部署異動願いで希望は出せる?拒否出来る?異動時の挨拶マナー

会社から突然言い渡されるのが、部署異動。部署異動について、あまり知らない方も多いと思います。異動願いは出せるのかそして、部署異動は強制で拒否することはできないのか等皆さん多くの疑問があるかと思います。今回は部署異動についてご紹介していきます。

部署異動は1~2年の間に一度はある

部署異動は、大体1~2年に一度は必ずあるといっても過言ではありません。
特に若手社員の時期にはジョブローテーションの一環として様々な部署を経験しなければならないため、会社内の様々な部署に送られることが多いです。その中で、本人の適性を見ていき、今後の部署の配属につてい決定されます。
また、中堅社員でも今後の戦力にならないや抜擢人事などでの移動が発令されることもあるため、サラリーマン生活をしていれば移動は、必ず遭遇することです。

部署異動の理由はいくつかある

部署異動には、様々な理由が生じて起こることが多いです。
主な理由としては、4つあります。
・若手社員のジョブローテーションの一環
・部署内で足場を固めることができない
・部署内で今後戦力にならない
・優秀な成績を持っているため、抜擢人事で花形部署へ
これらが主な理由です。
では、これらについて少し詳しく見ていきましょう。

若手社員のジョブローテーションの一環

総合職で入れば、今後会社の一翼を担うことになるため、様々な経験が必要になってきます。
そのため、若手社員であれば、部署異動によって、いろいろな部署を見ていきながら、その人の強みを生かせる部署等を見出すためのポジティブな部署異動と見ることができます。

部署内で足場を固めることができない

こちらは、少しネガティブな部署異動です。
これは、部署の中で自分の立ち位置を見いだせていないことや、あまり部署のメンバーとうまくいっていないため仕事が円滑に進まないと判断されて部署を異動させられるケースです。
異動によって新たな部署で今後活躍するという期待で出されると考えれば明るい異動ともいえますが、花形部署から閑職に回される場合はかなり暗いものになります。

部署内で今後戦力にならない

これは、かなりネガティブな意味として取れる部署異動です。
例えば、部署の人間と折り合いがつかないや他の同期に比べて仕事ができないなど、上司が手に負えないと判断し場合の理由の部署異動です。
すなわち、成長の見込みがなしと思われているということです。
この部署異動はかなり、会社員としてもよくないです。
そうならないためにも、まず同僚などとの軋轢を生まないことや、上司に対して反抗をしないなど、常にあなたが観察されていると思って行動して今後の伸びしろを示す必要があります。

優秀な成績を持っているため、抜擢人事で花形部署へ

この異動は喜ぶべき移動ということができます。
栄転と呼ばれる移動のことです。
この場合は、上司からも同僚からも評価が高く、次の部署でも活躍ができると思われているための大きな期待を込めた異動です。

部署異動の希望は出せるのか

部署異動の希望は基本的に、「部署異動願い届」などの書類を上司に出すことになります。
主に出すタイミングとしては、新入社員が入る時期や決算時期や月の変わり目と言われています。
部署異動は上司への相談から始まるため、上司との良好な関係を構築させておけば通しやすいともいえます。

希望の部署へ移動するためのアピール方法

希望の部署に行くためには多くの見方をつけるのが第一

やりたい仕事があるやキャリアアップで新たな部署に配属してほしいなど、様々な理由で部署異動希望する場合がありますよね。
希望の部署に行くためには、上司への相談は必須です。
そのためには、日ごろの上司との関係や上司が次の部署へ送り込みやすくするためにも周りの人間関係をよくするなど、日ごろの会社内での人間関係をよくして見方を多くつけることが大切です。

部署内でトップの成績を取る

花形部署への異動などでは、他の部署や同じ部署等会社内に多くのライバルが存在します。
そのため、上司にその部署へあなたを推薦しやすくするためにも、営業や職務の業績で良い成績をとっておく必要があります。
それによって上司に、あなたが次の部署でもうまくやっていくことができることを証明することで、次の部署への異動もしやすくなります。

希望部署との関連する仕事を増やす

今いる部署の仕事と希望の部署の仕事が少しでも関連があるならば、その仕事をこっそりと多く引き受けるのは有効です。
それにより、希望の部署であなたを売り込むこともできますし、その部署についての知識をつけることも可能です。そのため、”その部署に精通しているのは、あなた”と周囲にイメージさせることで、今いる部署と希望の部署双方に、売り込むことができるため、部署異動のアピールにもなります。

上司との話で希望部署の話をちょくちょく盛り込む

直属の上司に人事権があるかは、定かではないことも多いため、直接異動の相談をすることは、あまりよくありません。
直属の上司もその上の課長や部長の決済が必要の場合もあるためいい顔をしないことが多いです。
しかし、その部署の話を今の仕事の視点に少しずつ取り込んでおいて話したり、実際に仕事をすることは、目に見える効果は出ませんが、じわじわと聞いていきます。
例えば、営業から財務へ行きたい場合は、財務の視点を持ちながら営業をしてみたりすることで、上司にたいして、あなたが財務に関しても他の社員に比べて一日の長があると思わせることもできます。

希望部署への異動のアピールでしてはいけないこと

浅はかな考えで異動希望は出さない

ちょっとのことで異動希望を出すことはよくありません。
異動希望はどのような形式にしろ人事部で保管されています。
部署の不満などで異動希望を出すことは、NGです。
その異動希望が悪い意味でも今後に活きていくこともあるため、異動希望は慎重に出すことも大切です。

今の部署の仕事を怠る

戦力にならないため異動になるというケースはあります。
そのため、使えない人材アピールで異動をするという策もありますが、それはNGです。
きちんと仕事をしていると上司からは、かけがえのない戦力として手放したくはないと思われますが、さらに上の上司からのお声がけで栄転をつかめるということもあります。
また、使えないという理由の異動は今後使えない人間としてのレッテルを張られて企業人生を歩むことになるため、得策とは言えません。

部署異動に拒否権はあるのか

部署異動の拒否は、基本的には不可能です。
部署異動も会社の命令の一つのため基本的には逆らえません。
ですが、いくつかのケースでは拒否をすることも可能です。

雇用契約で職種が限定されている場合の部署異動の拒否はできます

入社時に、例えば経理職として採用されている場合やエリア限定社員として採用されている場合、雇用契約でもそれら限定の採用として、契約が行われています。
そのため、経理職から営業職や関西エリア限定の社員なのに関東方面へ転勤などは、人事異動として認められません。

人事異動が職権乱用と認められる場合

例えば、会社側に嫌われており、慣れない仕事に配属されたり閑職に回されたり、遠隔地に転勤させることにより、本人に対して退職を強いるような場合は、認められません。
ですが、会社側はこれらの理由に対して本人のスキルアップなどの合理的な理由を説明してくれるため、よほどあからさまな方法でなければ、本人は従うしかありません。

育児や介護などの事情による拒否

これも労働者の異動を拒否することが認められる権利です。
理由としては社員に対して不利益が大きすぎるからです。
ですが、大企業では介護のサポート制度や会社の託児所などもあるため、不利益度が小さくなるため、企業の人事などの個別的判断となるため、必ずしも異動を拒否できることはありません。

部署異動は基本的に従わなければならない

このように、部署異動の拒否は、合理的な理由があれば拒否をすることは可能です。
ですが、基本的には、異動には従わなければなりません。また、会社に属している以上よっぽどの事情がない限り受け入れられることはないといえます。

諦めずに頑張ろう

部署異動にも様々な理由や意図を含んだものがあります。
そのため、部署異動が出ただけで一喜一憂するものでもありません。
また、異動先が希望部署でない場合もあることも多いでしょう。ですが、異動したいという希望を持ちながら、小さいところでアピールをしながら、仕事をしていれば、いつかは移動するチャンスを得ることもできます。
そして、拒否することは難しい部署異動。部署異動も一つのキャリアアップのチャンスととらえて、頑張っていくことも大切です!!

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)
キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)