ウエディングプランナーになるには?|仕事内容・年収・必要な資格

結婚式という人生に一度の晴れ舞台をサポートするのがウエディングプランナーですが、このウエディングプランナーと言う仕事は、具体的には何をしているのでしょうか。また、なるためには、どのようにすればよいのでしょうか。必要な資格は存在するのでしょうか。

ウエディングプランナーの仕事内容+ウエディングプランナーになるには(高校/大学/専門学校/資格など)+給料・年収

ウエディングプランナーの仕事内容

結婚のアドバイザー的役割

結婚をするとなったときに、最も結婚式のことを考えることが多いでしょう。そうなったときに重要になってくるのが、ウエディングプランナーです。結婚をするうえで、結婚についてのアドバイスをしてくれる仕事をしています。アドバイスといっても、結婚相談所のような、結婚後のアドバイスをするわけではありません。

結婚式を全面的にサポートするという役割を持っているので、最高の結婚式をするためにはウエディングプランナーが欠かせません。結婚式となると、何かとお金がかかってしまいますが、すべてウエディングプランナーが把握しています。結婚式を挙げたいと思っているカップルがいれば、予算の範囲内で最高の結婚式を提供するのがウエディングプランナーの仕事です。独自で考えて結婚式をする夫婦もいますが、やはりウエディングプランナーに任せたほうが安心できます。

ウエディングプランをアシスト

ウエディングプランとなると、非常に多くのものが存在します。また、結婚式は、プランになっていますが、個人によって要望が変わってきます。プリセットのまま結婚式をするのもよいですが、人生に一回しかしない結婚式なので、最高のものにしたいことでしょう。そこで、ウエディングプランナーは、結婚を考えている人の要望を聞いて、結婚をアシストします。

最初は、利用者の要望を聞くところから始めます。要望を聞いて、どういう結婚式をしたいのかということが把握できれば、然るべきプランを提供します。予算から入ることもありますし、プランから決めて予算を聞くこともあります。これは、最大限に利用者の要望を応えようとするウエディングプランナーの配慮といってもよいでしょう。

結婚式のアシストは、結婚式が終わるまで続きますから、最後までサポートしてくれます。

結婚式の段取りを決める

結婚式の段取りを決めるというのは、非常に難しいことです。夫婦にそれぞれの要望がありますし、曖昧なままにしていると、グダグダなままになってしまいます。中途半端な結婚式をしないためにも、ウエディングプランナーが必要になってくるのです。ウエディングプランナーは、日程から料理のコース、招待状の送付まですべての段取りを組んでくれます。

仕事で忙しかったりすると、なかなか行えない手続きですから、非常に便利です。そして、結婚式の衣装なども決めることも仕事の一つです。結婚式というと、衣装が決め手になってきますから、しっかりウエディングプランナーに任せるとよいでしょう。

ウエディングプランナーになるには

専門の資格は存在しない

ウエディングプランナーは、基本的には誰でもなることができます。というのも、ウエディングプランナーの専門的な資格が存在しないからです。しかし、結婚式場やホテルでは、ブライダル業界の教育機関を卒業していることを条件に採用しています。

資格がないといっても、ある程度ブライダル業界について勉強している人材のほうがほしいというわけです。確かに、考えてみればわかりますが、専門的な知識を持っている人のほうに任せたほうが安心できます。そのため、ウエディングプランナーになりたいと思っている人は、ほとんどがそういう教育機関に通っているのです。

ブライダル業界の学校も増えてきている

ブライダル業界の学校は、昔に比べると非常に増えてきました。最近では、高校でも女子高ですが、ブライダル科がある学校もあります。大学でもブライダル関連の知識を学べるようなところもありますし、専門学校もあります。そういった教育機関では、ブライダルに関しての基本的な知識を学べます。

また、就職先に関しては、ウエディングプランナーになることを見越して、実習などをすることもあります。実習では、実際にウエディングプランナーとして働いている人と一緒に仕事をすることになります。やはり、筆記などで勉強するよりも、生の声を聴いたほうが身に付きやすいのです。ましてや、ウエディングプランナーは、対人の仕事が多いので、余計実習が重要になってくるのです。

養成スクールも存在

養成スクールは、大学や専門学校とは違って、ウエディングプランナーとして即戦力になる人材を育てています。そのため、転職するついでに、養成スクールに通うという人も少なくないのです。社会人として働いている人で、ウエディングプランナーとして働いているものの、コネを作るために通う人も存在します。即戦力ということもあって、短期集中型で授業をするというのが主流になってきます。

基本的には、こちらの養成スクールのほうで、知識を身に着けるという人が多いとされています。確かに、専門学校や大学でも知識を学べますが、時間のかけ方が違うというのが一つの理由です。ウエディングプランナーは、専門的な知識を必要としないので、時間をかけて勉強しても短期集中型でも内容に起伏はないのです。そのため、どうせ働くなら、短期間で知識を身に着けて即戦力にしたいという人の方が多いので、生徒も増えてきているのです。

ウエディングプランナーの給料・年収

初任給はどのくらい?

ウエディングプランナーの初任給は、15~18万円が相場とされています。資格を有している専門職ではないので、給料が低いというのが現状です。ただし、キャリアを積めば給料アップが見込めるというのが、特徴でもあります。

また、職種によって変動することもあります。ウエディングプランナーの仕事は、ウエディングプランを提供することですが、衣装のコーディネートなども行います。会場のブッキングや、日程の調整なども行うわけですが、この業務内容によって変動するのです。

当然、コーディネートになると、デザイナーの資格が有利になってきますから、資格の有無によって変動します。そのため、ウエディングプランナーの給料が低いとは一概には言えません。とはいえ、一般企業に比べると、低い平均給与なので、給料を上げるためにはキャリアを積むしかないのです。

年収は勤務地による

年収は、勤務先によって変動していきます。基本的に、ウエディングプランナーは結婚式場で働くことになりますが、それ以外にも勤務先はあります。まずは、ホテルです。ホテルと結婚式場が併設されている場所になると、ホテル勤務にもなります。

また、派遣を行っている会社もあり、普段は会社内で働いており、依頼があったときのみ出向くということもあります。これらの勤務先によって年収は大きく変動し、30代でも100万円ほどの差が生まれることもあるのです。当然、大きい式場やホテルになってくると、それなりに年収も高くなってきます。ですが、地方の式場などになってくると、その分年収も低くなってしまうのが現状です。

仕事の大変さを考えると?

ウエディングプランナーは、仕事の大変さを考えると、給料に見合っていないという声もあります。結婚式の段取りを決めるのが、仕事ですが、何よりも時間がかかってしまいます。それに、ブッキングなどにも体力が必要ですし、何人もの利用者を一度にさばくわけですから、体力勝負になってきます。

基本的には、立ち仕事になってきますから、体の面でも非常に気を使うことになってしまいます。雑務も多く、プランニングを行っていない間は、事務をすることもあるのです。これらのことを考えると、仕事と給料が見合っていないという声が上がるのもわけありません。

結婚式をサポートするから結婚式が成り立つ

ウエディングプランナーは、結婚式の段取りを決めてくれます。段取りを決めてくれるからこそ、最高の結婚式を挙げることができるのです。プランから、予算、式場、招待状の手配まですべて行ってくれるわけですから、一任しないわけがありません。ウエディングプランナーがいなければ、ブライダル業界は枯渇してしまうことでしょう。それくらい、ウエディングプランナーというものは重要な職業なのです。