ミクシィ・リクルートメント『Find Job!』エンジニアインタビュー|やりがいは「自らの開発の成果を実感できること」

注目のプロダクトを生み出す企業で、エンジニアはどのような働き方をしているのでしょうか。今回はミクシィグループの「株式会社ミクシィ・リクルートメント」に訪問。多くの求職者の転職を実現しているIT・Web業界に特化した転職サイト「Find Job!」エンジニア、山崎智成さんに入社の経緯、ビジョンなどを語っていただきます。

記事番号:6203/アイテムID:193175の画像

<プロフィール>
■山崎智成(やまざき ともなり)さん
前職のゲーム会社で開発をしたのち、2012年に株式会社ミクシィに入社。
SNS『mixi』事業部やグループ会社を経て、2016年よりミクシィ・リクルートメント社が提供する『Find Job!』にジョイン。『Find Job!』ではサーバーサイドの開発を担当しているWebエンジニア。
好きなマヨネーズを使った料理は、何にでもマッチするという理由で「明太マヨ」。



こんにちは。#mayonez編集部です!
高精度マッチングで理想の転職を実現する「TechStars」がお届けする【企業×エンジニア】インタビュー企画の第9弾です。

1997年にサービスを開始し、毎年多くの求職者の転職を実現しているIT・Web業界に特化した転職サイト「Find Job!」のエンジニア、山崎智成さんにインタビューしました!

転職先に「ミクシィ」を選んだ理由は、高いスキルのメンバーと共に刺激を受けながら働きたいと思ったから

山崎さんはミクシィに入社して5年。ミクシィに入社する前は、ゲーム会社で働いていたそうです。そんな山崎さんがミクシィに転職したのはどんな理由からでしょうか。ミクシィに惹かれた理由を伺いました。

山崎さん:「ミクシィに転職した理由は、フラットな組織のなかで、高いスキルの方々と共に働き刺激を受けながら、自分のスキルを磨きたいと思ったからです。実際に入社してみると本当に優秀な人が多く、組織の雰囲気もとてもフラットです。上下関係を中心に運営される縦割りではないですね。社員の年齢層が若いのも特徴です。

一番最初にエンジニアの世界に飛び込んだのは、会社の配属で「勤怠システム」の開発担当になったことがきっかけで、自社システムの開発でエンジニアとしてやっていくうちにプログラムを学びました。

ミクシィに入社してすぐはSNS『mixi』の機能である『mixiページ』の開発を1年ほど経験しました。その後、グループ会社に3年ほど出向し、昨年よりミクシィ・リクルートメントの『Find Job!』にジョインしました。現在は、『Find Job!』でサービスサイドの開発をしています」

実際に「ミクシィ」で働いていて感じること

フラットで誰でも発言できそうな雰囲気が自身に合っており、長く働けそうというイメージを持って入社した山崎さん。実際に働いてみて感じることを伺いました。

山崎さん:「入社前から願っていた、”フラットな組織で働きたい”ということはリアルに経験できていますね。上下関係もあまりないです。特に『Find Job!』は自由な雰囲気のチームです。『Find Job! 』全体で20名が所属しています。平均年齢は約32歳と若い。男女比は半々です。新サービスの起案などは、ランチや飲み会の最中に生まれることもあります。
『Find Job!』のメンバーには、他のプロジェクトを兼任でやっている人も半分ほどいます。そのため、枠にはまった仕事だけではなく、自分が興味をもったことを発言、実現できる環境にあります。
さらに雰囲気でいうと仲が良く、歓迎会・忘年会などではメンバーで協力してしっかりしたコンテンツを準備したりします」

自らの改修が売上として実感できる『Find Job!』の開発

記事番号:6203/アイテムID:193394の画像

山崎さんが『Find Job!』の開発において最も力を入れている部分はどこでしょうか。『Find Job!』ならではのやりがいについて伺いました。

山崎さん:「”やりがい”と”楽しい”はちょっと違うものだと思いますが、業務として一番やりがいを感じられる部分は、日々の機能改修です。改修によってダイレクトに売上が上がり、数字として見えるところにやりがいを感じますね。『Find Job!』を担当して以後は、掲載企業数や応募数などがより上向いてきているので、頑張っていて良かったと思います。

また、毎週売上につながる改修をしているので、自分が改修した結果いくら売り上げが増えたかが見えると、モチベーションがあがります。

『Find Job!』の開発では、創業以来20年に渡り運用して蓄積されたノウハウや様々なデータを生かして、企業と求職者のマッチングの精度を高めていきたいと思っています。ただ、『Find Job!』だけに(売上を)頼る構図がよくないと思うので、今後は新しい軸になるサービスを何本かつくっていきたいと考えています」

『Find Job!』はリリースしてなんと20年もの間多くの求職者に利用されているサービス。これまで求人を掲載した企業数は40,000社にものぼります。これからは、溜まったデータをどんどん活用する段階にきているようです。

「ミクシィ」エンジニアとして今後も力を入れていきたいこと

記事番号:6203/アイテムID:193401の画像

次に、今後ミクシィでエンジニアをしていく上でどんな目標をお持ちか伺いました。

山崎さん:「個人として力を入れていきたいことは、企業と求職者のマッチング精度をもっと向上させることです。企業の採用担当者は、求職者を経歴などの”データ”で判断するしかないため、個人のスキル、人物像が書面上で分かったり、必要なスキルを持っているかなど、求職者の情報を機械学習しながらリスト化し、システムの精度をあげていきたいですね。

また、現状だと企業が求職者個人を検索する際に、検索条件が限られているため、企業が求める採用要件を細かく検索できるようにしたいです。

さらに、求職者の希望条件とマッチする企業を学習して、求職者の方に求人情報を提案できるようなシステムもつくっていきたいですね」

マッチングの精度も、操作の工数も技術で解決していきたいと熱く語っていただきました。
会社としても、挑戦ができるタイミングにあるといいます。

山崎さん:「会社としては、現在、新しい軸を作っていこうという真っ最中なので、入社してすぐに新規事業に参画することも可能です。創業から20年の安定したベース(基盤)がある中で、新規事業創立のメンバーになるチャンスもある。やりがいや成長機会はかなりあると思います。フラットな組織なので、企画から実行までの意思決定が速いのもいいところです」

Find Job!というサービスを軸に新たな挑戦ができる環境。。
まさにチャレンジ意欲のある人には持ってこいのフィールドがミクシィ・リクルートメントにはあります。

「成長の過程を一緒に楽しめる人」と働きたい!

最後に、山崎さんがどんな人と働きたいか教えていただきました。

山崎さん:「HR業界に興味をお持ちの方で、スキルを活かして新しい事にもチャレンジしたい方、大歓迎です。また、エンジニア枠にとどまらず幅広い考えのお持ちの方、ともに事業の成長を楽しめる方もお待ちしています。

ミクシィ・リクルートメントには、企画においても分け隔てなく提案できる環境があるので、企画のスキルも上げていけると思います。また、意見や提案をはっきり言える環境なのも、スキルアップには持ってこいです」

エンジニアであっても、開発だけでなく企画のスキルを上げられる企業文化。ユーザー視点を持って開発することで、技術だけに終わらず、”バランスの良い”エンジニアになれる環境があると感じました。

【会社紹介】ミクシィ・リクルートメントってどんな会社?

記事番号:6203/アイテムID:193303の画像

株式会社ミクシィ・リクルートメントは、IT・Web業界に特化した転職サイト「Find Job!」を運営。
「Find Job!」は、応募獲得単価が安く、20代~30代の若いユーザーが多く登録していることから、大手に加えスタートアップ企業にも好評で、1997年のサービス開始以降、求人掲載企業数は40,000社を超え、エンジニアやデザイナー、ディレクターなどの採用を希望する多くの企業の採用をサポート。また、大手や中小、スタートアップ企業が経験・未経験問わず様々な情報を掲載しているため、求職者も自分のニーズに合った転職先を探しやすく、毎年多くの方がWeb業界への転職を実現している。

話題のCMはこちら!

【TechStars(テックスターズ)を使ってミクシィに転職しよう!】

この記事を読んで『ミクシィ』への理解は深まりましたか?
テックスターズでは、他のどのエージェントや採用媒体よりも満足のいく転職を実現します!採用掲載媒体やエージェントが実現できなかった「高いマッチング精度」「スピードマッチング」「信頼性の高い企業情報」を実現した新しい転職マッチングサービスです。(※登録は3分で完了)

テックスターズで、キャリアを実現するための一歩を踏み出しましょう!!