リクルートスタッフィングのインターン対策:倍率、選考方法など2015年情報

今回はそのリクルートスタッフィングの2015年度のインターンシップ情報を見ていきたいと思います。これからリクルートスタッフィングのインターンシップを受けようと思っている方や、インターンシップは受けるつもりだけどどこにするかはまだ決めていないという方などの、一つの参考になれば幸いです。

インターンシップの情報を見る前に、まずは企業の概要や特徴をさらっておきましょう。

最初に述べましたように、リクルートスタッフィングはリクルートホールディングスの系列企業の一つで、派遣業務を取り扱っています。

リクルートホールディングスは様々な形で人と人を繋ぐことを仕事としています。その中での派遣業務ということで、性別や年齢など様々な人をお客様としています。

企業概要

「リクルートスタッフィングという企業を始めて聞いた」という方もいるでしょう。まずは知ることから始めましょう。

以下にリクルートスタッフィングの概要をまとめました。企業の公式サイトと併用して、皆さんの企業選択の際に参考にしていただければと思います。

・企業名:株式会社リクルートスタッフィング
・所在地:本社/東京都中央区銀座8-4-17
・代表者:柏村 美生
・設立日:1987年6月
・資本金:9億3,940万円
・社員数:2,275人(2016年4月現在)
・事業内容:人材派遣事業/人材紹介(紹介予定派遣)事業/アウトソーシング事業

企業の特徴

経営理念としては「就業機会の創出によって、社会に貢献する」というものを掲げています。
また、先に述べました通りリクルートスタッフィングは派遣業務を扱っています。そのためサービスの大黒柱は人材派遣となります。

しかしそれだけではありません。無料もしくは特別価格でのスキルアップ研修や条件を満たした際の保険加入や有給休暇など、派遣という比較的不安定な立場の方々をサポートするサービスも豊富です。

・サービス1:人材派遣
・サービス2:スキルアップ研修
・サービス3:充実の福利厚生・サポート

リクルートスタッフィングのインターンシップ対策:実施内容を知る

さて、ざっと企業のことを見てきたところでインターンシップ情報へと移りたいと思います。企業によってはいくつかの種類のインターンシップを行う所もありますが、リクルートスタッフィングでは1種類しか見受けられなかったので、その情報だけとなります。

リクルートスタッフィングのインターン:実施内容

・応募対象:大学または大学院生の方(学年・学部・学科不問)
・応募方法:【リクナビインターンシップ&キャリア2017】にてエントリー

リクルートスタッフィングのインターンシップは下にもあるように11月中旬の5日間行われます。その5日間では、

・1日目:自己理解
・2日目:企業理解
・3日目:社会理解(営業同行)
・4日目:1stアウトプット
・5日目:2ndアウトプット

といったことが行われます。1日目では自己の客観視を、2日目では「企業から見た自分」を感じていきます。

中でも特に3日目では実際の営業に同行するので、そこで起きる交渉や契約・トラブル対応など、圧倒的なリアルを体験することができます。また4日目と5日目では、それまでの3日間の出来事を集約し、自分と働くことについて考え、その結果をプレゼンテーションにて発表します。

以上がリクルートスタッフィングのインターンシップの内容となります。

インターン採用日程

採用日程についても見ておきたいと思います。6月から9月までのエントリー期間の間にエントリーし、9月中旬から10月初旬に行われるグループワーク、10月初旬から中旬に行われる面接を行います。

・1:グループワーク(1次選考)
・2:面接(2次選考)


インターン勤務情報

勤務情報については以下の通りですが、交通費は全額支給となります。また遠方からの参加者に対しては宿泊場所の手配、及び宿泊費の支給もあります。

・勤務期間:11月中旬の5日間
・勤務時間:情報なし
・給与情報:なし
・勤務地:東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル(本社)

リクルートスタッフィングのインターンシップ対策:採用対策

こちらではインターンシップの採用対策について述べていこうと思います。

リクルートスタッフィングの業務は人と企業とを繋ぐこと、つまりマッチングが全てです。そのため採用選考でもこのマッチングが重視されます。

1次選考のグループワークでは実際にマッチングを行います。それも企業の視点でのマッチングで、「どうすればお互いの利益になるか」ということを考えながらになります。

2次選考の面接でもマッチングが重要になります。この場合、自分と企業とのマッチング、つまり「企業は何を求めて、自分は何を提供できるのか」といったことをアピールしていくことになります。

どちらの選考でも、相手が求めるものを正確に捉えることが重要となるでしょう。

インターンの倍率を知る

倍率についてですが、募集人数が12人から18人ほどなので、かなり高くなることが予想されます。公式サイトや説明会などで情報を見逃さないようにし、早め早めに動きながら、しっかりと準備しておくことが一番の近道となることでしょう。

ES対策

リクルートスタッフィングのインターンシップではエントリーシートによる選考を行っていません。そのため対策は不要ですが、エントリーシートを書くときに行う「自己の客観視」は他の場面でも大いに役に立ちます。エントリーシート不要という時間的アドバンテージを利用して、「自己の客観視」の練習を進めておくのも良いでしょう。

面接/ディスカッション対策

2次選考の面接ですが、先に述べた通り「企業は何を求めて、自分は何を提供できるのか」といったことをアピールしていきます。そのためには企業が求めているものを見極める力、自分には何ができるのかを客観的に判断する視点、この2つが重要です。2つとも、意識して行えば鍛えることができます。普段から練習しておくと心強い味方となるでしょう。

また選考とは直接関係はしませんが、この面接の後に面接官から感じた印象を直接フィードバックされます。そこで得られた新たな視点を自分の力だけで自身に還元しても良いのですが、面接後には座談会が開催されます。ここで先輩社員の方に相談するのも有効な方法です。

リクルートスタッフィングのインターンシップ対策で重要なのはマッチング

最後にこの記事の内容を振り返ることにしましょう。

リクルートスタッフィングは、リクルートホールディングスの中の派遣業務を扱う企業で、様々なお客様と企業を繋いでいます。またただ仕事の紹介をするだけでなく、スキルアップや福利厚生などの手厚いサポートもしています。

インターンシップ、あるいはその選考においても重要視されるのは「相手は何を求めていて、自分は何を提供できるのか」といったことです。何故なら、これこそがリクルートスタッフィングにおいて一番大切なマッチングに通ずることだからです。

リクルートスタッフィングのインターンシップを受けようと考えている方も、まだそこまでは考えていないもののどこかしらのインターンシップを受けようかと検討している方も、この考え方を頭の片隅にでも置いておけば、必ずどこかで役に立つ時が来ることでしょう。

リクルートスタッフィングのインターンシップ対策:企業研究