オファー型就活サービスまとめ:「OfferBox」「キミスカ、「iroots」など

近年、「オファー型」の就活サービスというものが登場し、就活中の学生の間でも話題になっています。この記事では「オファー型就活サービス」を利用したい!と思っている方や、そもそもオファー型って何?という方たちのために、オススメのサービスをまとめました。

オファー型就活サービスまとめ

オファー型就活サービスとは、企業側が募集をかけて学生を集めるという従来の流れとは反対に、学生側から企業側にPRをし、興味をもった企業からのオファーを待つ、というものです。「逆求人型」などとも呼びます。

メリットとしては、ESなどを何度も書かなくてすむ、興味のある業界が見つかる可能性がある、などが挙げられます。

オファー型就活サービス1:iroots(アイルーツ)

エン・ジャパン株式会社が運営している新卒向けのスカウトサービスです。登録して履歴書を編集することで、企業からのスカウトがくる仕組みになっています。

irootsに登録されている企業はすべてiroot側から招待された企業とのことで、優良企業であるという安心感もありますし、スカウトのサービスのみならずコンサルティングが受けられるサービスもあるので、就活の不安を抱いている方にもオススメです。

またirootsでは、スカウトされると通常の選考とは異った「特別選考」に進むことができたり、セミナーや1次面接をパスできたりすることもあるようです。

オファー型就活サービス2:キミスカ

定番のオファー型就活サイトです。

これまでの選考履歴や自己PRを入力するだけでスカウトがくる便利かつ効率的なサービスで、通常のナビサイトを利用しての就活に限界を感じている方にオススメです。

落ちてしまった企業や辞退した企業などを無駄にするのではなく、それを糧にして次の企業へ挑戦してみましょう。

オファー型就活サービス3:逆就活ドットコム

こちらはtwitterを用いたスカウトサービスです。学生さんならtwitterを使ったことがある方は多いのではないでしょうか。親しみの湧きやすいサービスとなっています。

名前や大学は非公開で参加できるため、企業側は学歴などではなく、個人の考え方や経験を見て判断します。

自分の価値観・経験がどれくらい企業側に受け入れてもらえるのか、自己分析の幅を広げるのにも最適なサービスです。

オファー型就活サービス4:OfferBox(オファーボックス)

これまで紹介してきたオファー型サービスは、文章によって企業側に評価してもらうという仕組みでしたが、こちらのOfferBoxでは企業へのアピールはそれだけにとどまりません。動画や画像など様々な形で自分を売り出すことが可能です。

文章だけでのアピールを窮屈に感じる、もっと個性を出していきたい!という方にはオススメのサイトとなっています。

おわりに

いかがでしたか?一言でオファー型といっても、いろんなサイト、形態があります。自分に合っていると思うものを選び、自分のペースで就活をしてみましょう。

他にも、面接の方法や履歴書の書き方などの就活の不安は新卒エージェントに相談してみるのもいいでしょう。