仕事の辞め方・手順・伝え方・辞める理由例・入社後すぐに辞めても大丈夫?

仕事を辞めたい時、具体的にはどのような行動を取れば良いのでしょうか?このページでは「仕事の辞め方」をテーマにして、円満な仕事の辞め方をご紹介しています。退職の話を伝える方法や切り出し方、退職理由の例や手順などをまとめています。

仕事を辞めたい時、どうしたら良い?辞め方や伝え方について

職場や労働環境の問題、また個人の事情などで「仕事を辞めたい」「仕事を辞めなくてはならない」となった時、皆さんならどのように動きますか?

社員として働いている以上、仕事を辞める権利というものが確かに存在しますが、社会人としてのルールやマナーの観点で考えると、辞める際の伝え方や辞め方を考えることも重要です。

そこで今回は、「仕事の辞め方」にスポットを当てて、企業とトラブルを起こさないで辞める方法や穏便な辞め方について考えていきたいと思います。

仕事の辞め方マニュアル~手順について~

仕事を辞めたい、もしくは辞めなければいけなくなり、実際に仕事を辞める決心がついたら、今度は会社に相談して辞める手続きなどを進めていかなくてはなりません。

仕事をするというのは、自分と企業の間で交わした契約に従って働くということ。
反対に、仕事を辞めるということは、企業との間で交わした契約を破ることになるので、慎重に行動する必要があります。

企業との間にトラブルが生じないようにするためにも、まずは一般的な辞め方の手順についてご紹介していきます。

自分でいつ頃辞めたいのか決定する

仕事を辞めると決意したら、まずは企業や上司に相談する前に、自分で退職の日程や理由などを明確にすることが大切です。

曖昧な理由やスケジュールのまま企業に話しても、先延ばしにされたり引き止められたりする可能性があります。
確実に辞める為には、自分の中で、退職の日程や理由をはっきりさせておくことが大切なのです。

まずは直属の上司に相談する

退職に対する自分の希望などが明確になったら、まずは直属の上司に相談するのが、仕事の辞め方として最も一般的と思われる手順です。

仕事の辞め方というと、退職届けを提出したり、社長などに「仕事を辞めさせて頂きます!」と宣言したりするものをイメージする方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、基本的には、突然退職届けを提出したり、社長に退職の相談をしたりすることはありません。

直属の上司経の相談というステップを抜かして、退職届けの提出や社長などへの相談をしてしまうと、直属の上司の面子を潰してしまう可能性があります。

そういった観点からも、退職の祖談をする際は、まずは直属の上司に退職の相談をするのが、仕事の辞め方のマナーと言えるでしょう。

退職までのスケジュールを上司と相談して決める

上司に、仕事を退職する意志があることを打ち明けたら、今度は上司と相談して、正式に退職までのスケジュールを決めていきます。

まずは、上記のステップでもご紹介したように、自分で考えていたものを話すことをおすすめしますが、自分の意見や希望だけを通そうとすると、揉めてしまう可能性も。

会社としても、皆さんが退職した後の人材を探したり、後任に引継ぎをしたりしなければならなくなるので、そういった企業側の都合にもある程度合わせることをおすすめします。

退職届けを提出する

上司に退職のスケジュールを相談し、日程などが正式に決まったら、いよいよ退職届けや退職に関連する書類を作成・提出します。

各書類の提出が済んだら、あとは退職日を待つだけ。
しかし、退職するまでは給与が発生していますし、その企業の社員です。「どうせ、もうすぐ退職するから」と、業務に真面目に取り組まなかったり、周囲との関係を考慮しない言動を取ったりすると、円満に退職できない可能性もあります。

退職する瞬間まで、その企業の社員として、誠意と誇りを持って働くことが、穏便な仕事の辞め方の基本とも言えるでしょう。

仕事を辞める理由例【1】:家庭の事情

仕事の辞め方として、最も伝えづらく、また企業側が自分を引き止める隙を作ってしまいやすいのが、「辞める理由」です。
理由によっては、「それならこの問題はこう改善するから、辞めないで欲しい」などと改善策などを出され、引き止められてしまう可能性もあります。

また、嘘を吐いたり大袈裟に言ったりすると、証拠の提出を求められたり、疑われたりすることも。
円満な仕事の辞め方として、企業や上司を納得させる退職理由は、欠かせないものなのです。

おすすめの退職理由の1つとして、家庭の事情が挙げられます。両親の介護や身内の看病を退職理由にすると、企業側としても引き止めたり追究したりしづらくなります。

しかし、あまり大袈裟に言ったり、病状などを正確に話したりし過ぎると、上記でも触れたように証拠の提出を求められる可能性があるので注意しましょう。

仕事を辞める理由例【2】:体調不良

また、体調の都合を退職理由にするのもおすすめです。体調を崩している人を、無理に引き止めて働かせようとすることは、企業側としてもやりにくいでしょう。

しかし、こちらも話を誇張したり、詳しく症状などについて話し過ぎると、証拠を提出するように言われる可能性があります。
また、もし嘘を吐く場合、あまり詳細に言い過ぎると、矛盾が出るなどして、嘘だとバレる可能性もあります。

体調の不調を退職理由にする場合は、ざっくりと話すことが大切です。

仕事を辞める理由例【3】:金銭的な理由

体調や家庭の事情を嘘の退職理由として使う場合、伝え方や話の内容では、嘘だとバレたり疑われたりする可能性があります。

そのようなリスクを避けたい場合は、金銭的な事情を退職理由にするのも、円満な仕事の辞め方の1つです。

「現在の給与では、生活が苦しい」「家族を養っていけない」などの理由を話せば、企業も簡単に昇給することは難しいので、引き止めづらいと考えられます。

企業への悪口や不満を退職理由にするのはNG

おすすめの退職理由をいくつかご紹介しましたが、反対に絶対に退職理由として話してはいけないものもあります。

それは、企業への不満や悪口。実際に、企業の労働条件や環境に不満があって退職する場合も、なるべく本音で話さない方が良いでしょう。
退職をすることはできますが、「円満な仕事の辞め方」という観点から考えると、トラブルに発展する可能性があります。

また、後程詳しくご紹介しますが、退職することを上司に伝えてからも、しばらくは企業で働かなければならない可能性があります。
企業の悪口を退職理由にすると、退職までの期間で気まずい思いをしなければならなくなる為、やはり他の理由を退職理由にすることをおすすめします。

仕事の辞め方マニュアル~伝え方について~

退職の意志があることを上司や企業に伝えるのは、なかなか話しづらいものだと思います。
しかし、退職をするのであれば、いつかは退職の話をしなければなりません。

そこで、今度は退職の話を上司や企業にどのように切り出せば良いのか、考えていきたいと思います。

円満な仕事の辞め方の基本として、退職の話をいきなり上司などにしないというポイントがあります。他の社員がいる場所や、忙しそうに仕事をしている時などに、いきなり他い職の話をするのは避けましょう。

他の社員への上司の面子もありますし、また上司も急いでいる時だと、話をきちんと聞いてもらえない可能性もあります。まずは、「お話ししたいことがあります、今宜しいでしょうか?」などと、メールを送ったり一言声をかけたりすることをおすすめします。

電話?メール?仕事の辞め方マニュアル~退職の話を切り出すのは、個室で~

上記のような手順で、まずは上司と1対1で話す場や時間を設けましょう。
アポイントを取ったら、できるだけ個室で話す機会を設けることをおすすめします。

退職の話を上司も自分も内密に進める気でいても、個室でない場所で話してしまうと、思わぬ人に聞かれてしまう可能性があります。下手をすると、噂のようになってしまう可能性も。
社員や部下の退職のことで職場がざわつくのは、上司としてもなるべく避けたいもの。

お互いの為にも、上記のような手順で上司に許可を取り、まずは1対1になれる個室で退職の話を切り出すようにしましょう。

退職までのベストな期間

また、円満な仕事の辞め方のポイントとなるのが、退職までのスケジュールや期間です。
会社や職場が嫌で仕事を辞めたい場合、一刻も早く退職したいというのが本音だと思いますが、後任の手配や引継ぎといった会社側の事情を考えることも大切。

一般的には、退職の話を切り出してから、大体1.5~3ヶ月(※1)後くらいを退職日に設定するのがベストと言われています。

しかし、プロジェクトを進めている最中であったり、繁忙期であったりすると、企業としてもより多くの引き継ぎ期間が必要になるかもしれません。
上記の期間はあくまでも目安ですので、上司と相談して臨機応変に対応しましょう。

円満に仕事を辞めて、新しいステップを踏み出そう

いかがでしたでしょうか?今回は、「仕事の辞め方」に注目して、退職の話を上司に切り出す際のタイミングや伝え方などをご紹介しました。

日本には、数えきれないほどの会社が存在します。
しかし、退職したからと言って、その企業との関係が完全に絶たれるわけではありません。社会人として働いているうちに、前職が取引先になったり、クライアントとなったりすることもあり得ます。

その為、仕事の辞め方というのはとても重要。さまざまなポイントをおさえて、退職する際は円満に辞められるよう、努めましょう。

※1:1.5~3ヶ月

出典:http://ten-navi.com

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ