仕事でミスが多い人の特徴・対策方法・ミスしたときの謝り方

仕事でミスばかりしてしまう人っていますよね。そういう人はもしかしたらミスする事で、さらにミスを引き起こしたり悪循環に陥ってしまってるかもしれませんね。今回はそんな仕事でミスが多い人の特徴と仕事でミスが多い人の失敗を減らすための対策方法について解説していきます。

仕事でミスが多い人の5つの特徴

なぜか仕事でミスが多い人っていますよね。あなたの周りにもミスの多い人はいませんか?もしかしたらあなたもミスが多い人かも?ここでは仕事でミスが多い人の特徴を挙げていきます。

①メモをしっかり取らない

仕事でミスが多い人の特徴1つ目「メモをしっかり取らない」です。

仕事でミスが多い人に多いのがメモをしっかり取らない事があります。仕事を覚えるためにはメモをしっかり取っておく事で頭に入りますよね。

もしも教えてもらった事を忘れてしまってもメモ帳を見直せば思い出す事ができます。

メモ帳の使い方が下手

メモ帳に書くだけでは仕事は覚えません。

仕事場で使うメモ帳は仕事を教わりながらメモしているので、情報がまとまらずバラバラになったり走り書きになったりする事が多く、後で見直すと「これはどういう意味なんだろう?」という謎のメモ書きが良くあります。

仕事でミスが多い人はこの様なメモ帳の使い方をしてしまうため、メモした事が無駄になる事も多いのです。

メモした内容について不明な事があれば、先輩社員にすぐに確認したり、情報をしっかり整理するメモ帳を別に用意するなど仕事を覚える努力をしましょう。

②思い込み

仕事でミスが多い人の特徴2つ目「思い込み」です。

仕事でミスが多い人は思い込みで仕事をしてしまう人がいます。仕事を覚えて慣れてしまうと誰かに教わる事なく仕事をスムーズにできます。

しかし慣れているからと言っても仕事が正しいやり方でない場合は問題ですよね。

間違ったやり方で覚えている

ミスが多い人はこのように間違ったやり方を正しいやり方だと思い込んでしまっています。

教わった時は正しいやり方を教えてもらえたはずなのですが、なぜか正しくないやり方を覚えてしまっている事はよくある事です。

そして慣れてきた頃に気付くとミスが多い人と指摘されてようやくやり方を間違って覚えていた事に気付くんですね。こうなってしまうとやり方を一から覚えなおすしかないでしょうね。

③失敗を意識しすぎる

仕事でミスが多い人の特徴3つ目「失敗を意識しすぎる」です。

仕事でミスが多い人は失敗をした事を悔やみ、いつまでも意識し続けてしまいます。何事もなく仕事でミスなくこなしていたとしてもふとした時にミスをしてしまいます。

また失敗してしまうかもしれないと怖がっている

そのためまた失敗をしてしまうかもしれないと常に怯えてしまいます。ミスをしても気持ちの切り替えができればそうした心配や怯えはなくなりますよね。

しかし一度このような状態にハマってしまうと何をするにも自信がないままになってしまうのでどこかで気持ちを入れ替える必要があるかもしれませんね。

④反省はしているが対策はしない

仕事でミスが多い人の特徴4つ目「反省はしているが対策はしない」です。

仕事でミスが多い人はミスをした時ものすごく落ち込み反省します。しかし反省はしてもそこからどうしたらいいのか分かっていないので失敗をまた繰り返してしまいます。

失敗から何も学ばない

これは失敗から何も学んでいないという事ですね。普通はミスしたら二度とミスはしたくないですから、慎重になったりどうしたらもっとミスがしなくなるか対策を考える物です。

根は真面目なので反省はすごくして落ち込むのですが、その失敗から何も学んでいないのです。失敗を恥ずかしいかもしれませんが、失敗からも得る物はあるはずです。どうしてこんなにミスをしやすいのか考えて見た方が良いかもしれませんね。

⑤集中力が無い

仕事でミスが多い人の特徴5つ目「集中力が無い」です。

仕事でミスが多い人は集中力が無いので、ミスが多いのです。集中力が無いので小まめに休憩を入れて作業をしないと集中力が継続しません。

集中力が継続しないのに無理して頑張るので余計にミスが増えてしまい目立つってしまいます。

集中力切れからミスの悪循環

集中力が無い事も問題ですが、集中力切れから失敗をしてしまうとさらに失敗を繰り返してしまう悪循環に陥ってしまう事があります。

失敗をした事で混乱してしまい普段はミスしない事までミスしてしまうのです。これも集中力が無い事が原因で起こります。

頑張るのは良いですが頑張れば頑張るほどミスしてしまう事もあるので集中力が切れたら一旦小休憩を入れるなど対策を考えた方が良いかもしれませんね。

仕事でミスが多い人の失敗を減らすための3つの対策

仕事でミスが多い人の失敗を減らすためにはどんな対策をした方が良いのでしょうか。ここでは仕事でミスが多い人の失敗を減らすための方法を挙げていきます。

①小まめに休憩を入れる

失敗を減らすための対策1つ目「小まめに休憩を入れる」です。

失敗を減らすための対策で一番いのは、休憩を小まめに入れて仕事で疲れてしまって切れた集中力を取り戻す事です。

人の集中力は45分程度しか保てない

人の集中力というのは実は90分~45分程度しか保てないのです。学校の授業がだいたい1つの時限が50分程度の授業をして休み時間が15分程度であるのはそのためなんですね。

このように人の集中力は限度があるので集中力が無い人はこまめに休憩をはさむ事で仕事の集中力を向上させ、ミスを減らす事に繋がるのです。

小まめに休憩が取れる仕事であれば小まめに休憩を入れてミスを減らしていきましょう

②深呼吸をする

失敗を減らすための対策2つ目「深呼吸をする」です。

仕事で失敗をしてしまうのは集中力が切れていたり、体がストレスで疲れている事が原因かもしれません。

そこで深呼吸をしてみましょう。深呼吸には実はリラックス効果があるのはご存知でしょうか。酸素をしっかり吸い込み深い呼吸をする事で心が落ち着き、体もリラックスします。

なんだか集中力が切れてきたと感じたら手足を伸ばし、深呼吸をしてみましょう。そうする事で心が落ち着き頭がすっきりしてくるはずです。

③メモをしっかり取って情報を整理する

失敗を減らすための対策3つ目「メモをしっかり取って情報を整理する」です。

メモを取ってもミスを多くする人がいると書きましたが、そこにはメモを取ったけどメモの取り方の問題があるためミスが増える事を解説してきましたが、ここではメモの取り方のコツを少しお話ししておきます。メモは二冊用意しましょう。

1冊のメモ 仕事中の走り書き用

1冊は仕事中に走り書き用のメモ帳です。
これは仕事中に人に教わりながらメモを取るためのメモ帳ですので、簡潔に情報を書き込む必要があります。

メモの取り方のコツは一つのページに二つ以上の情報を載せすぎない事がコツです。一つのページには一つの情報を走り書きでメモしましょう。

例えばコピー機の使い方をメモする時もコピー機の操作方法のみを一つのページに書き込みます。別の事を教わったらそれは別のページに載せるという感じで分けて置く事です。

そうする事で後で見直した時に情報が混乱して何を書いてるのかわからないというトラブルを防ぐことが可能です。

2冊目メモ 情報整理用

2冊目のメモ帳は自宅や落ち着いた時に走り書き用に書き込んだ仕事で教わった事の情報をまとめるためのメモ帳です。

例えば仕事を教わった日の夜や昼休み等に走り書き用のメモを見直して、自分なりに情報を整理したい時や忘れないようにするために使います。

これに随時書き込む事で情報を整理する事もできますし、記録にもなりますし、頭で記憶する事もできます。

このように二冊のメモ帳の役割を分担して使う事で仕事のミスを減らす事ができるんです。仕事でメモが上手く取れなくて、ミスが多い人はぜやってみてははいかがでしょう。

仕事のミスは誰もが経験する、ミスから学ぶことが大事。

いかがでしたか。今回は仕事でミスが多い人の特徴と仕事でミスが多い人の失敗を減らすための対策について解説してきました。

失敗してしまう人の特徴でも解説したようにメモの取り方が下手だったり、集中力が保てなかったり、ミスをしても何も対策しなかったしてしまうとミスが多い人になってしまうかもしれません。

失敗は誰でも経験する事です。失敗が多い人は対策を講じないから失敗が続いてしまいます。

大事なのは失敗をそのままにしない事、失敗から何かを学ぶことが大事ではないでしょうか。今後はもう失敗をしたくないという気持ちに変わったのなら失敗の捉え方を変えてみましょう。

失敗は学ぶためのチャンスかもしれません。そのチャンスを上手く活用してミスを減らして仕事を効率よく回していきましょう。

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)
キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)