マクロミルのインターン対策|倍率、選考方法、採用の日程など

今回は、そんなリサーチを専門的なビジネスとして行っている、マクロミルが募集しているインターンシップについて、詳細や選考方法、倍率などをご紹介していきます。リサーチやアンケートが好きな方や、それを仕事にしてみたいと考えている方は、ぜひ参考にどうぞ。

マクロミルのインターンシップ対策:企業研究

インターンシップの情報の前に、まずはマクロミルがどのような企業なのかを見ていきましょう。

企業概要


以下は、2016年7月8日現在マクロミルのwebサイトに掲載されている、企業の概要です。

企業名:株式会社マクロミル
所在地:
本社:東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F
新宿オフィス:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング 39F
関西支店:大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル 9F
名古屋営業所:愛知県名古屋市中区栄4-16-27 富士サカエビル 4F
仙台オフィス:宮城県仙台市青葉区中央3-2-1 青葉通プラザ 13F
代表者:取締役 杉本勇次
設立日:2000年1月31日(2014年7月1日に、株式会社BCJ-12と吸収合併の方法により合併。新法人の設立は2013年11月25日)
資本金:記載なし
社員数:連結1533人/単独766人
事業内容:
ネットリサーチ
グローバルリサーチ
ネットリサーチ専用ASPシステムAIRsの提供
リサーチの企画設計・集計・分析サービス
消費者購買動向調査、購買動向データの提供
家計調査、世帯・個人消費支出データの提供
セルフ型ネットリサーチサービス「クエスタント」の提供
ユーザトークサービス「ミルトーク」の提供
デジタルマーケティングリサーチ「AccessMill」の提供
その他リサーチやマーケティングに関するコンサルティング業務
引用元:※1

企業の特徴

マクロミルは、社員の平均年齢が31.4歳という、若くてフレッシュな企業です。2015年には、調査会社の売上ランキングで世界13位となり、リサーチや調査に関する企業の中では、若い企業ながらも大手とも言える存在です。

そんなマクロミルの経営理念は、以下の3つの信条で成り立っています。

顧客が心から満足し、感動するサービスをめざす
それぞれが、自分の可能性に挑戦できる場所をつくる
永続的な成長のために、利益を追究する
このような理念のもとに、日々技術やサービスの向上に励み、社会における革新的存在を目指しているマクロミル。そんなマクロミルで展開しているサービスや事業をいくつかご紹介していきます。

クイックミル
オーダーミル
ドクターミル
マインドミル
アクセスミル
一言で「リサーチ」と言っても、手法や対象者などはさまざま。ユーザーの細かい要望にも応えられるよう、さまざまなリサーチメニューを取り揃えています。

参考資料:※1

マクロミルのインターンシップ対策:実施内容を知る

それでは、マクロミルのインターンシップについて、見ていきましょう。2016年7月8日現在募集しているインターンシップと、参考までに2015年に開催されたインターンシップについてご紹介していきます。

インターン1:Macromill Summer Internship 2016
インターン2:マクロミルサマーインターンシップ2015

マクロミルのインターン1:Macromill Summer Internship 2016の実施内容

応募対象:全学年・全学部
応募方法:記載なし

2015年に開催された、マクロミルのインターンシップについてもご紹介していきます。こちらのコースは、「インターンを通してビジネスの厳しさを学ぶ」というテーマのもとに実施されました。Bronzeコース・Silverコース・Goldコースの3ステップが存在し、2日間にわたって開催されるBronzeコースで選抜されたメンバーだけが、次のSilverコースへと進むことができるようになっています。Silverコースは3日間となっており、このコースで勝ち残ったメンバーは、最終コースであるGoldコースへの参加権を得られます。Goldコースでは1日のみの開催。Goldコースまで残ったメンバーには、17卒採用選考の最終面接への受験資格を、更にMVPに輝いた1名には内定の資格が授与されました。(※4)

インターン採用日程

2015年に実施されたマクロミルのインターンは、下記のような日程と選考方法でした。

エントリー(2015年7月15日締切)
エントリーシートの提出(2015年7月15日締切)
グループ面接(2015年7月31日まで)
グループワーク(2015年8月31日まで)
インターン参加決定
引用元:※4

インターン勤務情報

プレゼンや企画立案に挑戦し、その結果による勝ち残り形式となっていた2015年のマクロミルのインターンシップ。ハングリー精神や力試しをしたいという挑戦意欲が問われる内容でした。そんなマクロミル サマーインターンシップ2015の勤務情報は以下のようになっています。

勤務期間:
Bronzeコース:2日間(9月)
Silverコース:3日間(10月週末)
Goldコース:1日(10月週末)
勤務時間:記載なし
給与情報:遠方からの参加者は宿泊・交通費支給
勤務地:記載なし
引用元:※4

マクロミルのインターンシップ対策:採用対策

2015年のマクロミルのインターンシップは、ビジネスの厳しさやリサーチという事業の基礎などが学べる、とても内容の濃いものでした。2016年7月8日現在募集している、2016年のインターンシップも、充実した内容が期待できそうですね。

では、そんなマクロミルのインターンシップに参加するには、どうすれば良いのでしょうか?インターン生として採用されるためにすべきことや気を付けたいことなどを考察していきます。

インターン倍率を知る

マクロミルのインターンの倍率に関する、詳しいデータは公開されていませんでした。とはいえ、マクロミルはリサーチ事業では、国内だけでなく世界でもトップクラスの調査会社です。倍率が高いことは、簡単に想像できますね。

ちなみに、2015年に実施されたマクロミルサマーインターンシップ2015のGoldコースへの参加可能率は、1%未満でした(※4)。勝ち抜きタイプのインターンシップなので、どのくらいの人数からスタートして、最終的に何人が参加できたのかによって倍率や難易度は異なるものですが、かなり低い確率と言えるでしょう。

2016年のインターンシップは、勝ち抜き形式ではないようですが、こちらもかなりの倍率であることは、覚悟いておいた方が良さそうです。選考には、「何が何でもインターンシップへの参加権を勝ち取りたい」という、強い意欲で臨みましょう。

ES対策

過去に開催されたマクロミルのインターンシップの中には、マーケティング戦略コースやデータストラテジストコースといった、分野や職種別にコースを設けているものもありました。

その際のESでは、下記のような内容の設問があったようです。

自分の強みと弱み
現在大学で行っている研究
研究の具体的な内容と興味を持った理由
習得している言語や使用しているツール
今までで難関だった問題を解決した経験について、戦略と実行方法
応募書類にどれだけ具体的に、そして情熱的に自分のことを書けるかがポイントになりました。

引用元:※5

面接/ディスカッション対策

2016年7月8日現在募集しているインターンシップの選考方法にも入っている、グループワーク。協調性やディスカッション能力が試されるステップです。過去のインターンの採用過程においても、グループワークやグループディスカッションが実施される確率は非常に高く、マクロミルがグループワークやグループディスカッションを重要視していることがわかります。

過去のインターンシップのグループディスカッションでは、6人で1チームを形成し、与えられたテーマや課題に対して資料などを見ながらマーケティングの方向性を決めるという形式が取られました。中間発表の際には、必ず社員から指摘を受けるようになっており、最終日までにどれだけ修正できるか、チームとの協調性や全体の思考力などが問われる内容でした。

参考資料:※5

マクロミルのインターンシップ対策で重要なのは好奇心

いかがでしたでしょうか?今回は、大手調査会社マクロミルの、現在募集中のインターンシップと、2015年に開催されたインターンシップについて、選考方法や倍率をご紹介しました。

マクロミルという企業の方針や、過去のインターンシップの様子などを見てみると、この企業が重要視しているのは好奇心だと思います。好奇心は、考えたり行動したりすることの、始まりです。興味や好奇心があるから、その物ごとについて深く調べたり、体験する為に足を運んだりするのです。インターンシップでは、グループディスカッションやグループワークが重要視されるようですが、いずれも与えられたテーマや課題に対して好奇心を持ち、徹底的に追究する姿勢が、インターン生としての採用を勝ち取る鍵となるでしょう。

[参考資料・引用元]

応募対象:全学年、全学部
応募方法:webサイトからエントリー
リアルなビジネスを「のぞく」ことをテーマにした、2016年7月8日現在募集中の、サマーインターンシップです。クライアントからの依頼や課題にどのように応えていくの?そして、どのようにしてデータを収集するのか?マクロミルのリサーチ業務のプロセスを体験することができます。また、マーケティングやリサーチの勉強もでき、コンペ形式のプレゼンなどについても学べます。人事から、他己分析のフィードバックレポートがもらえるという点も、マクロミルのインターンの特徴です。

インターン採用日程

こちらのコースの採用日程・選考方法は、以下のような流れになっています。品川開催選考会は2日間開催され、それぞれ2016年7月13日。2016年7月14日が、web募集の締め切りとなっています。(※2)

エントリー
1次選考(グループワーク)
2次選考(グループ面接)
参加者決定
引用元:※3

インターン勤務情報

2日間のインターンを、全部で12タ―ム実施する予定となっています。

勤務期間:2日間(2016年8月1日~9月30日)
勤務時間:記載なし
給与情報:記載なし
勤務地:品川オフィス/関西支店
引用元:※3