するのは当たり前!?面接時にする逆質問とは?

するのは当たり前!?面接時にする逆質問とは?

shin

こんにちは!イッカツマガジン編集部です!

就職活動に精を出している就活生の皆さんにとって、一番不安になる言葉、それは「面接」ではないしょうか?頑張ってESを書いてようやく向かった面接で、思い通りの受け答えができなかったら、やっぱり悲しいですよね。

面接は、企業側からの質問を受けて「はい、おわり」…ではありません!面接の最後にはたいてい、「何か質問はありますか?」という言葉が飛び出してきます。そして、この言葉にどう受け答えるかが、合否の分け目になるといっても過言ではありません。

今回はそんな面接のキーポイントになる「逆質問」について説明しましょう!

「逆質問」とは学生から面接官に質問をするもの

そもそも逆質問とは、「それまで面接中に質問を受けている立場であった就活生が、面接官に逆に質問をする」ことを指します。冒頭でも説明したような、「何か質問はありますか?」という質問への、就活生側からの「質問」がまさに「逆質問」といわれるもので、これをいかに活用するかが就活生の腕の見せどころといって良いでしょう。

「逆質問」をするときのコツ3つ

逆質問をするときのコツは、次の3点です。

  • 業務や社内環境に関してなど、実際に働くことを想定した質問をする
  • 自分の性格や長所をそれとなくアピールする
  • 面接官の立場を考えた質問をする

とはいえ、企業側がHPや広告などで提供しているような「当たり前の情報」を聞いてしまってはいけません。「うちの会社を調べてこなかったのかな?」とマイナスポイントになってしまうからです。面接へ行く前に、きちんとその企業について調べ、そのうえで、それでも分からなかったこと、実際に気になった内部事情などをうまく聞くことが大切です。その時に、実際に自分がその企業に入ったらどんなことが気になるか、新入社員として考えた時に、上司や先輩に何を聞きたいか、をベースに考えると、質問もしやすいでしょう。

また、質問をするときに、「私は○○な性格なのですが、この会社で◯◯の部署で仕事おするときに、力になると思うのですが、他にもこのような性格を活かせそうな分野はあるでしょうか?」など、性格や長所をアピールすることも大切です。自己分析をしたうえで、企業に貢献したい、という気持ちをしっかりとアピールできるよう、対策を練っておくとよいでしょう。

「逆質問」は自分をアピールするためのもの

いかがでしたでしょうか。「逆質問」は、その場で考えるのは少し難しいかと思いますので、面接に行く前にいくつか質問を考えておくことをおすすめします。面接は少し緊張しますが、自分をアピールする場だと思って落ち着いて受けられるよう、しっかり準備をしていけると良いですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事