TOEICの受験者の点数分布の特徴・TOEIC点数の上げ方

そろそろTOEICを受験する予定だが、TOEICの点数配分やどのくらいの点数を目標にすれば良いのかわからない、などとりあえずTOEICについて知りたい!という方向けの記事です。なかなかスコアが伸びない方向けに勉強方法も載せたので、ぜひ参考にしてください。

TOEICの点数は10点から990点まで

TOEICの点数配分は単純に正解数を見るだけではなく、統計的処理を加えて計算をします。
そのため全部で200問ある問題を解いた時に全問正解で990点、一問も正解が無くても最低点は5点になります何だか不思議な感じがしますが、正解数に統計的処理を加えるという独特の計算方法だからです。配点に関しては各セクションの正解数を足します。

その正解数に統計的処理を加えることによって、最終的なスコアが計算される仕組みです。計算方法は非公開となっているので、具体的には知ることはできません。TOEICは単純に正解数ではなく統計学を使っているので、同じ数だけ正解しても点数が上下することがあります。場合によっては不正解があっても満点を取ることもあるので、その時の点数のブレによってスコアが若干変動することも知っておきましょう。

TOEIC受験者の点数分布

TOEICは毎回かなり多くの人が受験しますが、受験者の点数はどのように分布しているか知っていますか?留学したい学生や、就活のためにスコアを取りたい学生、もしくは企業の方針や自分の昇給のために受験する人もいるはずです。そのため、受験者層も点数の幅も割と広いです。

TOEICの点数分布の特徴1:学生よりも社会人の方が平均点は高い

TOEICの受験者は学生から社会人まで幅広く受験しています。
社会人になると英語のレベルを知るために、TOEICで判断する会社も多く、それだけ信用されているということです。TOEICのスコアは545点から595点あたりが平均点になります。

学生と社会人を比べた時に、若干社会人の方が平均点は上がります。主な要因は、学生は英語の勉強する時間を確保できますが、社会人の方が圧倒的に英語に携わる時間が長いということが挙げられます。英語は長年の蓄積によるものも大きいので、英語に触れる時間が多いほど点数も高くなるのは自然な流れです。

TOEICの点数分布の特徴2:英語を使わない仕事なら600点以上

TOEICは履歴書にも書くことができる資格なので、英語ができることをしっかりとアピールしましょう。履歴書の資格欄にTOEICの点数を書くなら、英語を使わない仕事の場合には600点を目安に書くと良いでしょう。それ以下の点数ならば書かないことをおすすめします。

一般的にTOEIC600点の点数は、簡単な英語を聞いたり書いたりできるレベルです。日常の中にある簡単な英語を読むことができるレベルなので、知らないより知っていた方がいいというレベルと言えるでしょう。履歴書への書き方としては資格欄に「TOEICスコア600点取得」と書きます。

TOEICの点数分布の特徴3:英語を扱う仕事ならば800点以上

履歴書の資格欄にTOEICの点数を書く時に、英語を多用する仕事ならば最低800点以上のスコアでないと厳しいかもしれません。そもそも英語を使う仕事では、簡単な英会話程度では仕事になりません。英語を理解して仕事レベルで使えなければ、仕事としても役に立たせることはできないでしょう。

TOEIC800点は英語の文章から必要な情報を抜き出したり、英語で仕事の話を議論できるレベルです。会社の会議で英語を話したりする時には、これくらいのスコアがなければ参加すらできないでしょう。
一概にスコアだけで判断することはできませんが、履歴書に書いてアピールするなら、英語を使う仕事の場合は800点以上の点数を書きましょう。書き方としては資格欄に「TOEICスコア800点取得」と書きます。

TOEICの点数が上がらない際の改善方法

TOEICの対策はしているのに、なかなか点数が上がらない、モチベーションが保てないという時もありますよね。点数を上げるためには結果を出すにはどのようにすべきか紹介します。

TOEICの点数の上げ方1:英語漬けの生活を送ってみる

TOEICの勉強をしている時に、必ず伸び悩んだり点数が上がらない時期を迎えることがあります。ある程度英語ができるようになると現れる壁なので、その壁を乗り越えるためにはいろいろと工夫することが大切です。

点数が上がらない時には単純に英語漬けの生活を送ってみましょう。私たちが日本語を話せるのは、当たり前のように日本語の環境の中で生活をしているからです。同じように英語が飛び交う生活に身を置くことによって、英語のスキルは一気にアップさせることができます。

身構えて英語を覚えるよりも、何気なくテレビをつけた時に流れている英語を聞くことも、英語漬けの生活には必要なことです。移動中は常に英語の音楽かリスニング用のテープを聞きます。家では勉強以外の時間でも海外チャンネルを観たり、英語の音楽を聴くことで英語漬けの生活を送ることができます。

TOEICの点数の上げ方2:問題集を徹底的に解く

TOEICは資格なので、結局は問題集をたくさん解いて慣れることも大切です。受験勉強と同じで問題を解くほどに、似たような問題を解けるようになっていきます。TOEIC対策の問題集はどこの本屋でも買うことができますし、種類も豊富にあります。
まずは過去問題を徹底的に説くことによって、基礎的なレベルアップをはかることによって点数をアップさせることができます。

TOEICの点数の上げ方3:試験対策のテクニックを磨く

TOEICはいくつかのセクションに分かれているので、それぞれのパートに合った対策を立てることが大切です。
例えばPart1の対策としては、似たような発音の単語に注意をしたり、進行形や現在過去形の形に注意します。各パートには必ずキーとなる部分があるので、それぞれのパートに合った試験対策をすることによって、問題意識を高めることができます。しっかりとキーとなる部分を理解していれば、後は時間配分を考えながら音いて行くだけなので、効率よく点数アップを狙うことができます。

TOEICの点数の上げ方4:外国人と話ができる環境を探す

点数が上がらないと感じた時には、本場の英語に触れてみましょう。
リスニングではネイティブな発音を聞き取ることも重要で、ネイティブな英語に慣れていなければ聞きとることもできません。英語の表現は本場の英語に触れることによって磨かれていきます。

文法を覚えるために「これはペンです」と覚えますが、実際にはほとんど使わないフレーズです。点数を上げるために外国人と触れ合える環境に身を置くことは、レベルアップのためには大切です。バーに行って外国人に声を掛けるだけでも、本で勉強するよりも何倍も身になります。点数を上げるために参考書ばかり読むのではなく、本場の英語に慣れるために外国人と話ができる環境に行きましょう。

TOEICの点数の上げ方5:仲間を作って一緒に頑張ってみる

TOEICは多くの人が挑戦していますが、点数が上がらなくなってくると不安になってくるものです。
ある時を境に壁が立ちはだかる時期がありますが、その時期を乗り越えるためにも仲間を作って励まし合うことも必要です。一人で頑張るよりも仲間と一緒に頑張った方が、良い結果を生むことはたくさんあります。

自分の知らない情報を聞いたり、英語で人と話をする機会も多くなるので、仲間を作ってみましょう。仲間はネットを利用して作ることもできるので、TOEICに特化したサイトに行けば、多くの人と仲間になることができます。自身でもSNSを利用すれば、同じ目標を持った仲間を見つけることができるでしょう。

TOEICの点数の上げ方6:お金を出してスクールに通う

TOEICは単純に英語ができる人が高得点を取ることができる訳ではありません。日本人が漢字検定で高得点が取れなくても、一流企業で働くことができるのと同じです。試験の時に度忘れをしてしまったり、普段使わないようなフレーズや文法なども出てきます。

だからこそ対策を万全にして望まないと、点数が取れない時もあります。一人でTOEICの勉強はできますが、本気で点数を上げたいと思ったら、TOEIC対策のスクールに通ってみましょう。

TOEICの勉強は英語を使う人にとっては必ず役立つので、お金を出して英語の勉強とノウハウを学べるのはお得です。点数が伸び悩んでいる人に対しては、どういった勉強が効果的かも指導してくれるので、スクールに行けば点数の伸び悩みを解決することができるでしょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ