人が挫折を感じているときの心理・挫折をしたときに立ち直るための考え方

人が挫折を感じるときの心理とはどのようなものでしょうか。また、挫折をした場合、どう立ち直ればいいのでしょうか。挫折から立ち直る方法を見ていきましょう。挫折をしているときは、絶望的な気持ちになってしまいますが、少しでも光が見えたら幸いです。

挫折をしたと感じるときの心理

人はどのようなときに挫折したと感じるのでしょうか。

様々なパターンが考えられますが、一つずつ紹介していきます。

自分には才能や能力がないと落ち込んでしまう

人が挫折を感じている時の心理として、自分の能力や才能を否定してしまうことがあります。人は生きていれば挫折を経験することは誰にでもあります。どんなに優れた人でも、挫折を経験しない人はほとんどいません。生きていれば自分の思い通りにならないことも多く、自分が望んだ結果とは違うことも起きるものです。

挫折を経験する人は自分が望むような結果が得られなかった時に、自分の才能や能力不足を悔いて挫折を経験します。誰もが良い結果を得たいと思うものですが、悪い結果の人も当然います。自分は大丈夫だという自信が強い人ほど、思い通りの結果が得られなかった時に挫折を味わいやすくなります。挫折を経験した時には自分の才能と能力の無さに落ち込んでしまいますが、できるだけ早く立ち直りたいものです。

自分で自分の才能に限界を決めつけてしまう

挫折を感じた時には思い通りの結果を得られなかった時なので、自分の力は所詮こんなものだと諦めてしまいます。自分の思い通りの結果を得られなかったことで、自分で自分の能力に限界を感じてしまいます。

それまで努力をして頑張った分、挫折を味わった時のショックは大きなものになります。挫折を味わった時は自分の能力はここが限界だと決めつけてしまい、これ以上頑張ることはできないと諦めてしまいます。挫折を味わった時の心理状態としては、もう何もできないという思いが強いので、諦めモードになって何も手につかなくなってしまいます。

全てがダメになったかのように思えてしまう

人は挫折を味わった時には、この世の終わりかのような絶望感に襲われることもあります。自分がそれだけ目標に向かって努力をしていたということでもあります。望み通りの結果を得るために、あらゆることを犠牲にして頑張ることもあります。それほど望み通りの結果を得るために努力したのにも関わらず、違った結果が出た時には自分が否定されたように感じてしまいます。

自分はいろいろなことを犠牲にして頑張ってきたのにも関わらず、なぜ自分だけ思い通りにならないのかと自己否定することもあるでしょう。自分がこれだけ努力しても望みの通りの結果を得られないのなら、何をしてもムダだと全てに諦めてしまいます。

たった一度の挫折と思う人もいますが、その人にとっては全てを賭けて挑んだことです。挫折を経験して成長することもありますが、一度の挫折が人生を大きく狂わせることもあります。挫折による心理状態として、自分の人生全てがダメになったと思うこともあるので、周りの人がフォローして早く立ち直らせてあげることが必要になることもあります。

挫折を克服する方法1:全く関係のないことに没頭してみる

挫折をした時に立ち直るための考え方として、一度そこから離れてみて全く関係ないことに没頭してみることをおすすめします。自分が今まで取り組んできたことに対して、目標に向かって常に努力をしてきたはずです。しかし挫折をしてしまった時には、今まで自分がやってきたことにが正しかったのか不安に思います。

挫折をした時には心の中にもしこりが残っているものなので、同じように取り組んだとしてもモチベーションが下がってしまうでしょう。挫折によって情熱やモチベーションが下がってしまった時には、一旦離れて全く別のことに没頭してみましょう。趣味に没頭して心をリフレッシュすることで、新たな気持ちで再トライすることができます。挫折から立ち直るには気持を整理することは大切なので、全く関係の無いことや趣味に没頭して気持の整理をしましょう。

挫折を克服する方法2:信頼できる人に心の内をすべて話してみる

挫折をした時には少なからず心の中には不安が残ってしまうので、自分が信頼できる人に話してみましょう。挫折をした時には自分だけでなく、弱い部分を見せて誰かに頼るという考え方も時には必要なことです。常に強い自分やカッコいい自分で居る必要はなく、時には弱い自分を見せることも大切です。

自分の全てをさらけ出すことによって無理をすることもなく、自然体な自分になることができます。挫折をした時には不安、後悔、諦めなどの気持が入り混じっています。無理をして強がっていると自分が辛くなるだけなので、挫折をした時くらいはすべての不安を話してスッキリしましょう。話すことで気持ちがスッキリすることはよくあることです。気持の整理をすることができれば、挫折から立ち直りやすくなります。

挫折を克服する方法3:挫折を乗り越えるからこそ成長できる、と考える

人は挫折を乗り越えてこそ成長できるものです。挫折をした時に立ち直るために考え方としては、この挫折を乗り越えるから成長できるという気持ちを強く持つことです。平穏無事に何でもできれば、挫折を経験することはないでしょう。

しかし自分よりも優れている人はたくさんいますし、全てが自分が望んだような結果になることはありません。挫折を経験するからこそ自分の能力がさらに成長でき、人間としても成長することができるのです。挫折を多く経験する人の方が人間味があり、人の痛みも分かるようになります。挫折を乗り越えるために必死で努力することによって、今までの自分ではない自分になることができます。

挫折を克服する方法4:誰もが挫折を経験していると考える

挫折をした時に立ち直るための考え方として大切なのは、挫折を経験しているのは自分だけではないという考え方です。人は誰でも挫折を経験するものですし、挫折の辛さは本人にしか分からないことです。人が挫折をしている時に気づける人は少なく、ほとんど何もしてあげることはできません。

自分が挫折をした時も誰にも気づいてもらえないですし、この気持ちの辛さは分ってもらえないとイライラすることもあるでしょう。挫折を経験しているのは自分だけではありません。他の人も挫折を経験して、乗り越えることによって成長しているのです。誰もが挫折を経験しているのだから、自分も乗り越えられると思えば、挫折から立ち直ることもできるはずです。

挫折を克服する方法5:自分に何が足りなかったのかを客観的に見る

挫折から立ち直るための考え方として、挫折を経験した時に自分を客観的に見て考えることも大切なことです。自分を客観視できる人はいつでも冷静に対処できる人ですし、能力に優れた人も多いです。自分を客観的に見られない人は周りが見えなく、失敗をしたとしてもその原因も分からずに同じことを繰り返しやすくなります。

挫折をした時こそ自分を客観的に分析し、何がいけなかったのかを考えてみる良い機会になります。自分に足りない物を発見することができれば、挫折を乗り越えるために努力するたけです。自分を客観的に見ることができるのは、挫折を味わった時こそ反省しやすいので、一度冷静になって考えてみましょう。

挫折を克服する方法6:もう一度ゼロから始めてみる

挫折から立ち直る行動としては、もう一度全てをゼロから始めてみることです。今までやってきたことは正しかったかもしれませんが、望み通りの結果を得ることはできませんでした。ならばもう一度繰り返しやることによって、それぞれの精度が上がりますし、新たな気づきがあるかもしれません。

自分のやってきたことが正しいと思えば、もう一度挑戦してみることです。挫折をしたからといって今までやってきたことをすべて否定することはありません。むしろ今までやってきたことが正しいと証明するために、再度ゼロから挑戦してみることも大切なことです。

挫折を克服する方法7:自分の新たな可能性に賭けて今までと違う行動も試してみる

挫折から立ち直るために今までとは違ったことを取り入れることも、挫折から立ち直るための行動のひとつです。今までと同じことをやることで精度を上げることができますが、新たな気づきや発見ができないこともあります。

人は環境に適応できますし新たなことに挑戦することで、新たな自分を発見することもできます。新たなことに挑戦することは今までとは違う自分になれるということなので、違う自分になって挫折を乗り越えるために頑張るのも方法のひとつです。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ