役員に刺さる逆質問例5選|就活の最終面接では逆質問をしよう!

一次面接、二次面接と進み、残すは最終面接のみ。質問された時のための回答もしっかり準備していくことはもちろんですが、意外と難しいのが、面接官や役員から「質問はありませんか?」と問われる「逆質問」。無難すぎる回答でも、奇をてらった回答もよくありません。役員に刺さり、印象に残る回答を5つご紹介します。

仕事内容や制度、事業に関する逆質問例

逆質問例1「研修やスキルアップの機会にはどのようなものがありますか」

仕事に熱意をもって取り組むことは当たり前のことかもしれませんが、この質問によってその意欲をさらにアピールできるのではないでしょうか。「研修などはしっかりしていますか?」などマイナスに受け取られそうな聞き方ではなく、自分のスキルを高めるためにどんな研修があるかを聞くようにしましょう。

同じような質問の例として、「内定を頂いた場合、入社までに学んでおくことはありますか?」などがあります。こちらも企業で働く意欲がよく伝わる逆質問です。

逆質問例2「今後の事業展開について教えてください」

その企業が今後どういった事業を展開していくかを尋ねる質問です。役員面接においては、経営や事業に関する質問は積極的にしておいた方がよいです。自分の仕事に対してだけではなく、会社全体を意識することができていると評価してもらえます。

「事業展開」といっても会社によって様々です。印象に残るためには曖昧な質問は避け、その会社の現状を踏まえた質問をしましょう。海外展開についてや、戦略を尋ねる質問も良いかもしれません。

逆質問例3「会社がここまで成長した要因はなんですか?」

役員や社長にしか答えられない質問です。ただ、この質問では少し抽象的な印象がありますので、その企業について研究したことを絡めた質問にしても良いでしょう。

たとえば、「このビジネスモデルを始めようとしたきっかけ」を尋ねるなど、ホームページでは知ることのできない社長や役員の思いを聞くことができますし、ありきたりな印象を取り払うことができます。

役員の考えや経験に関する逆質問例

逆質問例4「社員の皆さまに対してどのようなスタンスで仕事に臨むことを求めていらっしゃいますか」

どういったスタンスで仕事に臨むことが理想とされているかはもちろん、その役員や社長がどういった考えで仕事をしているかを知ることができる質問です。

役員にとってはあまり答えにくい質問ではないですし、「この会社で仕事をしていきたい」という意欲が伝わるという点で良い質問ではないでしょうか。

逆質問例5「〇〇様にとって御社の魅力は何だとお考えですか」

役員たち内部の人間にとって、その企業の魅力が何なのかを知っておくのは良いことだと思います。外側から見ただけではわからないことが多くあるはずなので、あくまでその役員や社長にとっての「魅力」を尋ねましょう。

就活では「自分」をアピールすることが大切になってきますが、人の話を聞くことももちろん重要です。我を通すだけではなく、企業についてもっと詳しく知っていきたい、という気持ちも大切にしましょう。

逆質問はアピールだけでなく、企業を知る良い機会

役員面接での逆質問は自分をアピールする、内定をもらうためのものでもありますが、役員や社長といった普段めったに会うことのできない人たちに企業のことを深く尋ねることができる良い機会だと思います。

自分の熱意を伝えるとともに、差し支えのない範囲で自分の知りたいことを尋ねてみるのも良いのではないでしょうか。

最終面接での「逆質問」を抑えた次は、よく質問される項目についても、答えられるかこちらの記事で確認しましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ