【入社試験】書類選考・面接・適性試験・一般教養への対策方法

新卒でも転職でも就職活動でほとんどの方が直面する。入社試験。入社試験には様々な種類のものがあり、どのようなものかも想像がつかない方も多いでしょう。今回は、入社試験とはどのようなものなのか。そして、どのような対策をすればよいのかについて紹介します。

入社試験はその会社に本人が適性があるかを見るもの

入社試験の根本は、あなたが希望の会社で今後働いていけるのかを知的レベルや人柄などをみて、図るものです。そのため、大学入試などとは違う側面を持ちます。
企業もあなたを取ると今後多額の投資が必要となるため、長く働き、長く会社の利益を出してくれる人材が必要です。そのため、あなたや他の応募者の今後の可能性や転職の場合は前職の実績などを判断するのです。

入社試験には主に3つの種類があります

入社試験の種類は大きく分けて3つの種類のものがあります。
・書類選考
・面接
・一般教養や適性試験
この3つで大体この順番で行われるのが入社試験です。
まずは、これらの概要について押さえていきましょう。

入社試験の種類1:書類選考

入社試験の初めに行われる書類選考は、面接に進むための登竜門です。
主な質問内容は、会社によっても新卒や転職によっても大きく変わります。
新卒の場合の主な質問内容は、志望動機や書類選考前に行われる説明会の感想についてや、自己PRや学生時代に取り組んだサークル活動やゼミの活動やアルバイトなど多岐にわたります。
中には、入社後のビジョンについてなどを聞かれることもあるため、ある書類選考段階でも入社後のビジョンや展望を考えなければなりません。
転職の場合は、前職の退職理由や前職の仕事内容など具体的なことを問われることが多く、より具体性と経験や実績を問われる場合も多いです。

入社試験の種類2:面接

面接は、あなたの人柄や今後その企業でどのように貢献ができるかについて企業側にプレゼンをする試験です。
新卒では、主に今後の可能性を重視される傾向があり人柄中心の質問が多いです。
例えば、自己PRや志望動機や学生時代取り組んだことなどを質問されて、そこからさらになぜあなたがそう思うのかやなぜあなたがその活動に取り組んだかなど、結果よりも過程を非常に重視されポテンシャルや人柄を見られます。

転職では、前職を退職したい理由やその企業に来たい理由や前職の実績など、結果と過程両方をみられる傾向があり、具体的かつ説得力のある回答が求められることが多いです。
また、今後どのように前職の経験をその企業で生かすことができるかなど今後の企業への貢献やビジョンをみられることも多くあります。

入社試験の種類3:適性試験

適性検査は、主にSPIやクレペリン検査や玉手箱などの簡単な処理の検査から一般教養の試験や作文まで多岐にわたります。
転職でも新卒でも試験の内容については大きく変わりませんが、転職の方が、足切の要素が強く、高いスコアが求められることが多いです。
そのため、試験対策を行わなければ、面接に進めないことや面接時に次にの選考に進めないこともあるため、油断ができない試験です。

書類選考の対策は自分を知ることから

書類選考をクリアしなければ面接へ進むことは厳しいです。
そのため、転職でも新卒の就職活動でも共通していえることは、あなたが、その企業へ入りたい理由を明確にして、あなたがどのような人であるかを把握して、企業の人事があってみたいと思わせることが必要です。

また、転職では、それに加えて実績が必要です。前職での実績が次の企業でどのように生かせるかについて職務経歴書などに具体的に書くことで、企業の人事に魅力に感じてもらえるようにしなければなりません。
そのため、書類選考の対策は、まずは自分がどのような人間であるかを把握し、その人柄や興味のある分野からなぜ、その企業を選んだのか、そして、新卒であれば過去の活動や性格から企業でどのような貢献ができるのか、転職であれば前職の経験がどのように生かせるのかを簡潔に納得のいくように説明できるようにすることです。
これらを行うために、友人や先輩に相談することや、ノートなどにこれまでの経歴について書き出していくことや、企業研究をすることが必要です。

適性検査の対策は一朝一夕では難しいです

適性検査の対策は、本人の基礎能力を図る性質が強いため、前日の一夜漬けなどは効果的ではありません。
そのため、入社試験対策としては、まず始めに取り掛かるのが適性検査の対策ともいえます。適性検査の対策は、市販の就職試験の対策本などを活用して、隙間時間を活用して行うこともできるため、空いた時間にこつこつ行うことがお勧めです。

また、作文や性格の検査などは、本人の人格や考え方をみられるため、どうしても入りたい場合は、非常の手段として、その企業に合う人物像を考えてそれらに沿った回答をしていくことが必要です。
しかし、長く務める企業に行くために自分の性格を偽って入社することは、非常にリスクの高いことであるためあまりお勧めはできません。

面接の対策は履歴書や職務経歴書やエントリーシートを更に掘り下げていくこと

面接対策は、姿勢やマナーや笑顔や声の大きさなどは、当然好印象を与えるようにしなければなりません。
しかし、面接で一番重要なのは、書類や過去の面接と矛盾なく答えていくことが大切です。
特に、新卒の就職活動の場合は、多くの企業を受験するため、どこでどのようなことを話したかそして、どこの企業のエントリーシートに何を書いたか忘れがちです。
まずは、面接や書類を送る際に、何を書いたか何を話したかを覚えておく必要があります。
それを軸に、さらに入社した時の自分をイメージし、面接官にあなたがその企業にうまくやっていけることをイメージさせることが必要です。

また、些細な事でも面接官が興味を示して、質問してくることもあるため、急な質問にも臆することなく回答できるように、あなたの行動やあなた自身を深く分析し、また、企業についても深く分析しこの企業でなければできないことという、相手が納得のいく理由を考える必要があります。
そのため、企業の資料を熟読をし、あなた自身と企業を結び付ける共通点を多く見つけておくことが必要でしょう。
そして、それが客観的にみても納得がいくかについて、友人や先輩に見てもらうことがお勧めです。

入社試験の一番の対策はあなたがその企業に適した人材であることを企業の方に納得してもらうこと

入社試験は企業とあなたのマッチングが目的に行われるものです。
そのため、あなたがその企業に役に立つ人材であり、あなた自身がその企業に大きく貢献することができるということを納得してもらうことが大切です。
そのために、面接や書類選考そして、適性検査があります。

早め早めの対策を

前述の通り、入社試験の根本は、企業とあなたのマッチングです。
そのため、ありのままのあなたを企業に伝えて、企業側にあなたが企業に入れば活躍する人材であることを示していくことが必要です。自分自身を知り、企業の求める能力に一致させていくなど、様々なことが必要です。
そのため、早め早めの対策が重要ともいえます。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事