手取り10 万円で生活可能?(一人暮らしは?家賃は?貯金は?子どもは?)

みなさんは、毎月のお給料の手取りはだいたいいくらくらいですか?もし手取りが10万円だとしたらみなさんはどう思いますか?「10万円じゃ生活なんて無理」なんて思っている方も多いと思います。はたして手取り10万でどんな生活が送れるのでしょうか。

手取り10万円での暮らし

記事番号:531/アイテムID:8624の画像

社会人になったら誰しもが考えなければならないことが、自分の収入をふまえた生活。

今回は、手取り10万円でどんな生活を送ることができるのか。様々な観点から考えていきたいと思います。

手取りとは手元に残るお金のこと

「今の給料から〇〇分の料金と△△分を差し引いたら手取りとして残るのは実質□□円だな」なんてセリフを聞いたことはありませんか?つまり「手取り」とは、自分の手元に残った自分のために自由に使えるお金のことです。自分が稼いで、会社からもらうお給料から税金や保険料差し引かれます。そして、手取りとして残ったお金は家賃や食費、自分の趣味に費やしたり使い方は自由です。

手取り10万円は世間一般的に見て低い

皆さんは手取り10万円と聞いて低いと思いますか?それとも高いと思いますか?お給料の場合は〇〇万円だと低い、もしくは高いといった判断はすぐにできると思います。しかし、手取りとなるとイメージが湧きにくいですね。手取り10万円が低いか高いか。結論から言うと低いです。何歳で手取りが10万円かによってもそれがどのくらい低いかは変わってきますが、例えばこれが20代前半で入社したてのころだとしても手取り10万円はかなり低いです。

手取り10万円での一人暮らし生活は厳しい

手取り10万円は、日本の平均手取り金額から見てかなり低いわけですが、さらに手取り10万円で一人暮らしをしようとしたらかなり難しいと思います。家賃、電気代、食費と何から何まで自分でまかなうとなると、かなり切り詰めた生活になると思います。

まず住む場所として都心は避けておいた方がいいでしょう。都心に住むとしたら通勤には便利かもしれませんが、ワンルームだとしても平均してだいたい6万円はかかってしまいます。かといって激安物件だと色々な設備が整っていないので環境が悪く、家賃のほかに余計なお金がかかってしまうこともあります。例えば夏や冬はエアコンを多用するようになりますが、古い物件場合通常よりも電気代が高くつく場合や洗濯機やお風呂場がなく、毎回外で済まさなければならないとなると結局通常の物件に住むよりも余計な出費がかかってしまいます。

もし手取り10万円で一人暮らしをするとしたら、まず都心をさけ家賃で節約すること。そして職場にまかない制度などのサービスがあれば、それらを活用して食費の節約に重点を置きましょう。電気代や水道代、インターネット代は一人暮らしの場合、家にいる時間はあまり多くないと思うのであまり気にする必要はないと思います。手取り10万円で自分の趣味にお金をまわすのは難しいと思います。

手取り10万円で貯金するならまずは予算を

手取り10万円で一人暮らしをすることは、ただでさえ厳しいうえ、貯金をするとなると最初に自分が一か月のうち、何にいくら使うのか緻密な予算・計画を立てることが重要になってきます。

予算建てて余ったお金の何割かは必ず貯金にまわして使わないようにする習慣をつけることが大事です。同時にお給料をもらったらまずは銀行に預けるようにするとよいでしょう。

その後しっかりと計画を立てて、必要な分だけその都度銀行から引き出すようにすると無駄なお金を使わなくて済みます。手元にお金が余分にあると節約しようとしても使ってしまいますよね。

手取り10万円で2人暮らしをするなら協力は必須

ここまでで、10万円で生活していくことが難しいということははっきりしました。それでは10万円で2人暮らしは可能なのでしょうか?

結論、ほぼ不可能です。家賃6万円のワンルームだとしても2人が住むとなると快適な暮らしは送りづらいですし、単純に食費は2倍ですよね。

とてもじゃないですが10万円での2人暮らしは現実的ではありません。もし手取り10万円で2人暮らしをするのであれば、2人の協力は欠かせないでしょう。
例えば、共働きをしたり、子どもがいれば親戚に協力をお願いする。また、一方の実家を貸りるもしくは社宅付きの職に就くなど基本的には2人だけではなく周囲のサービスを活用するよう意識しましょう。

手取りが10万円でも工夫をこらせば生活できる

記事番号:531/アイテムID:8628の画像

いかがでしたでしょうか?今回は、手取り10万円でどんな生活ができるか。そして、その際どんな注意点があるのかご紹介しました。

10万円で生活するとなると、確かに限られる部分は多いと思います。しかし、10万円で自分の生活スタイルを保ちつつ生活するためにはどんな問題点があり、どんな工夫が必要か考えていけば、10万円でも十分生活していけます。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ