第二新卒は未経験の仕事にも転職可能?成功事例・履歴書の書き方や面接

企業の終身雇用制も崩れる中で、若い世代でも転職をすることも多々あります。その中でよく耳にするのが第二新卒。第二新卒の転職事情や未経験の仕事に転職できるのか不安な方も多いと思います。今回は、第二新卒の転職についてご紹介いたします。

第二新卒は就職をして3年以内に転職をする人のこと

新卒は、大学在学中に就職活動を行う就職希望者のことを主に差します。
ですが、第二新卒は、新卒で就職をして、3年以内に退職をして新たな企業に転職する人のことを指します。
そのため、大学卒業後フリーターなどを経て就職する人は、第二新卒ではなく既卒に扱われます。

第二新卒を採用するメリットはたくさんある

このように、第二新卒は他の中途採用者と比べると即戦力になりえないケースも非常に多いため、企業としては採用するメリットがないように思われます。
しかし、第二新卒を採用するメリットはたくさんあります。

新入社員研修を受けているためビジネスマナーがついている

新卒で採用した場合、新入社員研修などでビジネスマネー等の講習を行わなければならないため、会社側としても人材育成の費用がかなり掛かります。
しかし、第二新卒であれば、前職でビジネスマナーや社会人としての心構えなども身についているため、一から育てる必要がないため、人材育成の費用を安くすることが可能です。

中途採用者に比べて企業文化が根付いていない

中途採用者では長く前の会社にいたケースも多いため、前の会社の風土が染みついており、いざ転職してもその会社になじめないケースも少なからず存在します。
しかし、第二新卒であれば、入社後短い期間で転職をしたため、前の会社の風土も染みついていないため、ほとんどまっさらな状態で新たな企業の風土に適応するため、なじみやすいため次の企業でも定着しやすいです。

将来に対して具体的な目標などがある

新卒に比べて一度社会経験を積んでからの転職は、前職を通じて広がった知見や視野の元、転職を行うため、より将来のビジョンを見据えて就職をすることができます。
また、初めに入った企業で失敗をしている分、次は失敗をしないように具体的なビジョンやプランを見据えて転職をしているため、定着しやすいと考えることができます。

第二新卒なら未経験の仕事にも転職しやすい

中途採用の転職では、前職の経験や実績をもとに採用が行われるため、前職と似た関係の仕事や職種の方が、転職はしやすいです。
ですが、第二新卒の場合、前にいた企業の業務も長く行っていない分、即戦力としての採用ではありません。
そのため、未経験の職種や仕事でも中途採用に比べて転職は、しやすいです。
また、志望動機などによっては、違う職種や違う仕事の方が有利に働くこともあるため、第二新卒でも新たな業界や職種に飛び込める可能性は存分にあります!

第二新卒の転職の履歴書の書き方やポイント

第二新卒の転職では職歴も書く

第二新卒転職と新卒の就活の大きな違いは職歴の有無です。
新卒の採用の場合は職歴のない人が限定されますが、第二新卒の場合は、職歴は必須です。
そのため、第二新卒の転職の履歴書では学歴に加えて職歴を記載する必要があります。

資格や免許は転職に必要なもののみ

転職の際の履歴書に記載する、職歴や学歴は、転職に必要なもののみを書き見やすいものにする必要があります。
例えば、「行政書士」の資格を持っていたとしても、法務系の仕事や職ではない場合は、それについて記載する必要はありません。
また、資格や免許は、「第一種普通免許」のように正式名称を書きましょう。

本人希望欄は貴社規定に従いますの一言が望ましい

第二新卒での転職の際には、本人希望記入欄に希望を書くことは、人事担当者はあまりいい顔をしてくれません。
そのため、貴社の規定に従いますと書くだけが好ましいです。

第二新卒の転職の面接で気を付けるべきこと

人事が気にしていることはあなたがその会社で長く働いてくれるのか

第二新卒は、最初の企業で長く務めていない人が多いです。
そのため、短い期間での次の会社に乗り換えているため、採用者が一番気にすることは、あなたが、長くその企業で働いてくれるのかについてです。
そのため、前職の退職理由が「なんとなく」や「人間関係がうまく行かなかった」などのネガティブな理由では、採用者はもちろん採用を渋ります。
中には、激務のブラック企業で心身の支障をきたすため、転職を決意した方などもいるかと思います。その場合は、まだ考慮してくれます。
ですが、その場合は、忍耐力や粘り強さに疑問を持たれる場合もあります。
だから、退職理由は、前職からのキャリアアップや前職を通して本当に興味のある業界ややりたい仕事が見つかったなどの、ポジティブな理由の転職の方が、今後の展望や可能性を組むことができるため、採用者から良い印象をい受けやすいです。

前職での経験や実績も少なからずみられる

第二新卒だからと言って、前職の経験や実績を見られないというわけではありません。
前職での仕事を通じて得たものや実績や経験を具体的に話すことで、短い社会人生活でどのような成長をして、どのような心境の変化や考えの変化で転職を考えたかについて具体的に説明をしなけれんばなりません。
また、あなた自身の課題について問われる質問もあるため、あなた自身がどのような課題に直面して、どのように解決をしたかについての課題解決能力をみられます。
この質問を通して、あなたの向上心や粘り強さなどをみられることがあるため、今後その企業で長くやっていけることをアピールしていく必要があります。

順応能力や適応力を見る質問もある

第二新卒で転職をするため、採用担当者は少なからず、適応力や順応力を問うことはあります。
例えば、「やりがいの持てない仕事でも真摯に遂行できますか」のような、質問をされるケースもあります。
この場合は、やりがいが持てなくてもその仕事で学ぶことがたくさんあるため、真摯に仕事を行っていきたいという旨の話を盛り込むことが必要です。
これにより、あなたがこの先、どのような仕事でも真摯に向き合ってやっていけることを説明することができます。

第二新卒の転職の成功のポイント

前職の経験を通してあなたに本当にあった仕事を見つける

就活生の頃、この仕事が格好いいややりがいがあるなどの理由から就職をして、いざ就職をすると現実とのギャップで転職をする方も多いです。
その際、前職の経験からあなたがどのような仕事が向いているのかや本当にしたいことについて、考えていく必要があります。
それによって、前職のように現実とのギャップなどにショックを受けることなく新たな仕事を見つけることも可能です。

将来あなたがどうなりたいかビジョンを具体的にする

第二新卒で見られるポイントとして、あなたが次に行く企業でどうなりたいかそして、どのようなキャリアを歩んでいきたいか等の具体的なビジョンをみられることが多いです。
一度社会経験を積むことで社会に出るとはどういうことなのかを分かったうえで、キャリアについて考えるため、具体的なキャリアプランを考えていく必要があります。

ビジネスマナーを身に着ける

第二新卒の採用のメリットの一つである、ビジネスマナーなどが身についているメリットを最大限に生かすためにも、ビジネスマナーは完璧なものにする必要があります。
そのため、面接や企業とのやり取りの際は、ミスのない完璧な対応を心掛けるといいです。

第二新卒の転職の成功例

ご転職内容 総合系コンサルティングファーム→人事特化系コンサルティングファーム:人事制度コンサルタント
ポジション 人事制度コンサルタント
志向・経緯 新卒で入社した大手コンサルティングファームでは、人事系のコンサルティングも手掛けているものの、配属された部署は希望とは異なり、社内異動も難しいことが判明し、早期であるものの、転職を決意。
第二新卒でも人事制度を中心とした人事コンサルティングができる企業を知りたく、就活時に知っていた弊社Movinに登録されました。
評価ポイント ・未経験ながらも人事関連書籍を読むなど基礎知識を有していること
・コンサルタントとしてのベースの論理的思考力、キャッチアップ能力
・明るいコミュニケーション能力

出典:http://www.hc-movin.com

こんにちは。
私は現在事務として細々と働いている20代女子です。
こんな私ですが、今は「何とかして、アパレルで働きたい」という夢を持っていて、そのために努力をしている最中。やっぱり、自分の好きな道で食べていきたい!という希望は捨てることができなかったというカンジでしょうか。そもそもどうしてこんな話になったのかというと、話は短大時代にさかのぼります。

当時から洋服が大好きで、コーディネートを考えることが大好きだった私。でも、体型がポッチャリだったんですよね。残念ながら、アパレルの仕事をする上で「体型がぽっちゃり」というのはありえないというか、ダメダメなんです。お店に行くと、みんなスリムで綺麗な店員さんばかり…。

実際に、ぽっちゃりの子がアパレルの面接に出かけて落ちていたことも知っていたので、「私にアパレルは無理だろう」ということになり、アパレルのことはあきらめたんです。

かわりに、その時見つけた事務関係の仕事について現在も仕事をしています。私が就職試験を受けた時は既に不景気で、求人もあまりない状態でしたから、事務の仕事に就くことはラッキーだといろいろな人に言われました。
実際、私もそう思いました。周囲は事務の仕事を受けても落ちていたので。

でも、こうして事務の仕事をしていればしているほど、「やっぱりアパレルが良いな」と思うのです。

これだけ洋服が好きな私ですから、バイヤーや販売員などの仕事でアパレルを続けたかった。それが本音であり、頑張りたいと思うところなんですよね。今は転職を決意し、夢をかなえるためにダイエットをしている最中。また、求人情報なんかもかなり探しています。「こういう服屋で働きたい」という希望がたくさんあるので、それを叶えることができる様にますます頑張っていきたい。そういうカンジですね。

お店の前から中にいる店員さんを見ていると、やっぱり「いいな」という気持ちが湧いてきます。「いいな」で終わらせるのではなく、きちんと「夢をかなえるぞ」という気持ちで頑張りたい。心から、そう思います。そのためにはまず、たくさんの努力をしていかなければならない。そう思って、がんばりたいと思っています。

出典:http://www.storiestenshoku.net

このように、第二新卒の転職で前職とは全く違う仕事に転職をした方もいます。
成功事例でもわかるように、第二新卒の転職では、新たな仕事への熱意やその理由などを考える必要があるため、自己分析を新卒の就職活動よりもより深くより詳細に行っていくことが第二新卒の転職の味噌ともいえます。

都市部の第二新卒の転職なら就職shopがおすすめ!

リクルートの運営しいてる第二新卒を中心にした就職エージェントです。
普通の転職エージェントに比べて敷居が低く、採用率も高いです。
また、実績や実力採用ではなく、ポテンシャル採用の企業が多いため、第二新卒の気軽に応募をしやすいです。
対象エリアが、東京、神奈川、千葉、埼玉、京都、大阪、神戸の都心部に限定されているため、該当エリアの方には、ぜひ利用してほしいサービスです。

手厚いサポートが期待できるマイナビジョブ20's

大手求人メディアのマイナビが運営する20代専門の転職エージェントです。
第二新卒専門のキャリアコンサルタントが、転職の際の業界動向や第二新卒に特化した転職の方法をレクチャーしてくれるため、はじめての転職でも安心して利用することができます。

第二新卒の転職も慎重に

転職全般にいえることですが、次の職場があなたの思うような職場とは限りません。
また、転職を繰り返すと、今後のキャリアにも大きく影響をしてきます。
そのため、転職をする際は、新卒の就職活動以上に、慎重に次の転職先を考えることや、なぜ今の企業に不満があるのかを分析して、慎重に行うことが大切です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事