効率アップ!仕事で求められる「チームワーク」を高める方法

仕事出求められるチームワークとは、どのようなものなのでしょうか?また、チームワークを高めると、仕事でどのようなメリットがあるのでしょうか?このページでは、仕事とチームワークの関係性に注目して、チームワークを高めるメリットや強化する方法などをご紹介しています。

仲間との協力は大切!仕事におけるチームワークについて

仕事をする上で、人との関わりは必要不可欠。職種や業界によって、人と関わる頻度や度合いは異なりますが、どんな仕事も必ず何らかの形で誰かと関わることで成り立ちます。人と関わらずに完全に個人だけで成り立つビジネスは、存在しないと言っても過言ではないでしょう。

特に、企業に勤める形で働いている人は、出勤すれば必ず誰かと顔を合わせることとなるでしょう。仕事中も、上司に指示をあおいだり、同僚と協力したりと、さまざまな人と関わって業務に励むことが殆どだと思います。仕事をする上で、人との関わりや協力というものは、欠かせないものなのです。

そこで今回は、仕事における「チームワーク」をテーマに、さまざまな情報をご紹介していきたいと思います。

仕事におけるチームワークとは、協力し合ったり連携したりすること

チームワークというと、集団での行動や協力を連想する方が多いと思います。では、仕事におけるチームワークとは、どのようなものを意味するのでしょうか?

仕事やビジネスで言うチームワークは、情報の共有やお互いに協力し合うことを意味します。
プロジェクトのメンバーやチームの仲間と情報交換をしたり、同じ部署の社員の仕事を助けたりと、連携を取ることも、チームワークと言えるでしょう。

仕事のチームワークを高めるメリット

仕事や職場におけるチームワークが高いと、さまざまなメリットがあると言われています。

仕事におけるチームワークを高めるメリットは、大きく分けて4つ(※1)あると言われています。

・効果
・効率
・満足
・学習

特に実感しやすいのは、効果や効率だと思います。仕事や職場のチームワークを高めることで、連携が取りやすくなり、業務がより早く効率的にこなせるようになったり、仕事の質が向上したりといった効果が期待できます。

また、チームで成果や効果を実感することで、満足したり学習したりすることも、チームワークを高めるメリットであると言えるでしょう。

チームワークが良いと言える状態

続いて、一般的にどのような状態や雰囲気だと、仕事や職場のチームワークが良いと言えるのか、考察していきます。

以下でご紹介するような状態や雰囲気であれば、絶対にチームワークが良いと断言できるわけではありませんが、チームワークが良い職場の特徴としては、以下のような点が挙げられます。

今の仕事や職場におけるチームワークが良いかどうか判断する基準として、ぜひ参考にしてみて下さいね。

気軽に意見を言い合える

チームワークが良い職場の特徴の1つとして、互いに意見を言い合えるという点が挙げられます。
仕事のメンバーのチームワークが良いと、相手の機嫌を窺ったり、顔色を機にしたりして、言いたいことや意見を言えないという状況になりにくいのです。

勿論、気軽に意見を言えるからと言って、何でもかんでも言って良いわけではありません。上下関係や礼儀は大切にすべきです。

しかし、本来なら指摘するべき点や言った方が良い提案を、上下関係を気にしたり上司の顔色を気にしたりして発言しない場合、チームや会社にとってマイナスとなります。

チームワークが良い職場では、節度や礼儀を守りつつ、上下関係を気にせずに誰でも言いたいことや意見を言い合える環境が整っていることが多く、お互いに指摘やアドバイスをし合うことができます。
その為、チームワークが良い職場は、企業にとっても良い存在やプラスの影響を与える存在となっていることが多いようです。

それぞれが自分の役割を持っている

チームワークが良い職場は、仕事をする上で連携を上手に取ることができることが多いそうです。
その秘密は、役割分担にあるとも言われています。チームワークが良い職場では、社員の1人1人が自分の役割を持っており、それをしっかり遂行しようとしている場合が多いのです。

チームや職場に役割がはっきりしていない人がいると、無駄が出たり特定の役割が不足または余ったりして、上手く連携が取れないことがあります。
一方で、チームワークが良い職場の場合は、それぞれが自分の役割をしっかり理解して担当している為、連携を取りやすい環境となっています。

上手く連携が取れると、仕事の質や効率がますます良くなり、メンバーや社員の信頼関係も更に確かなものへと成長していきます。その結果、チームワークもより良くなり、職場全体で成長していけるという環境が構築できるようになります。

リーダーや上司が部下の特徴や個性をしっかり把握している

また、チームワークが良い職場の特徴として、リーダーが部下や社員をよく見ているという点も挙げられます。

チームを率いるのは、上司やリーダーです。つまり、この上司やリーダーがチームを適切に動かせないと、そのチームや職場は、チームワークを発揮できないということになります。

チームワークが良い職場では、リーダーが部下のことをよく理解していることが多く、部下の長所や短所、個性や特徴などをしっかり把握しています。
その為、適材適所で役割分担をしたり、長所を活かした指示を出したりすることができ、スムーズに連携を取ることが可能。

チームのチームワークを引き出せるかどうかは、リーダーや上司の考え方・指示などが大きく影響すると言えるでしょう。

メンバーや社員同士が、互いに信頼している

上記で、上司やリーダーの存在の重要性をご紹介しましたが、上司やリーダーさえ良ければ、チームワークが良くなるわけではありません。

仕事においてチームワークを発揮するには、メンバーや社員同士の信頼関係が欠かせません。お互いに信頼しているからこそ、協力したり仕事を任せたりすることができるのです。
信頼関係が構築されていないと、スムーズに連携を取ることは不可能ですし、仕事を任せたり頼んだりすることもできないでしょう。

反対に言うと、メンバーや社員が、互いに相手を認め、信頼し合っているからこそ、協力や連携を上手く取ることができ、チームワークを発揮できるのです。

チームワークを高める方法【1】:とにかく共有する

上記でもご紹介したように、仕事におけるチームワークを高めると、良いことがたくさんあります。できるだけ、職場でのチームワークを高め、より質と効率が高い仕事をしたいものですよね。

そこで、今度は仕事でのチームワークを高める方法について考えていきたいと思います。

仕事や職場におけるチームワークを高める方法の1つとして、共有することがあります。チームの目標や進捗は勿論、各メンバーの結果や良かった点、失敗したことなど、さまざまな情報を積極的に共有するようにしましょう。

情報を共有することで、チームや職場のメンバーに親近感を覚えるようになりますし、接点も増えるので、仕事でのチームワークが高まる可能性があります。

チームワークを高める方法【2】:仕事以外のことを一緒にエンジョイする

メンバーの時間や仕事のスケジュールに余裕があるようなら、業務以外のことをメンバーで一緒に楽しんでみるのも、チームワークを高めるのには有効だそうですよ。

手軽なものなら、休憩や食事、飲み会などがあります。仕事の話やプライベートの話をすることで、メンバーの性格や人柄などもわかるようになりますし、絆が深まるでしょう。

また、スポーツなどを楽しむのもおすすめです。特に、バスケットボールやバレーボール、サッカーといった、チームプレイが鍵となるスポーツは、職場のチームワークを高めるのに、より効果的だと考えられています。
仕事の仲間とスポーツを楽しむ場合は、メンバーの組み合わせをこまめに変えて、敵味方で仲が悪くならないように工夫するなどしましょう。

チームワークを高める方法【3】:バーベキューやアウトドアをエンジョイする

上記で、職場や仕事の仲間とスポーツをやることをおすすめしましたが、バーベキューやアウトドアもまた、チームワークを高めるのにおすすめです。

普段の食事と異なり、バーベキューやアウトドアでは、自分たちで作業をする必要があります。その為、自然と役割分担をしたり、各分野が得意な人に役割を任せたりといった、チームワークを発揮するのに効果的なシチュエーションになりやすいのです。

また、バーベキューやアウトドアを楽しむことで、意外な人の意外な特技や一面を発見できるかもしれません。
そういった体験を共有することも、仕事におけるチームワークの強化に効果的だと考えられます。

チームワークを高める方法【4】:チームで目標を定める

仕事をしていく上で、最終的な目標は設定されますが、その目標に至るまでの過程は、個人でバラバラになっている場合があります。
そこでおすすめしたいのが、より細かい目標をチームで定める方法です。

最終的な目標に至るまでに、段階やステップを踏んで、より細かい目標を定め、チームで共有するのです。
そうすることで、チームで目標を達成する満足感や喜びを共有する機会が増えます。そういったプラスの感情を分かち合うことで、チームワークもより高まっていくと考えられます。

仕事におけるチームワークの大切さ

今回は、仕事におけるチームワークについて、メリットや高める方法をご紹介してきました。

では、もし仕事や職場におけるチームワークがないと、どのようになってしまうのでしょうか?

社会人も人間なので、時には体調を崩したり、失敗をしたりしますよね。そんな時、チームワークが悪い職場だと、欠席した人の分の仕事をカバーしたり、失敗した人のミスをフォローしたりすることができません。

また、チームワークが悪いと、役割分担が上手くできない為、誰がどの仕事をやるのかスムーズに決められなかったり、1つの役割にメンバーや社員が偏ったりしてしまう可能性も。
結果として、役割によって仕事が楽な人ととても忙しい人とで差が出るなどして、余計にチームワークが悪くなる可能性もあります。

一方で、チームワークが良ければ、欠席した人の仕事や失敗した人のミスをカバーするのも、比較的簡単にできると言われています。
また、役割分担ができると、それぞれが自分の役割を担当して仕事をするので、仕事の忙しさや難しさにも差が出にくくなります。社員同士も対等な立場になり、信頼しやすくもなるでしょう。

このように、仕事におけるチームワークはとても大切な要素なのです。チームワークが悪いと、同じ業務でも効率や質が下がる可能性もあります。
ですから、なるべく職場や仕事でのチームワークを良くして、効率的に良い仕事ができる環境を作るようにしましょう。

仕事でのチームワークを良くして、質と効率をアップ!

いかがでしたでしょうか?今回は、「仕事におけるチームワーク」に注目して、チームワークの重要性やチームワークを高めるメリット、また仕事や職場でのチームワークの高め方などをご紹介しました。

仕事におけるチームワークを良くすると、より効率的且つハイクオリティな仕事ができるようになり、社員やメンバーとしても働きやすくなります。働きやすい職場でなら、社員たちも働くことを楽しく感じたり、業務にやる気を出したりしやすいですよね。

チームワークを高めることは、社会人としての人生を豊かにすることでもあるのです。ぜひ、仕事におけるチームワークを高めて、より楽しく充実した社会人生活を送って下さいね!

チームワークを高めるおすすめの本

サイボウズ成功の秘訣はチームワーク。どのようにして個性を保ちながらチームワークをよくしていったのかが書かれています!

※1:4つ

出典:https://careerpark.jp