26歳の実態|平均年収・手取り・平均の貯金額・転職状況

近頃、様々な理由で、働いている人の収入事情が大きく変化しています。特に23歳~26歳などの社会人になりたての若い人達の平均年収には色々な変化が起きています。今回は26歳の平均年収、平均手取り、平均貯蓄、そして転職状況について考察していきたいと思います。

26歳男性の平均年収は約360万円

26歳という社会人として早い段階での平均年収は一体どのくらいなのでしょうか?今回は、26歳の平均年収について様々な観点から考えていきたいと思います。

では、まずは26歳の平均年収を男女別に見て行きましょう。

早速ですが、26歳男性の場合の平均年収は約360万円です。しかし、これはあくまで26歳男性の「平均年収」の金額であるだけであって、26歳男性であればほとんどの人が平均年収である360万円を超えているというわけではありません。

実際には、26歳男性の約50パーセントはこの360万円を下回っているというのが現状です。

26歳女性の平均年収は約330万円

一方で、26歳女性の平均年収はどのくらいになるのでしょうか?

26歳女性の平均年収は約330万円程度です。しかし、これもあくまで26歳女性の「平均年収」の金額であるだけであって、26歳女性であればほとんどの人が年収330万円以上稼いでいるというわけではありません。

実際には、50~60パーセントの26歳女性の平均年収は330万円を下回っているという現状があります。

社会人26歳という年代は、半分かそれ以上の人の収入が平均年収を超えていないということになります。

外国と比べると日本は男性社会

ここまで、日本における26歳社会人の平均年収を男女別に紹介してきましたが、ここから日本は外国と比べると男性社会の傾向が強いということがわかります。

26歳の時点では、男女の平均年収の差は30万円ですが、日本では26歳からさらに年配も世代になってくると、男女の平均年収の差はより大きくなっていく傾向がありますし、労働者階級全体でみてみると、日本では男女の平均年収には倍以上の差があります。

こういったことから、日本は外国と比べると、まだまだ男性優位の社会という風潮が根強く残っているということが言えます。

それに比べて、特に欧米なんかでは、やはり多少は男性優位な社会ではあるものの、労働者階級であれば、どの年齢であっても男女の平均年収には常に2割程度の差しかありません。

日本のように、26歳の時点で男女の平均年収に30万円の差があるなんてことはありませんし、ましてや労働者階級の全年齢で考えたときに、男女の平均年収に倍以上の差が開くなんてことはありえません。

業種別に考えた26歳の平均年収

今度は、26歳の平均年収うぃ業種別に見ていきたいと思います。

まず26歳のの時点で、最も平均年収が高い職業はというと、「保険業・金融業」です。

では、なぜ「保険業・金融業」では26歳という社会人としても早い段階にも関わらず、平均年収が高いのでしょうか?

理由の一つは、保険業・金融業の業務内容が比較的高度なものになっているので、そういった業務もこなせるだけの優秀な人材が必要になってくるわけです。

そうなってくると、会社側としてはできるだけ賃金を高く設定して、エリートな人材を集めようとすため、26歳という早い段階でも平均年収が高いという結果になります。

もう一つは、お金に関する不正行為を防止するためです。

「保険業・金融業」では、お金を直接扱う仕事が多いため、お金の横領などの不正行為が発生しやすいです。

そういった会社にとって思わしくない事件が起こることを防ぐという面もかねて、あらかじめ賃金を高く設定し、社員に不満を持たせないという取り組みを行う会社が多いからです。

他には、「医療・福祉関係」や「建設業」などの専門的な知識や資格が必須となり、かつ業務内容が精神的にも肉体的にも少しハードである職業や、また年齢が上がってもあまり年収に変化がない代わりに、早い段階から比較的高い賃金が設定されている「教育・学習支援関係」などもあります。

逆に、26歳の時点での平均年収が低くなっているのは、「宿泊・飲食業」などが挙げられます。

地方ごとの26歳の平均年収の差

26歳の平均年収と言っても、「男性なのか女性なのか」。「大卒なのか高卒なのか」。また「職業はなんなのか」といった様々な条件によって大きく異なります。

ここでは、26歳の平均年収を「地方」ごとに考えて行きたいと思います。

全国で最も平均年収が高いのは「東京都」

まず、26歳の時点での平均年収が最も高い都道府県はどこかというと、それは「東京都」です。次いで「神奈川県」と関東圏の県が毎年一位と二位を独占しています。

このように、関東圏だったり都市部の26歳の平均年収が他県よりも高いのかというと、交通網の発達により人が集まり人口が多いため、大手企業が集中していて、そこに勤める従業員の賃金が比較的高く設定されているからなんです。

「長野県」や「富山県」は地方ながら上位にランクイン

しかし、中には地方の県が上位にランクインしてくるケースもあります。

一位「東京都」、二位「神奈川県」と関東圏だったり主要都市の多い県が上位に挙げられるなかで、三位にランクインした県がどこかというと、実は「長野県」なんです。

なぜ「長野県」が上位に食い込むことができたのかというと、長野県には広大な面積や東京や愛知などの主要都市の多い県に近いという好立地という理由から、有名企業や一流企業の製造工場が数多く存在するからなんです。

工場だと雇用者を増やすことができて、自然と平均年収も上がります。さらに、本来賃金が低く設定されている製造業ですが、有名企業や一流企業となると、待遇も良く賃金が高く設定されている製造工場が多いです。

こういったことから、長野県民は安定して多くの人に仕事が供給されていて、なおかつ一つ一つの仕事の賃金が比較的高いので、長野県の平均年収は年々高くなっています。

「富山県」では、昔から医療品メーカーの会社が多い県として有名です。医療品メーカーでは、首都圏や都市部に多い保険業や金融業と同じように、業務内容が比較的高度なため、優秀な人材を集める傾向にあります。

そのため、26歳という早い段階から高い賃金が設定されていて、県全体としての平均年収が高くなっています。

最下位は「沖縄県」

一は「東京都」でしたが、その逆の最下位は「沖縄県」です。

沖縄県は、あらゆる主要都市から離れていて、一流企業や有名企業が会社や工場を作るのにはあまり適していません。

そのため沖縄県の主な産業は、他の職業と比べて平均年収の低い宿泊業などの「観光業」がほとんどです。

これが原因で、他の都道府県と比較すると県の平均年収が低くなっています。

このように、都心部と地方とで平均年収に大きな差が生まれてしまっているということが、近年目立ち始めた問題の一つにもなっています。

26歳男性の月々の平均手取り額は約20万円 女性は約18万円 

では次は、26歳の平均手取り額を見て行きましょう。

年収から所得税や健康保険、厚生年金などに支払う分のお金を差し引くと、まず男性の場合は、約20万円程度が月々の平均手取り額になり、女性の場合は約18万円程度になります。

この26歳の平均手取り額なら、1人暮らしをする分であれば生活費を賄うことができます。

しかしこれはあくまで大卒者の場合なので、高卒者・中卒者の平均手取り額はこれよりさらに低くなってきます。

高卒者や中卒者だとボーナスの額にも大きな差が出てくるので、自分の収入だけで生活費を賄うのは難しくなってきます。

26歳の平均貯蓄額は150万円前後

ところで26歳時点での平均貯蓄額はどのくらいなのでしょうか?

26歳の場合、平均貯蓄額はだいたい150万円前後になります。

月々の手取り額が18~20万円であれば、家賃や光熱費、食費を差し引いて、月に約3万円程度は貯金にまわすことができます。

月々3万円。一年で36万円。大卒者の場合一般的には23歳から就職なので、それから26歳までの4年の間に、貯蓄額はだいたい150万円ぐらいになります。

しかし、これもあくまで大卒者の場合なので、高卒者や中卒者になると26歳までに平均貯蓄額の150万円に達している人の割合は低くなります。

26歳での転職は一般的

26歳での転職は一般的だといえます。

転職を考えている場合、26歳までに転職すれば、成果が評価されやすく出世しやすいと言われていて、社会人にとって一番重要な時期とされる28~32歳の期間までに、転職先の大まかな業務内容を把握したり職場に慣れるための期間を設けることができるので、26歳での転職はタイミングとしては良いでしょう。

26歳の収入事情は様々

いかがでしたでしょうか? 今回は、26歳の平均年収・平均手取り・平均貯蓄額などについて考察してきました。

26歳の収入状況には、性別・業種・地方によって大きな違いがあります。今後も様々な影響を受けて状況は常に変わっていくでしょう。

年収を上げたいなら転職しよう

年収UPの転職なら満足度No.1のDODAに任せましょう。
経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。

求人数もトップクラス。

まずは無料登録から始めましょう。