偉そうな人の特徴・心理・付き合い方と対処法

みなさんの職場に偉そうな人はいますか?彼らと付き合うのは苦痛ですよね。しかし、偉そうな人はどの職場にもいるものです。今回は職場で偉そうな人の特徴や心理、対処法をご紹介します。彼らとの上手な付き合い方を見つけていきましょう。

職場で偉そうな人の特徴と心理

大して偉くもないのに上から目線で文句を言ってくる人っていますよね。そんな人が職場にいる場合、付き合っていくのが大変です。
しかも、彼ら自身には、自分が偉そうにしているという自覚がありません。
職場で偉そうな人にはそれぞれ特徴があります。実は、意外な特徴もあるのです。彼らの様々な特徴を知り、今後の付き合いに役立てていきましょう。

1.自己中心的で上から目線

これは、職場で偉そうな人の大部分に当てはまる特徴です。自己顕示欲が強く、自分勝手で相手のことを考えない、自己中心的な言動をとることが多いです。

また、もたもたしている人がいるとイラつき、上から目線で指示を出したりします。
自分が人を動かしていることに優越感を感じているのです。そして、「自分が人を動かしている」ことによって、また周囲に偉そうにするのです。
相手の気持ちも考えずに、偉そうな態度をとることで優越感に浸り、ストレス解消をしているともいえます。
基本的に人を褒めることはなく、だめ出しばかりします。相手をだめな人間にすることで、自分を優れた人間に見せようとするのです。
人を褒めることは、その人に負けていることを認めることと同じだと思っているのでしょう。

2.自分に自信がある

「自分は仕事ができる」、「自分の考えが正しい」などと、自分に自信がありすぎるからこそ、相手に上から目線で指示をしたり、意見を言ったりするのです。自分がこの中で一番頭が切れ、リーダーにでもなったような気でいるのです。
他人の意見を無視したり、自己中心的な言動をとるのも、自分が正しいという自信があるからなのでしょう。
自分は周りの人より上だと思い込んでいるため、偉そうな態度をとっているのです。

また、彼らは周囲の人を見下していることが多いです。
見下しているからこそ、偉そうな態度をとることができるのであり、自分よりも立場が上の人に対してはそのような態度をとることはありません。

3.プライドが高い

職場で偉そうな人はプライドも高いですよね。周囲の人から下に見られることを嫌います。プライドが高い人は、自分の間違いを認めたくない気持ちも強く、さらに「自分の考えが正しい」と自信過剰になっているため、他人の意見を聞くことがありません。
自分の方が上だということを示すためにも、常に偉そうに振る舞っているのです。

4.自分に自信がない

逆に、自分に自信がない人も偉そうな態度をとることがあります。これは意外な特徴ですよね。「自分の能力の無さや価値の無さを人に悟られたくない」という思いから、職場で威圧的な態度をとってしまうのです。偉そうに振る舞い、自分は周囲の人よりも上だと思い込むことで、自分に自信をつけようとするのです。
確かに、自分より下の人間を見つけることは、自信をつける方法の一つではありますね。
ありのままの自分を受け入れられない彼らは、自分をそれ以上の存在に見せるために偉そうな態度をとるのです。

5.感謝の気持ちがない

「周りにどう思われているのだろう」、「役立たずだと思われているのではないか」と、周りからの評価を気にしてしまう人も、職場で偉そうな態度をとることがあります。怖がりで小心者の人がそんな態度をとっているなんて意外ですよね。
偉そうな態度をとることで、自分を必要以上に大きく見せたがるのです。

6.怖がりで小心者

彼らは、特に自分より下の立場にいる人に対して、感謝の気持ちを持たないことがあります。自分が何かしてもらっている立場でありながら、粗を探して文句を言ったり、それが当たり前のことだと思っていたりします。
頼みごとをするときも謙虚さがなく、命令口調になることもあります。

7.上下関係に厳しい

職場で偉そうな人は、必要以上に上下関係に厳しいという特徴があります。
「誰が上で、誰が下か」という意識が常にあり、自分の立場が少しでも落ちることに強い不安を感じています。
彼らは自分より下の立場の人に対して、上から目線の態度をとってしまいがちです。それに対して、上の立場の人には必要以上にへりくだった態度をとります。媚びることで、特別扱いされることを望んでいるのです。
そうすることで「自分は仕事ができて、上司からも気に入られている」、「自分は周囲の人よりも上の立場にいる」と感じて、安心することができるのでしょう。
さらに、上の立場の人とのつながりを周囲にアピールすることで、自分を大きく見せて、より偉そうな態度をとり続けるのです。

職場で偉そうな人との付き合い方

偉そうな人と付き合うのは苦痛ですが、だからといって全く関わらないというわけにはいきません。仕事である以上、最低限の付き合いは必要ですよね。
では、どのように付き合っていくのが良いのでしょうか。彼らとの上手な付き合い方を知っておきましょう。

1.話は上手く受け流す

職場で偉そうな人の話は上手に受け流しましょう。言われたことに意見したりすると、彼らのプライドを傷つけてしまい、余計にヒートアップさせてしまうことにもなりかねます。
偉そうな人を敵に回すと色々と面倒ですよね。
とりあえず上手く受け流しておけば彼らは満足するので、あえて彼らの気に障るようなことはしないのが良策です。
特に、相手が上司の場合はトラブルなどを避けるためにも、余計なことはしないことをおすすめします。

2.相手に信頼してもらう

職場で偉そうにしている人の中には、相手が信用できないから、そのような態度をとっている人もいます。
最低限の信頼関係を築いておくことで、見下される対象から外れることができるかもしれません。

3.反抗はしない

偉そうな人の態度につられて、自分まで態度を悪くしても良いことはありません。上から目線で何か言われても、極力平静を保つようにしましょう。
とは言っても、ついイラっとしてしまいますよね。ですが、できる限り、人間関係に傷をつけるようなことは避けましょう。余程のことがない限り、彼らの態度を指摘しても、あまり効果は期待できません。そんな人のせいでトラブルになって職場に居づらくなるのは嫌ですよね。

4.成果を上げる

偉そうな人は、特に自分より下の立場の人に対して強く言う傾向があります。なので、その対象から外れるためには、成果を上げることが一番です。
成果を上げている人に対しては、上から目線で接しなくなります。

5.深く関わらない

苦手な人と無理に付き合うのはストレスの原因になります。仕事上での付き合いは必要ですが、なるべく深く関わらないようにしましょう。
偉そうな人に近づき過ぎると、相手のペースに巻き込まれて、プライベートや仕事に支障が出てしまうこともあります。
そうならないためにも、職場で偉そうな人とはある程度距離をおくようにしましょう。

上手に対処しなければ、仕事自体が苦痛になってしまいます。上から目線で偉そうな態度をとられるとイライラしてしまいますが、気にしないようにすることも大切です。
職場で偉そうな人は大抵、周りから嫌われています。
彼らの自分勝手な言動がストレスの原因となってしまうときは、「この人はプライドが高くて大変だな」と心の中で下に見てみるだけで少しは気が晴れるかもしれません。

反発する気持ちも湧いてくるでしょうが、「言いかえしてやろう」と、相手と同じように攻撃的な態度で接すると、余計に面倒なことになってしまいます。

職場で偉そうな人への対処法

いかがでしたでしょうか。今回は、職場で偉そうな人の特徴や心理、対処法を紹介していきました。彼らが上から目線で威張っているわけを知っていただくことができたのではないでしょうか。
彼らと接するときは、大きな気持ちを持つことが大切です。
偉そうな人とは、必要最低限の関係を築き、余計なトラブルは避けるようにしましょう。