20代・30代・40代の転職への不安の原因と解消方法

転職の際に抱きやすい不安や悩みを、20代・30代・40代の年代別にご紹介しています。また、各年代の転職に関する不安を解消する方法も、年代別にまとめています。その他、どうしても眠れない程不安な時の対処法などもご紹介しているので、参考にしてみて下さい。

どうしてこんなに不安になるの?年代別に見る、転職への不安と解消方法

転職をしようと決意したものの、転職活動をしていて不安になってしまうことは、誰にでもあると思います。
「本当にこの道で正しいのか?」「転職先を無事見つけることができるのか?」「転職したら、今よりも良い生活ができるのか?」など、ちょっと考え出すと次々に不安な点が思い浮かんでしまうという方も、いらっしゃるかもしれませんね。

今回は、「転職における不安」に注目して、年代別に感じる不安やその解消方法、また不安に思ってしまう原因などをご紹介していきます。

転職への不安は年齢別に異なるもの

一言で「転職への不安」と表現しても、その内容はさまざまです。

そもそも、転職をする意味や目的自体が、年代によって大きく異なる為、転職への不安も年齢や年代によって、さまざまなのです。

今回は、社会人になりたての20代、社会人として中堅的存在である30代、そして社会人としてベテランの40代の3つの年代別に、転職に関する悩みをそれぞれご紹介していきたいと思います。

転職における不安や悩み【20代編】

早速、転職における不安や悩みについて、どのようなものがあるのか見ていきたいと思います。

まずは、20代の転職でよくある不安や悩みをご紹介していきます。

アピールできる程の技術や経歴がない

20代は、社会人としての第一歩を踏み出したばかり。まだまだ新人や若手として見られることも多く、実際に一人前と言える分野が少なかったり、技術や経験が乏しかったりします。

その為、20代の転職では「何をアピールするのか」「アピールできることはあるのか」といった悩みを抱きがち。
「転職を決意したものの、面接や履歴書でアピールすることがない」「今までの経験が、アピールとして通用しなかったらどうしよう」と不安に思ってしまう人も、多いようです。

転職の経歴が増えてしまう

転職活動をする際、履歴書などに職歴を書いたり、職務経歴書を作成したりして、志望企業に提出するケースがほとんどです。

転職をすると、職歴や職務経歴書に記入する内容が増えます。
一般的には、転職を繰り返すと、職歴や職務経歴書にその経緯や経歴を記入しなければなりません。

あまりにも転職を繰り返していると、選考の際に不利となる可能性も。
とはいえ、20代の場合、多くの人が初めての転職だったり、まだ転職回数が少なかったりします。

しかし、30代・40代になった時のことを考えると、「今のうちから転職をしていて、経歴としては大丈夫なんだろうか」「今転職をしてしまうと、いざという時に経歴的に転職が難しくなるのではないか」と不安に思ってしまう人もいるようです。

転職の手順やコツがわからない

上記でもご紹介したように、20代の場合は初めての転職という方も多いと思います。
また、転職の経験がある方でも、回数を重ねていないケースが多く、全体的に転職の経験が浅い人が多いと言えるでしょう。

その為、転職活動のやり方や方法、マナーやポイントなどが分からず、不安に思ってしまう場合もあります。
「転職活動は、具体的に何から始めれば良いんだろう」「転職活動にもポイントやコツがあるのではないか」と考え、自分の行動や選択が正しいか分からなくなり、不安になってしまうのです。

転職における不安や悩み【30代編】

20代の転職と30代の転職では、不安や悩みも大きく異なります。

そこで、社会人の中でも若手~中堅のポジションと言える30代に注目して、転職における不安や悩みをご紹介していきます。

収入が減ったり生活の質が下がったりしないか

初任給というと、どうしても安くなりがち。
しかし、そこから業績を伸ばしたりキャリアを積んだりすることで、給与はぐんぐん伸びていきます。

30代というと、新人である20代と比較して、高額な給与を受け取っている方も多いでしょう。
そのため、20代の転職ではあまりなかった、収入に関する悩みが出てくる場合もあります。

転職を決意した時、30代の方だと、それまでの収入や労働条件と比較して、転職後の収入が減ったり、労働条件が悪化したりしないかと不安に思うことが多いようです。
新しい会社で、これまでのキャリアや経験がどの程度評価されるかが、給与の金額を決める鍵となるかもしれませんね。

キャリアアップやステップアップができるかどうか

30代の転職の動機の中には、人間関係や労働環境が原因のものだけでなく、新しいステージへの挑戦やキャリアアップを意識したものもあります。

転職先の企業の業務内容や職種には、こだわりを持っている方も多いのだそう。
その為、「望むような条件や職種で働くことができるのか」「転職をして、本当にキャリアアップすることができるのか」といった不安を抱く方もたくさんいるそうです。

転職における不安や悩み【40代編】

続いて、40代の転職に関する不安や悩みをご紹介していきます。

社会人として、中堅~ベテランとして見られることが多い40代ですが、転職に関してはどのような不安や悩みを抱えているのでしょうか?

年齢制限

40代で転職をする方の多くが、年齢を気にしているそうです。

実際に、中途採用でも応募者の年齢に制限を設定している企業もあり、一般的には「転職は最低でも35歳まで(※1)」という考え方もあるようです。

その為、「応募できる求人情報が限られているのではないか」「応募できたとしても、採用されにくいのではないか」と不安に思う方も多いそうです。

転職回数が多い

20代・30代と何度も転職を経験してきた場合、職歴や職務経歴書に記入する転職の履歴も増えてしまいます。

日本では、転職回数があまりにも多いのは、マイナス評価に繋がる場合も。
その為、これまでに転職を繰り返してきた人は、「転職回数が多くても転職先が見つかるのか」「転職回数が多すぎて、マイナス評価を付けられるのでは?」といった悩みを抱えることがあります。

転職への不安の解消法【20代編】

ここまで、転職への不安や悩みを年代別にご紹介しました。

では、転職に大して不安や悩みを抱えてしまった時は、どのようにして解消すれば良いのでしょうか?こちらも年代別にご紹介していきたいと思います。

まず、20代の転職の場合ですが、結論としては、「挑戦や経験をしてみるのが1番の解決方法」と言えるでしょう。

20代の場合は、多くの企業が若手や新人と見做しています。
「即戦力になるかどうか」よりも、「今後の伸びしろがあったりや成長が期待できたりするか」といった点を重視する企業も多いようです。

その為、上記でご紹介した20代の悩みである「アピールできる経歴や技術がない」という部分は、企業側はあまり気にしていない可能性があります。

また、転職活動のやり方やコツがわからず不安になる人も多いようですが、最近では転職エージェントなどもたくさん存在しています。転職エージェントは転職のプロなので、転職の手順やコツも教えてくれるでしょう。
信頼できそうな転職エージェントを見つけて、相談をすれば済むことなので、そんなに不安になる必要はありませんよ。

転職への不安の解消法【30代編】

続いて、30代が抱く転職への不安や悩みの解消法について、考えていきたいと思います。

30代の転職は、応募者側も企業側も要望や条件が増え、20代の転職よりは難しくなる可能性も、確かにあります。

しかし、収入に関する不安は、交渉次第で解決できる可能性があります。
自分から希望の給与や収入を告げるのではなく、企業側に給与の金額を提案させるのがポイントです。

また、キャリアアップに関する不安の解消法としては、計画的な行動が大切です。自分でしっかり計画を立てて転職活動を行うことで、失敗するリスクを減らせる可能性があります。
もし、業務内容や職種、企業の方針などについて疑問があれば、面接などの機会に積極的に質問し、企業側の認識と自分の認識にズレがないか、確認を取ることも大切ですよ。

転職への不安の解消法【40代編】

続いて、20代・30代よりも更に難しいと言われる40代の転職ですが、どのようにして不安を解消すれば良いのでしょうか?

年齢制限に関する不安ですが、確かに多くの企業が、若い人材を求める傾向にあります。
しかし、人手不足から即戦力やベテランを求めている企業も多数あり、そういった企業であれば、社会人としての経験を積んでいる40代の応募者は、歓迎される可能性もあります。

また、志望企業のハードルを下げることもおすすめです。年齢制限を設けている会社があるのは事実なので、自分が持っている転職や転職先の企業に対する希望や要望を、少し緩和してみましょう。
転職先の企業に対する希望のハードルを下げることで、応募できる企業が増えるかもしれませんよ。

これまでの転職回数が多くて悩んでいる方は、経験の豊富さをアピールしてみてはいかがでしょうか?また、転職を繰り返した理由を面接などで尋ねられる可能性があるので、回答をあらかじめ考えておくと、マイナス評価になりにくいかもしれません。

眠れなくなるほど不安になる原因

不安や悩み、ストレスといった精神的な負担があまりにも多いと、忙しかったり疲れていたりするのに眠れなくなってしまうことがあります。

転職に関する不安の場合、転職先の企業がなかなか見つからないと、先の生活が見えず、強い不安から眠れなくなってしまうこともあるかもしれませんね。

また、転職をしたものの、人間関係や仕事が上手くいかないと、「転職に失敗したかな」などと考えてしまい、後悔して眠れなくなってしまう可能性もあるようです。

人は睡眠をとることで、日々の疲れを癒す生き物なので、眠れなくなると、気持ちだけでなく身体にも悪い影響を与えます。心身ともに疲れてしまったり、体調を崩してしまったりする可能性も考えられるのです。

先の見えない転職生活に不安を感じたり、転職後の慣れない生活にストレスを感じたら、なるべく別のことを考えることをおすすめします。
家族や好きな人、また趣味や好きなもののことを考えて、気持ちを紛らわしましょう。

また、どうしても眠れなかったり、体調を崩したりするようなら、病院で相談することをおすすめします。

不安を乗り超え、納得できる転職を

いかがでしたでしょうか?今回は、「転職への不安」をテーマに、転職への不安や悩み、その解消方法などを年代別にご紹介しました。

転職だけでなく、人生そのものが先の見えないもの。いつ、どんな人に出会い、何が起こるのか、考えて不安になっても、今の時点では分からないことですよね。

転職に関する不安や悩みも同じです。転職先が見つかるのか、また転職してより良い生活を送れるのかは、その時になってみないとわかりません。

しかし、より良い未来を実現する為に、努力することは可能です。
転職について不安や悩みを抱いてしまったら、それを解消する現実的な方法を考え、実行してみましょう。

※1:転職は最低でも35歳まで

出典:http://goodblog.jp

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ