30代・40代が「転職成功率」を上げるためのポイント

実際に働いてみないとその転職が成功だったか、失敗だったかわからないのが『転職』です。転職して良かった『成功する転職』と転職しないほうが良かった『後悔してしまう転職』、どうして違いがでてしまうのでしょうか?違いを知って、成功率をアップさせましょう。

成功率のアップは、就職活動の時からはじまっている。

誰でも成功する転職をしたい。『成功する転職』にするには就職活動の時から努力や工夫が必要です。転職をする時は、誰しも何かしらの理由があって転職をします。理由は“他にやりたい仕事がある。”“給与や勤務時間に不満がある。”“転勤がない企業に就職したい。”など様々です。

同じ転職理由でも、30代と40代では努力や工夫の方法が違います。それは、求める収入や現在の職業スキル・家族構成が違うからです。成功する転職のポイントと30代と40代、それぞれの転職成功の考え方・努力や工夫をまとめてみます。

記事番号:492/アイテムID:7961の画像

30代・40代。転職成功率アップの共通点

30代でも40代でも『成功する転職』には共通点があります。

第一に、転職理由をはっきり認識することです。“なぜ、今、転職をしたいのか?”頭の中で考えるだけでなく、紙に書けるぐらいはっきり認識しましょう。

『後悔してしまう転職』とは?

収入アップを目指して転職したはずなのに、転職したら収入ダウンしてしまった。転勤のない会社に転職したつもりだったのに転勤があった。技術職を希望していたのに、営業だった。このように後悔してしまう『成功しなかった転職』の話はいっぱいあります。“どうして転職したいのか。”就職できるまでぶれることなく、妥協せず、強い気持ちを持って就職活動をしましょう。

第二に、自分の今の職業スキルを客観的に認識することです。
成功する転職には、職業スキルの自己アピールが正確にでき、かつ就職後そのスキルを発揮できることが大事です。転職してよかったと感じるには、転職後の周りの評価も重要だからです。そのために、自分の職業経験・技術・資格を客観的に見つめ直し、整理しておきましょう。できれば、第三者に内容を確認してもらい、自分の市場価値を再確認しましょう。

第三に、転職する時の希望条件に優先順位をつけておきましょう。
仕事内容・収入・勤務地・休日・福利厚生など、希望条件はいろいろあると思います。その中で、どうしてもゆずれないもの、理由によっては希望通りでなくても大丈夫なものがあるはずです。自分の希望条件がすべてかなう転職はないと思ってください。就職活動の時に条件の優先順位をつけることで、タイミングをのがすことなく転職できます。タイミングをのがさず就職するのも『成功する転職』に重要です。

■30代。転職成功率をあげるためのポイント①

一つ目のポイントは、“仕事のやる気”をアピールすることです。
30代の転職は、未経験で転職できる最後の年代と言われています。はじめて就職した会社や仕事内容が合わない、違う仕事をしたいと転職を考える人が多い年代です。また、同じ業界内での転職では、キャリアアップを考える転職も多い年代です。どちらの場合も転職する会社でどのような仕事ができるのか、示せるものが必要です。

未経験の場合は、将来のキャリア計画を明確にしましょう。語学の勉強をする、資格を取得するなどその会社の仕事に役立つものでキャリア計画をアピールしましょう。同じ業界内でのキャリアアップ転職の場合は、技術や所持資格を明確にして、やる気をアピールしましょう。

■30代。転職成功率をあげるためのポイント②

二つ目のポイントは、30代前半と後半で転職に違いがあることを理解することです。それは、企業側の認識の違いです。あくまでも採用を決定するのは企業です。企業の考えを知っていれば、転職の成功率があがる就職活動につながります。

30代前半の転職の強みは、まだ、技術を身に付ける時間もあり、給料も高くないことです。弱みはスキルやマネジメント能力はまだないと思われていること。このため、未経験でも受け入れられやすい年代で、収入ははじめダウンしやすいが、将来的にアップする傾向にあります。

30代後半の転職は、スキルとマネジメント能力を求められます。つまり、両方をアピールできれば、転職成功率が格段に上がります。しかし、何もアピールできなければ、収入ダウンを覚悟してください。30代後半は前半と違い、能力を求められる年齢になっているので、未経験での転職が大変と認識してください。

■30代。転職成功率をあげるためのポイント③

30代の転職でよくある失敗は、年収にこだわるあまりに成功する転職のタイミングを逃してしまうことです。未経験業界への転職やキャリアアップのための転職の場合は、年収アップはむずかしい場合があります。しかし、転職してから経験・キャリアを積むチャンス・時間があるのが30代の転職です。転職時には収入ダウンかもしれないことを理解し、長い目でみた収入アップを目指しましょう。

■40代。転職成功率をあげるためのポイント①

40代の転職では、30代にはない経験と知識・マネジメント能力を最大限アピールしましょう。40代の転職者を受け入れる会社では、コミュニケーションやマネジメント能力、会社への適応力・今までの経験・知識を発揮してもらえることを期待しています。40代は中間管理職世代です。未経験の仕事をはじめるより、今までの知識・経験・能力を発揮できる転職が成功率をあげるポイントです。

■40代。転職成功率をあげるためのポイント②

40代の転職では、家族の理解と協力が必要です。家族のバックアップは得られそうですか?家族のバックアップが必要な理由は、40代の転職は30代と比較すると就職活動期間が長くなる傾向にあるためです。就職活動期間が長くなるほど、なかなか決まらない転職に焦ってしまい、安易に妥協してしまうことがおきてしまいます。転職を成功させるには、焦りと妥協は禁物です。そのためには、長引く就職活動期間に理解を示し、励ましをくれる家族の存在はとても大事です。

■40代。転職成功率をあげるためのポイント③

40代の転職は、いつから就職活動をはじめるかじっくり考えてからはじめましょう。40代は、子供の学費や親の介護など、家計費以外のお金がかかるようになります。できれば、転職すると決めたら、在職中に就職活動をはじめたいものです。そうすれば、家計への影響が少なくすみます。もし退職してから就職活動を始める場合は、当面の生活費を貯金しておきましょう。転職が成功すれば、お金の問題は解決します。しかし、焦って大幅な収入ダウンになった場合は、将来にわたり影響し、場合によっては、再度転職を考えることになるかもしれません。大幅な収入ダウンがあった場合、『転職を後悔する』傾向が強くなると言われています。決める時は焦らず慎重になることが成功する転職につながります。

■40代。転職成功率をあげるためのポイント④

40代は、社会経験を積み、人脈もある世代です。就職活動は、ハローワーク・転職エージェントだけではなく、自分の人脈も使って行いましょう。人脈転職は、競争が少なく決まりやすい方法です。企業側もある程度知っている人なら安心して採用できるからです。固定観念にとらわれず、広い範囲から転職先をさがし、人脈で声をかけられたら、話だけでも聞きに行きましょう。その先に自分にあった転職先があるかもしれません。

成功する転職は、転職後の生活で実感

記事番号:492/アイテムID:7964の画像

転職の成功は、就職が決まった時点ではわかりません。就職してから、何か月か経ったところで実感することになるでしょう。成功する転職にするには、一番の希望がかなうことにあると思います。それは、仕事内容なのか、収入なのか、休日なのか、安定なのかは人それぞれです。就職活動している時から、自分の一番の希望を理解し、成功する転職を手に入れましょう。