気分屋の人の長所と短所・気分屋な性格と上手く付き合うコツ

気分屋の人、あなたの周りにもいますか?気分屋の人の長所・短所はそれぞれ何でしょうか?また、気分屋の人に振り回されずに上手くやっていく方法はあるのでしょうか?自身が気分屋の場合、気分屋の人の対応のし方、両方考えてみましょう。

気分屋な人と上手に付き合うコツ

気分屋の人が近くにいて困ることがあります。会社の上司や家族、友人などの周囲にいて、振り回されることがあるでしょう。気分屋の人の言動を見ていると、ストレスが溜まります。気分屋の人というと嫌なイメージがあるかもしれませんが、長所もあります。短所は何か知っておくと、あなたも振り回されずにすみます。気分屋の人の長所や短所を心に留めておくと、ストレスの少ない生活になりますね。また、気分屋な性格と上手く付き合うコツも知っておくと便利です。

自分が気分屋で悩んでいる人も、気分屋な性格と上手く付き合うコツを知っていると過ごしやすくなります。気分屋な人と上手に付き合うコツは、ぜひ心得ておくべきです。会社や家族に気分屋の人がいて、その言葉や行動が理解できない場合は、コツを知って上手に付き合うとストレスも減ります。気分屋の人に対してどう接すれば良いか、コツを考えてみましょう。

気分屋の人の性格の長所は?

まずは、気分屋の人の長所からみてみましょう。

怒っても何時間後には機嫌が直っている

「気分屋の人の長所って何だろう?」って考える人が多いかもしれません。気分屋の人は常に気持ちや行動が変わります。ですから、今怒っていても、何時間後には機嫌が直っていることが多いのです。気分屋の人は気持ちの変動が激しいです。怒る時はきつい口調で怒ったり、早口になったりするので、周囲の人は恐怖を感じるかもしれません。しかし、それは怒っている時のピークの状態であって、それが長く続くわけではないのです。機嫌が直るのですから、根っから悪い人ではないことがお判りでしょう。

単純な性格である

気分屋の人の性格は、単純で分かりやすいとも言えます。褒められると素直に喜びます。また、自分を褒めて認めてくれる人、味方になって従ってくれる人が大好きです。性格が表に出やすいので、「何か裏があるのではないか?」と詮索する必要はありません。分かりやすい人なので、コツを掴むと付き合いやすい人に変わります。

気分屋の人の短所は?

次に気分屋の人の短所を説明します。

気分が変わりやすい

これは言うまでもなく、気分屋の人の一番の短所でしょう。今、笑っていたかと思うと、一瞬にして怒ってしまいます。何か気分屋の人の気に入らないことが起こると、一瞬にして怒りに変わってしまいます。周囲の人は訳が分からず、戸惑うばかりです。周囲の人は気分屋の人の気持ちが理解できなくて、なぜ怒られているのかがさっぱり分からない時もありますね。

周囲の人を巻き込む

気分屋の人は機嫌が悪くなると周りに当たり散らしたりして、周囲の人を巻き込みます。自分一人で静かに怒っているのなら迷惑はかからないのですが、そのあたりが分からないようです。突然、ドアを閉める音が大きくなったり、物に当たったりしたら、機嫌が悪い証拠です。周囲の人は巻き込まれないように注意しましょう。・気分屋な性格と上手く付き合うコツは?

気分屋な性格と上手く付き合うコツは?

気分屋な人が周囲にいたら、上手に付き合うコツを知りたいですよね。会社の上司や家族にいる場合は、縁が切れるということはすぐにはありません。気分屋な人と上手に付き合って、あなた自身もストレスなく生活した方が得だと言えます。気分屋な人と上手に付き合うコツを覚えておくと、スムーズに生活しやすくなります。

なるべく怒らせないように、手のひらで転がそう

気分屋の性格が出ないように、周囲の人はそれ以上の上手である必要があります。“大きな子供”だと思って、手のひらで転がすような気持ちで付き合うと良いでしょう。気分屋の人が周囲にいたら、自分は“大人”として対処すべきです。なるべく気分屋の人に引きずられないようにしましょう。自分が気分屋ではないかと思っている人は、穏やかな気持ちで過ごすように心がけると良いですね。気分の変動があっても、平穏な気持ちを保つようにしましょう。

褒めておだてよう

気分屋な性格と上手に付き合うコツは、気分屋の人に気に入られればいいわけです。気分屋の人は褒められることが大好きです。褒めてくれる人が周囲にいると、気分が良くなる傾向があります。多少おだてておけば、気分屋の性格も穏やかになります。笑顔になることもあります。大げさなくらいに褒めておけば、気分屋の性格も落ち着いています。

「○○さんは、ゴルフがお上手ですよね」とか「○○さんって、洋服のセンスがいいですよね」などと、気分屋の人の良い点を普段から褒めるようにしましょう。自分が気分屋かもしれないと思う人は、なるべくニコニコ笑顔を心がけましょう。あなたの気分の変化によって、周囲の人は迷惑していることを知っておきましょう。

「いつものことだ」と気にしないようにしよう

気分屋の性格が出てきたら、「いつものことが始まった」と思って、気にしないようにしましょう。気分屋の人の性格は気にし過ぎないことが大切です。気分屋の性格は、簡単には直りません。周囲にいる場合は、「毎度のこと」と思って、割り切るしかないでしょう。気分屋の人の言動がひどくなっても、受け流しましょう。いちいち傷ついていたら、あなたの方が体も心も持たなくなってきます。

自分が気分屋だと自覚のある人は、周囲の人は我慢をしていることを知りましょう。気分屋の性格のせいで、周囲の人の気持ちを傷つけている恐れがあることを熟知しておきましょう。

なるべく距離を保とう

毎日顔を合わせる関係だと難しいかもしれませんが、気分屋な人とはなるべく距離を置いた方が上手くいきます。そうは言っても、会社の上司だとか親、夫が気分屋という場合だと、避けて通ることは難しいですね。気分屋の人とは上手く距離感を保った方が得策です。怒っている時はなるべく近寄らない方が身のためです。何か話したいことがある時は、機嫌が良さそうな時に話しかけましょう。相手の顔色や雰囲気を読んでから行動を起こしましょう。

気分屋の人の嫌いな話題を避けよう

気分屋の人は好き嫌いがはっきりしていることが多いです。「この話題を出したら、怒りそうだな」と分かっている場合は、気分屋の人の嫌いな話題は出さないようにしましょう。嫌な話題を出すと、一瞬にして気分屋の人は言動が荒っぽくなります。怒り出したり、周囲の人に愚痴を言ったり、物に当たったりします。あなたにも被害が及ぶことがあります。しかし、会社の上司に報告しなくてはならない場合など、嫌な話題を出さなくてはならない時もあります。そういう場合は、気分屋の人の機嫌が良い時に話すようにしましょう。気分屋の人でも機嫌の良い時は、嫌いな話題でも受け入れやすくなります。

気分の変化の波を覚えておこう

気分屋の人は、その人によって何ヶ月おきに怒りが爆発するとか、周期が定まっていることがあります。気分屋の人の性格で悩まされている人は、気分の変化の波を覚えておくと便利です。1年に何回か怒り出す場合は、「2ヶ月前に大爆発したから、そろそろ来るかな?」とか、分かってくるようになります。周期を覚えておけば、そのあたりが近づいたら警戒すれば良いのです。気分屋の人を怒らせるような言葉を言わないようにするなど、防ぎようがあります。

コツを掴むと、気分屋の人も扱いやすくなります。1日に何回も気分が変わる人の場合は、常に警戒が必要になってきます。緊張の糸を張り詰めているような感じになりますが、気分屋の人が怒るような言動をしないように気をつけるしかないですね。まとめいかがでしたか。気分屋の人の長所と短所、気分屋な性格と上手く付き合うコツ、気分屋な人と上手く付き合うコツを紹介しました。気分屋の人が周囲にいると、本当に気を使うし、疲れてきます。なるべくストレスを溜めないように、気にしないようにするのがコツです。気分屋の人を上手く持ち上げて、上手に扱うようにしましょう。気分屋の人は、意外とストレートな性格で裏表がなく、気の良い人が多いです。悪い面ばかりではないので、良い面にも注目してみましょう。あなたも気分屋の人と上手に付き合って、ストレスのない生活を送りましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ