ニートを脱出するための社会復帰方法・ニート脱出体験談例

ニートの方がニートを脱出して社会復帰するのは容易な事ではありません。それなりの努力は必要ですし、それなりの覚悟は必要です。自分で探す方法もありますが、プロに頼む方法もあるのです。そんなニートの脱出方法についてまとめてみました。

本当にニートから脱出したいのか

ニートとはなんて最高な状態なんでしょうか。
働かないで親の稼ぎで生活する...。非常に楽チンな生活ですよね。

目標がありその目標のために頑張っている結果、ニートになっているのであれば良いのです。

しかし、ただ単純に「必死になって働くなんて面倒、恥ずかしい、。」「面接で嫌な思いするくらいなら面接なんて行きたくない。」と思っているニートの方は、正直自分に甘いとしか言いようがありません。

「そんな事を言われても...働くの面倒だし。今のままでも暮らしていけるし」そう返す方もいるかもしれません。

しかし、体調がすぐれなくてという方は仕方がありません。無理をする事で悪化することもありますからね。
体調が悪い方は自分が出来そうだな思うことから始める事が重要ですね。

勤労の義務は日本人の三大義務の一つです。

納税の義務、教育を受けさせる義務、そして勤労の義務です。
日本人には働かなければいけない義務があるにですから、今働きたくないから働かないと言ったニートの人は、早く日本人の義務を果たしましょう。

誰のためでも良いです。自分の為でも構いません。
何かしらで働くという事を始めていく必要があるのです。

”本当にニートから脱出したいけど、自分1人ではなかなか脱出できない”

その様なニートの方のために、ニート脱出方をいくつかご紹介して行きますね。

あなたは日本人の三大義務を言えますか?

納税の義務、教育を受けさせる義務、そして勤労の義務です。
日本人には働かなければいけない義務があるにですから、今働きたくないから働かないと言ったニートの人は、早く日本人の義務を果たしましょう。

誰のためでも良いです。自分の為でも構いません。
何かしらで働くという事を始めていく必要があるのです。

”本当にニートから脱出したいけど、自分1人ではなかなか脱出できない”

その様なニートの方のために、ニート脱出方をいくつかご紹介して行きますね。

そもそもニートは若年無職者のこと

あなたはニートの意味を知っていますか?

元々はイギリス発祥の言葉です。

ニート(NEET)とは「15〜34歳までの若年無業者」を指します。ですので、35歳以上は単に無職と呼ばれます。

現代日本では、一般的には、働いていない人全般を指す事が多く、さらには「働く意思がない(ように見える)人」を指す意味でも使われる事が多くなってきています。

また、そういう状態のキャラクターをさして使われることもあります。

イギリス発祥というのは意外ではありますが、全世界でも同じような状態の方がいるという事なんでしょう。
国は違えど、働かなければいけない意思に負けてしまっている方はいるのですね。

ニートから脱出して社会復帰は早い者勝ち

あなたはニートが社会復帰できると思いますか?
高校、大学を卒業して真面目に働いている人に追いつけるとおもいますか?

ニートの方は、脱出する行動に移すまでは早ければ早いほど社会復帰はできるでしょう。

しかし、ニート歴10年を越すような方は社会復帰にはかなりの努力が必要です。

それは雇ってくれる企業の問題もありますが、あなたが長年続けてきたニート生活の生活リズムや考え方をゴッソリ変えなくてはいけないからです。

それなりの覚悟、体力面、精神面共に必要になってきます。

他者にとってニートの気持ちは理解し難い

ニートの人はそれなりの考えや思いがあってニートになっているかしれません。
ですが、普通に企業勤めていたり、自営業で頑張っている人からすると、ニートの人の気持ちはなかなか理解することができないのです。

働かなくても生活ができる。
働かなくて自分の欲しいものを他人の稼いだお金で買う。

普通に働いているサラリーマンではそうそう理解していただけません。
そのため、ニートの方を雇ってくれ企業があまり多くないのです。

ではどのようにしてニートを脱出すれば良いのでしょうか。
いくつかのポイントに分けて解説していきますね。

ニートからの脱出方法その1【働ける場所を探そう】

ニートの人は社会人経験ゼロ、もちろん未経験なんて言う人が就職することは非常に困難です。

でもご安心ください。

就職のエージェントなんていうのをお聞いた事がありますか?
就職先を見つけるためのプロの方々です。
就職情報は全てこの方達に集まってきます。
転職をする場合でも同じでして、エージェントをつける事で自分1人では探せない企業を見つけてくれるのです。

ニートの方はこのエージェントの方に助けていただく事が就職への近道と言えるでしょう。

最近では、ニートやフリーターを対象とした専門のエージェントがいます。
インターネットで「就職 エージェント」と検索するといくらでも出てきますよ。

ニートからの脱出その2【ハローワークは合わない人もいる】

就職=ハローワーク

このように考えている人は多くいるでしょう。
ハローワークとは就職を希望する人が集まるお役所です。
相談するためにはかなりの人が並んでいる場所で順番待ちをしなくてはいけません。

人数が多いから相談したくても時間に限りがあります。
時間に限りがあるから、自分の相談したい事を相談できないことだってあります。

また、多くの情報を掲載する必要がある為、張り出されている情報は内容が見づらいのです。

せっかく就職するのにその企業の情報がわかりづらいのでは、失敗する事を想像して中々就職に踏み出せないでしょう。

ニートからの脱出その3【面接の準備までエージェントにお任せ】

ご紹介してきましたエージェントについてですが、実は就職先を見つけてくれるだけではないのです。

なんと面接の準備まで手伝ってくれるのです。

まずは履歴書

履歴書は書く事が苦手な人は始めにつまづくポイントですよね。
そんな履歴書もエージェントの方が添削してくれます。
あなたが書いた内容を面接用に適した形で直してくれるのです。

次は面接の日程調整

面接の日程調整で企業に電話するのもかなり嫌ですよね。
就職したくても億劫な事があるとそれだけで就職活動を辞めてしまいそうになりますよね。

ニートの方ならそのような経験が今までない場合が多いですから、より一層就職活動を辞めてしまう確率がお高くなるでしょう。

ご安心ください。就職エージェントはそんな面倒な面接の日程調整もお任せです。
全てエージェントがあなたの代わりにやってくれます。
これでまた一歩就職活動を進める事が出来ますね。

次は面接の場では聞けない質疑

これもなかなか荷が重いですね。
面接の場で聞こうなんてしても絶対に聞けません。
給料や保険福利厚生などなど、面接官からそのような振りが無ければまず無理です。

その様な質疑応答も就職エージェントが代わりにやってくれます。あなたはただ、どんな質問があるか考えるだけ。

質問内容が無ければ就職エージェントとの話の中での疑問点でも良いでしょう。あなたがその企業に勤めた事を想定して、クリアにしておきたい事を質問内容としてエージェントに伝えれば良いのです。

いよいよ面接当日

面接ではあなたの事をエージェントからアドバイスをもらった通りに話すだけ。緊張はするかもしれませんが、就職のプロがアドバイスしてくれた事を話すだけです。
なんら難しいことはありません。

面接が終われば内定の通知

残念ながら落ちてしまうこともあるでしょう。
複数社の面接を受ける場合は複数社内定をいただく場合があります。

ここで問題になるのが内定の辞退です。
この作業もまた非常に気を使う事で、変な断り方をすると企業に失礼に当たります。
しかしそのような場面でもエージェントが活躍します。
内定の辞退の通知をあなたに代わって行ってくれるのです。
これでまた1つ就職活動のストレスが軽減されますね。

残すは企業に出社するだけ

そこでもエージェントが活躍します。出社日の調整もエージェントがあなたに代わってやってくれるのです。

ここまでくるとよりあなたをダメにしそうですが。。

それもこれもニート、フリーターの方を無事に就職させるには必要な事なのでしょう。少しでも就職率を上げるには、就職希望者の負担を減らす事が1番ですからね。

はじめの一歩を踏み出すこと!

ニート脱出のための就職エージェントの素晴らしさをご理解頂けましたか?
あなたがしなくてはいけない事。それは本当に簡単な事です。

働く決意をする

働くためには決意が必要です。
それなりに不安もあるかもしれませんが、無収入の状態に比べればそんな状態は屁でもないでしょう。
不安から脱出するための決意を持ってください。

就職エージェントがいるサービスに登録する

社会人経験ゼロのニートさんが、ニートを脱出するのはものすごく大変です。
やる事が多いの途中で挫折してしまうでしょう。
その様な不安や途中退場を無くすためにはハローワークではなく、専門家に頼む事が1番の近道です。
知らない人に自分をまかせるにですから勇気は必要ですが、プロの仕事ですからその辺は安心してまずは登録するという事をしてください。

あとはエージェントに任せるところは任して、あなたのやるべき事をやるだけ

登録さえしてしまえばあとはあなたは突き進むだけです。
大事なことは就職するという始めの決意を忘れない事です。
その信念を最後まで貫いてください。

ニートからの脱出 体験談

ニートから脱出するためには同じような境遇の人がいる事で勇気付けられますよね。
その人がおできるなら自分でもできるかもしれない。
ニートから脱出できるかしれない。
ニートからの脱出体験談をご紹介します。

長くなってしまいますので、代表的なもの掲載させていただきます。
その他に体験談はリンクよりご参照ください。

まず最初に心掛けたのはなるべく外に出ることです。

家事を手伝っていたのでほとんど毎日のように買い物には出ていました。

あとこれは勇気のいることでしたが誰かに今の状態を聞かれたときに、隠さないようにしていました。

体調が悪いこと・でも何とか働けるようになりたいということ・今の状態を自分でも申し訳なく思っていることを、一見さりげなく、でも実はものすごく勇気を出して話していました。

そうしてさりげなく、でも真剣に話すと意外にも理解して下さる方が多かったのは本当にありがたいことでした。

今も同じですが、理解して頂けるということは本当に心強いことです。

そうして無職生活5年経ったある日、普段お世話になっている方から単発のアルバイトをお願いされました。

願ってもいないチャンスだと思い、早速引き受けました。

それが現在3年目になるポスティングの仕事だったのです。

出典:http://thirtiesneet.com

『ニート脱出マニュアル -30代のでも就職できた方法』より引用

ニートからの脱出はあなたの意識でいつでもできる

いかがでしたでしょうか。
ニートからの脱出で1番大事なこと。

それはあなたの意志です。

どんなに良いサービスや機会があっても、あなた意志1つで、チャンスをモノにするのか棒に振るのかが決まります。

ニートから脱出したいと思われるのでしたら、まずは就職するという強い意志を持ち、第一歩を踏み出してみましょう。

その先には明るい未来が待ってますよ!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ