して課題解決を目指すものになります。インターンには面接選考が必須であり、おもに個人の性格を見て合否を判定しているといわれています。

インターンおすすめWeb企業3:GMOインターネット

「GMOインターネット」はネットにまつわる4つの事業を展開しているインターネットグループです。福利厚生が手厚く、24時間営業のカフェや休憩所など、スタッフが働きやすい環境を提供していることが魅力の1つです。インターンシップは「JointLabコース」と「Discoveryコース」の2コースがあり、自由に選ぶことができます。前者では最先端のネット技術を習得・開発する「次世代システム研究室」で3ヶ月間、研究や開発を行うことができます。対して後者は、1日だけのインターンであり、自分がしたいことを自由にさせてくれるインターンです。

インターンおすすめWeb企業4:DeNA

「DeNA」のインターンシップは「StuDIG」と呼ばれ、役員と学生が一緒に新しい物事に取り組むという新しいインターンシップになります。3~4日間の短期インターンですが、10万円の報酬が出ることに加え、優秀な企画を発案したインターン生には豪華賞品が用意されるなど、「仕事を学ぶだけではない」点が最大の魅力といえるでしょう。

インターンおすすめWeb企業5:ワークスアプリケーションズ

毎年人気を博すインターンシップ先である「ワークスアプリケーションズ」。学生のレベルも高く、課題解決能力が問われる難関なインターンですが、終了後には「努力に見合った報酬」として一律の金額が授与されます。更に成績優秀者には特別報酬金および、卒業後3年間入社可能なフリーパスが授与されます。単に会社を知るためだけではない、実際のビジネスを念頭に置いた、「自分のための」インターンを経験できる会社だといえるでしょう。

終わりに

いかがでしたか?web企業の中には、今回紹介した以外にも様々なインターン先があります。「企業研究をしているけれど、実際に企業に行ってみないと雰囲気なんてわかるはずない!」と頭を抱えている皆さん、まずはインターンに参加して、気になる企業を実際に体験してみてはいかがでしょうか?