営業電話のコツ・ベストな時間帯・アポを獲得するコツ

営業電話で成果を出したい!営業として成長したい!と思っている方、営業電話のコツや電話をとってもらいやすい時間帯を知っていますか?今回は、営業電話をかける際のコツと電話をかけるべき時間帯、営業電話でアポイントを取るための方法を紹介します。

営業電話をかける際のコツ

いざ営業電話をかけるとなると、切られてしまうのではないか、そもそも担当者に繋いでもらえないのではないかと不安になると思います。営業電話をかける際は、十分に準備することも大切です。

営業電話のコツ①目標を立てる

営業職で最も重要になってくるのは、営業電話をかける事です。ただ闇雲に営業電話をかけ続けていても、それは失敗に終わってしまう可能性があります。そもそも、営業電話をかける時に注意しなければならないのが、どうして電話をかけるのか何をどのように営業したいのか、明確な目標を立てる事が必要です。

目標を立てないと、ただの作業となってしまいますし、ルーティーンワークとなってしまうので、思うようにアポイントが取れなくなってしまいます。まずはアポイントを取るということを目標にするなら、それをどうやって実現して行くかそのためにはどうすれば良いのか、自分なりに工夫する事が重要になってきます。

営業電話のコツ②自分に自信を持つ

営業電話をかける時に、最も注意しなければならないのは、自信を持つという事です。おどおどした態度で電話をかけてしまうと、話を取り合ってもらえない可能性があります。
話を聞いてもらえなければ、自社の製品やサービスを売り込むことはできません。

どうしても自信が無いという人は、相手を打ち負かす勢いで営業電話をかけてみると良いでしょう。常に自分が上に立つという自信を持って電話をすれば、営業先も勢いに負けて取り合ってくれる事でしょう。

ただ気をつけておきたいのが、高慢な態度を取りすぎて、逆効果にならないようしなければなりません。自分に自信を持って電話をするという事は確かに必要ですが、目的は営業をかけるという事ですから、常に丁寧な対応を心がけなければなりません。

営業電話のコツ③営業先をリストアップする

営業電話をかける際は必ず営業先をリストアップします。しかし、ただリストアップするだけでは、高い成果は見込めません。営業したい商品やサービスを必要としているであろう企業やお客様を厳選してリストアップするべきです。

そもそもなぜリストアップする必要があるかというと、電話をかけたことがある会社なのか、そうでないのかはっきりさせておく必要がありますし、何社もしくは何人に電話して、どのくらいの割合で反応があったのかというデータを残すことで、今後の営業効率を上げることができるからです。

また、もうワンステップ進歩したいと思っている人は、電話をかけた営業先の反応がどうだったかという事をまとめておくと良いでしょう。この少しのメモがあるだけで次営業電話をかけたいと思う時にかなり参考になります。
仮に反応が悪い会社があったとすれば、次に電話をかける際の優先度は低くなるでしょうし、反応が良い会社であれば、次の商品やサービスも紹介すべきです。

アポイントの時間帯はいつが良い?

電話をかける時間帯によって、電話をとってもらえる可能性は変化するのでしょうか?営業電話をかける際に、おすすめの時間帯はあるのでしょうか?

ベストな時間帯①始業時間から少しずらして電話をしてみる!

営業電話をかける時に、重要になってくるのがタイミングです。タイミングが悪いと、電話に出てもらえない可能性も大いにあります。

また、特に会社の中で忙しくなってくるのは、始業し始めてからすぐの朝です。9:00~9:30の間に関しては、朝礼を行っている会社もあれば、メールのチェック等に追われている人もいます。そういった中で営業電話をかけても、アポイントは取れませんし、時間に余裕が無いという事から電話を切られてしまう事もあります。

そうならないためにも、少し始業時間からずらして電話をするというのが一つの方法です。具体的に言うなら、10:00〜11:00の間に電話すると、朝の忙しさもだいぶ落ち着いてきているはずなので、電話を取り合ってもらえる可能性が上がります。

ベストな時間帯②日中は忙しく取り合ってもらえない事も

営業電話の時間を間違えてしまうと、取り合ってもらえないという事は、周知の事実ですが、日中も要注意です。電話をかける営業先にもよりますが、相手も営業を行っているようなIT関連の企業であったり、食品工場であったりすると、日中も当然忙しくなってきます。また、担当者が営業に出ているという可能性も出てくるので、日中に営業電話をかけるのは避けた方が良いでしょう。

しかし、日中が一番電話をかけるタイミングですから、自分なりに調整する事が重要になってきます。リストアップの際に、日中電話をかけて営業担当者が在籍しているのかどうかというのもメモを取っておくと良いでしょう。メモを取っておけば、日中でも効率よく電話をかける事が出来ますし、対応されないという不安も少しは払拭出来ます。

ベストな時間帯③夕方にかけるとアポイントがとれやすい?

最も営業電話をかけて対応してもらいやすい時間帯で言うと、夕方が挙げられます。
これは会社によって変わってきますが、終業に近づくにつれて仕事が少なくなって行く事が殆どです。
残業があると行っても、6時程には業務が終了いている可能性が出てくるので、夕方にかけると対応してもらいやすくなります。
また、日中営業に出ていた人も夕方になれば帰ってきている事でしょうから、担当者が不在という事も少なくなってきます。
しかし、注意しておきたいのが、夕方から忙しくなる会社もあるという事を念頭に置いとくという事です。
終業前の最後の追い込みという事で、業務が莫大に膨れ上がっているという可能性もあるので、時間帯で言うなら16:00~17:00がベストと言えます。

営業電話でアポイントがとれる方法

営業電話をかけて、アポイントを取るには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?以下に紹介します。

アポ方法①抽象的な言葉使いをする!

営業電話で重要になってくるのは、営業の担当者につないでもらうという事です。つないでもらうために、自分の身分を明かしてしまえば、その時点で営業電話だと分かってしまい、断られてしまうケースも少なくありません。

そのため、極力担当者に電話をつないでもらう前までは、抽象的な言葉遣いで担当者につないでもらうと良いでしょう。最低限身分を明かす事は重要ですが、電話をかけていきなり自社製品の営業をかけてしまうと、営業先も困惑してしまうので、注意が必要です。

アポ方法②自社の魅力を最大限に伝える

営業担当者につないでもらったら、自社製品の魅力を短い時間の中で最大限に伝えなければなりません。ここでは、抽象的な言葉遣いをせずに、具体的な言葉遣いで商品を説明していきます。その場限りで考えるのではなく、ある程度話す事を定型文にしてメモ帳等にまとめておくと良いでしょう。
しかし、それを全て読んでいるとマニュアルがあると営業先に知られてしまうので、参考程度に読む事が重要です。

アポ方法③自信を持った態度で電話に臨む!

営業電話をかける上で重要なのは、自分に自信を持つという事です。
自信を持っていない口調で営業をかけてしまうと、用件を話した時点で断られてしまいます。少しでも相手に自社の製品の魅力と興味を持ってもらう事が重要なので、自信を持つ事から始めるべきです。言葉遣いにしてもハキハキと話すと良いですし、第三者から見ても元気な言葉遣いをしていると思われるように電話をしてみると良いでしょう。

アポ方法④こまめな電話がアポイントにつながる!

営業電話では、何度も同じ会社に電話をかけてやっとアポイントがとれるという事が多々あります。ここで重要になってくるのは、こまめに根気づよく電話をかけるという事です。一度断られたからといってすぐに電話を辞めるのではなく、毎日、毎週かけて担当者につないでもらうところから始めると良いでしょう。

最初は断られていたとしても、最終的にはアポイントに結びつくという事も大いにあります。商品やサービスにもよりますが、営業が難しいケースも十分にあります。
しかし、その魅力を相手に伝える事が出来れば、アポイントにつながります。かなり単純な話なので、諦めずに何度も電話をかける事が重要になってきます。

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)
キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)