転職活動を考えた時に行うこと・転職活動の流れ・期間・会社を辞めるべきか

いざ、転職を考えたとき、具体的に何をすれば良いのかや、どれくらい期間が必要なのかなど、転職は新卒の就職課都度に比べて情報も少なくイメージもつかみにくいかと思います。今回は、転職活動の進め方や転職活動にかかる期間などについてご紹介いたします。

転職を考えた時にまず行うべきことは3つ

次に行く業界について考えてみる

転職の理由は人それぞれです。例えば、今の会社の給料などに不満があることや、もっと大きな会社にキャリアアップがしたい、興味のある職種や業界が見つかったなど、いろいろな理由があるかと思います。
様々な理由で転職活動を始める際に、まずは、次に行く業界や職種について大まかに考えることは必要です。
大まかに業界や職種を定めることで、転職エージェントを活用するときにも、具体的な企業選びなどを行う時にスムーズに行うことができます。
業界や職種選びは、今働いている職種や業界で転職活動を進める場合は必要はありませんが、それ以外の場合、あなたの興味や適職検査等から進めていくことがおすすめです。

筆記試験対策を行う

転職活動では新卒の就職活動に比べて、筆記試験に課されるウェイトは大きく、求められる点数も高いものとなります。
そのため、筆記試験対策は必須となります。また、筆記試験は一朝一夕で行くものではなく、日々の積み重ねが大切です。そのため、転職を考えたら、すぐにでも筆記試験の対策を行うことをお勧めします。

転職エージェントに登録する

転職活動で重要な役割をなすのがこの転職エージェントです。
転職エージェントの役割は、主に求職者への企業の斡旋や面接対策など、転職活動の事務的な部分の多くをサポートしてくれるものです。
料金も転職希望者は無料のところも多いため、多くのエージェントに登録することをお勧めします。

転職活動の主な流れ

①自己分析やキャリアの整理や転職の目的を考える

まず、転職活動を始めたら、上で紹介したことを始めながら、自己分析や自身のキャリアの整理や転職の目的など、転職活動における軸の部分を考える必要がります。
これを行うことによって、今まで考えていたものとは違道が見えてくる場合もありますし、転職理由や目的をここで明確にしておくことで、面接時にも軸をぶれることなく面接官の納得のいく、転職理由を説明することも可能です。
また、この時にある程度の期間を定めて転職活動を行うことも大切です。
仕事と転職活動を両立する中で、あなたが週に何回面接を行うことができるかや、どの時期から転職活動を始めるかなど、それらのスケジュールについて計画しておきましょう。
それに加えて、友人知人など第三者の意見を聞くのもいいでしょう。一人で考えていると、時には煮詰まりうまく進まないこともあります。そういう時に外部の意見を聞くことは大切です。
そして、知人友人から転職した人などを紹介してもらい、実際の転職について聞くということも良いかもしれません。

②転職の情報を集める

行きたい業界や、転職活動をする目的や理由などが明確にし、転職活動の具体的なスケジュールができたら、次は行きたい職種の情報集めです。
いきなり、ここに行きたいという企業が見つかることは少ないと思います。
そのため、この時期はできるだけ多くの企業の求人を見ることをおすすめします。
また、それと同時に行きたい業界の動向についてなどの研究をしておくといいでしょう。
それに加えて、転職エージェント等に登録をしておいて、自分で情報収集せずにも、入ってくる求人情報を確保しておくと有利に転職活動を進めることができます。

応募や書類作成や面接を行う

行きたい企業などが見つかってきたら、ここから応募や面接が始まります。
新卒の就職活動と転職活動の大きな違いは、職務経歴書の有無です。
職務経歴書は、各企業の知りたい部分を押さえておくことが必要です。
そのため、企業研究を密にして企業があなたを取りたくなるような経歴やスキルなどを魅力的に記載をすることが大切です。
応募後は面接等が入ることも多くなります。そのため、スケジュールの調整には気を付く必要があります。

内定を獲得し退職の手続きを取る

転職活動は内定を獲得して、内定先に意思表示をしたら終わりではありません。
退職の手続きや処理が非常に重要です。
退職をした会社の証明書や書類が、新たな転職先でも必要な書類もあります。
また、退職時に様々な契約の変更の手続きなども必要であるため、注意をしておかなければなりません。
特に、生命保険やクレジットカードの契約の変更には要注意です。

転職活動にはどれくらいの期間が必要なのか

転職活動にかかる期間は、人によって様々です。漠然とした知識から始めるのとある程度の知識や情報をもって転職活動をするのでは大きく違います。
個人差は大きくありますが、転職活動の期間は概ね3か月から半年と言われています。
その前の準備期間や転職の意識をする期間などを含めると約1年かかると考えるのが妥当でしょう。

転職活動の求人が増える時期

転職活動は新卒の就職活動と違い、期間と言う概念がありません。
しかしながら、転職活動にも求人が多く出る時期というのはあります。
その時期は、人事異動が発動される4月や9月です。
この時期は、転職市場も非常に活発で求人数も多いです。
ですが、急な欠員が出たための採用も少なくないため、転職活動中は、
1年を通して求人のチェックはしておく必要があります。

20代の転職は第2新卒や既卒とほぼ同じの扱いです

入社をして少しして、転職を考える方も今は少なくないでしょう。
20代の転職は、第2新卒などと同じ扱いになることが多いです。
企業が求めるのは実績などではなく、新卒とほぼ同じでポテンシャルの採用が主です。
ですが、ビジネスマナーや教養については見られるため、面接前にもう一度見直すことを進めします。

30代の転職は即戦力採用です

30代の転職は、即戦力で入社後すぐに業務に着ける社員を求める傾向にあります。
そのため、欠員募集が非常に多いです。だから、いつでも応募できるように筆記試験の対策や求人のチェックなどをこまめにみておく必要があります。

40代の転職はタイミングや時期を見計らう必要があります

40代の転職は、転職市場も狭く非常に苛烈なものです。
市場のニーズは、マネジメント系の職種などもあります。
ですが、それには大きな実績や過去のキャリアなどが重視されます。
そのため、あなたのキャリアや実績を活かせる企業を見つけるために、
長く待つ必要があります。

転職活動で辛い時のモチベーションの維持方法

転職活動をしていく中で、長期化してしまうことや何度も面接や書類選考に落ちることで、モチベーションが下がることもあるでしょう。
モチベーションが下がり、明るさや自信を失うと、面接官にもそれらが伝わり心象は悪くなり、負のスパイラルが続きます。
このようにモチベーションの維持は、転職をスムーズに進める上でとても重要です。

転職活動とは関係ないことを行う

転職活動が難航すると、気持ちに余裕がなくなり、転職活動以外のことをすることも惜しくなるでしょう。
ですが、こういう時こそ、転職活動以外であなたが楽しい気分や明るい気分になることをすることがいいです。
例えば、友人とお茶に行くや一人で1日放浪の旅に出るなど、何でもいいのであなたにとって一番リフレッシュになることを行うことがおすすめです。

不採用は縁がなかったと割り切る

不採用が続くと、なかなか割り切ることは難しいですが、そういう時こそ、縁がないなど割り切ることはとても重要です。不採用通知を貰った時、その気持ちを引きずってしまいがちですが、不採用はあなたが本当に入りたい企業へ行くための布石と思い、あなたの面接の弱点が見つかったと割り切ってみるのもおすすめです。

転職サイトやハローワークなどを活用する

不採用や転職活動が難航すると、友人や知人に打ち明けるのは気がめいると思います。そのため、一人で抱え込みがちですが、それでは難航の一途です。
そういう時こそ、ハローワークや転職エージェントなどに足しげく通い、添削などを行ってもらうことも大切です。
また、ハローワークの職員や転職エージェントは、転職や就職のプロです。きっとあなたのモチベーションの維持にも力になってくれるはずです。

転職活動をするときは会社を辞めるべきか

転職活動をする際に、先に退職をするか悩むこともありますが、これは、あなた自身の貯金や転職資金がある程度あるならば、退職をして転職活動に専念してもよいでしょう。しかし、資金もない状態では、退職はお勧めしません。

現業と両立しながら上手くやろう!

転職活動の流れやポイントについてご紹介いたしました。
転職活動は、求人があるかどうかのタイミングに左右されることもあるため、ある程度の長期戦を覚悟しておくことが必要です。
そのため、転職活動中のモチベーションの維持なども重要です。また、転職活動は多くの方が現在の職業を続けながら行うことが多いため、現業との両立も必要です。そのため、スケジュール管理等に注意することも必要です。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ