仕事のイライラの対処法・解消法とイライラしやすい人のポイント

毎日の仕事のイライラは多かれ少なかれつきものです。イライラには人間関係が圧倒的に多いとされますが、他にも作業が多いことなども原因の一つです。そのイライラの状態が続くとメンタル面の病気も。仕事のイライラ対処法・解消法、イライラしやすい人の傾向を考えましょう。

仕事でイライラ・・・

仕事をしていると自然とイライラしてくる時が多いですよね。その証拠に仕事中に世の中の人がイライラしているかどうかを厚生労働省の結果を見ると、なんと約6割がストレスがあると答えています。多くの人が仕事中にイライラしているわけですが、その原因を自分ではどうしようもない問題・・・と思ってないでしょうか?

イライラが起きる原因は主に「人間関係」「仕事の量」「仕事の進め方」などが挙げられます。でもそんなストレスは、自分の意識や気持ちを変えたり、ちょっとした行為だけで減らせます。イライラしながら働いていると、そのうち仕事が嫌になってしまいます。

職場で毎日イライラ・・・

体験談を交えての話が分かりやすいです。

イライラしやすい人のポイント

営業、人事、マーケティングなど国内外を渡り歩いての仕事や、またそうでない仕事でも「すぐイライラする人」はどんな人か調べました。

イライラすると「話しかけにくいと思われる」

すぐにイライラする人が周りからどんなふうに見られているかという最も分かりやすい特徴です。「話しかけにくい人」は上司や同僚や部下など立場を問わず、「すぐにイライラするから・・・」と思われレッテルを張られる存在で距離を置かれ触れにくくなり、しまいには孤立無援の状況を生んでしまいます。

イライラすると「感情的な人と思われる」

すぐにイライラする人が周りからどんなふうに観られているかという最も分かりやすい特徴と言えます。
「話しかけにくい人」は上司や同僚や部下など立場を問わず、「すぐにイライラするから・・・」と思われレッテルを張られる存在で距離を置かれ触れにくくなり、しまいには孤立無援の状況を生んでしまいます。

イライラする人には「本音で話しにくい」

「すぐにイライラする人」が自分をますます不利な状況へ追い込む一つに、「本音で話してもらえない」ということも挙げられます。人間は動物、防御本能が働き自分を不快にさせる人は、心身とも貝の様に閉ざしてしまいます。
そのような人に心をオープンにして本音で何でも打ち明けるのは難しいでしょう。

イライラする人は「不遇な対応を受けやすい」

もしかすると「すぐにイライラする人」は不遇な時を過ごしやすい傾向にあるが故にすぐにイライラするのかもしれません。周囲からコミュニケーションが取れないと判断され、冷遇されやすくなってしまいがちです。「あの人とは仕事がやりにくい」という評価をされ恵まれた待遇はされにくいでしょう。

イライラする人は「嫌われたり恨みを買いやすい」

「すぐにイライラする人」は周りから疎まれるだけではなく。嫌われたり恨みを買うことも少なくありません。

他にも様々な「イライラする人」の特徴がありますが、ゆとりがなく謙虚でない、上記のように防御が働き「敵」「味方」で人を判断しネガティブで自虐的な発想が原因だと感じます。また、相手を攻撃する人とは信用できないし、安心して向き合うことは難しいでしょう。

他にも、
「周囲と上手くいかず、ストレスを抱えやすい→精神面、健康面に影響が出やすい」、周りの人とよく揉める→困った時でも、助けてくれる人がいない→困難な状況が長く続きやすい」、「中長期にわたって人間関係を作りにくい→友達と呼べる人がいない・恋人などができにくい→私生活が無味乾燥になりやすい…」なと様々な「イライラする人」の特徴がありますが、ゆとりがなく謙虚でない、上記のように防御が働き「敵」「味方」で人を判断しネガティブで自虐的な発想が原因だと感じます。また、相手を攻撃する人とは信用できないし、安心して向き合うことは難しいでしょう。

イライラしない人のポイント

仕事でイライラしない人はすぐイライラする人の真逆と考えれば、その特徴が分かります。

イライラしない人は「話しかけやすいと思われる」

すぐにイライラする人とは違い、多少の”突っ込み”も許容してくれるぐらいなので、周囲の人にとって見れば、話しかけやすい存在です。

イライラしない人は「冷静な議論ができる」

その懐の深さから、人から相談を受けたりすることが多く、その流れで本音で話しかけられるということも多くなりがちです。その結果、イライラしない人は、腹を割って話せるという印象を与えやすく、相手と深い関係を築きやすくなります。

イライラしない人は「(仕事などで)待遇に恵まれやすい」

イライラしない人はコミュニケーション・スキルが高いがゆえに、待遇に恵まれるチャンスが少なくありません。職種によっては、コミュニケーション・スキルしか優れたスキルがなくても、それだけで待遇に恵まれることがあると言っても過言ではありません。実際のところ、イライラしない会社員ですぐれたでコミュニケーション・スキルが抜群に優れている人が多いものです。

すぐにイライラする人とは対照的に、イライラしない人は、他人に日常的に好印象を与えてることが多く、予想外のところで擁護されたり、恩恵を受けることがあります。

イライラしない人は「精神的、身体的に充実する」

周囲と上手く関係を作ることができるイライラしない人は、ストレスを抱えにくく、精神面や身体的な面でも健康である人が多いです。温厚な人でもストレスを抱えない、感じないというわけでは決してありませんが、ストレスを軽減させることが上手いだけでなく、日常的にイライラしないことで、ストレスにさらされにくい環境を作り上げています。

他にも、
「周りの人とよい関係→困った時に助けてくれる→困難な状況がすぐ終わる」、「中長期にわたって人間関係を作りやすい→友達が多い・恋人などができやすい→公私ともに充実しやすい」があり良いことばかりです。なるほど、イライラしない人とは正反対なんですね。

「イライラ」する時にとる行動、男女別ランキング!

自分のミスかそうでないかにかかわらず、仕事でイライラすることはあります。そんな時に取る行動を調べてみました。

 5位 お菓子を食べる
 4位 ひとり言を言う
 3位 飲み物を飲む
 2位 ため息をつく

そして1位は!
 トイレに行く

でした。
トイレに行くと答えた人は、さりげなく席を立ってその場から距離を置く、個室だから一人で気分転換できる、などが挙げられます。ため息をつくと答えた人は、その中に深呼吸も入ってます。深呼吸には頭をリフレッシュさせる効果があり、いい方法です。飲み物を飲むというのはコーヒーが多いですが、コーヒーの中には精神を安定させる効果がありますね。ひとり言を言うことで頭の中で冷静に判断しようとしているのではないでしょうか?
お菓子を食べることは私も経験があります。ストレス解消に効くギャバというチョコレートを机の引き出しに入れてました。さて男性の方は違いがあるのでしょうか?

 5位 ひとり言を言う
 4位 頭をかきむしる
 3位 飲み物を飲む
 2位 ため息をつく

そして1位は!
 トイレに行く

でした。
「頭をかきむしる」「お菓子を食べる」以外は男女ともに同じでした。私は「タバコを吸う」がないことが意外でした。

仕事でイライラする人に聞く!

会社という組織の中では色々なトラブルがつきもので、そのストレスからイライラする人が多いです。そこで、どんなことでイライラするのか調べました。

・上司や先輩の指示ミスで失敗したのに責任を擦り付けられた時

・明らかに手が空いているのに仕事を押し付けられたり、後輩がするのが 当たり前という雰囲気を出している人にイライラ

・部署全体の電話が頻繁になっているのに手が空いていても誰もとらない時

・頼んだ仕事が出来ていなかった時

・思ったより仕事がはかどらない時や邪魔が入って自分の仕事ができない時

・自分のふがいなさにイライラするし、理不尽な上司の発言にもイライラ

・苦労してパソコンで作った書類が何らかの原因で消えてしまった時

他にも様々なイライラがあります。でも本当にイライラする時は次の項目ではないでしょうか?

仕事でイライラしない人に聞く!

口調を柔らかくする

イライラしない人ほど口調が柔らかく、注意されたとしてもすんなり受け入れられるものです。反対に、感情をぶつけるように怒る人、ストレスを発散させるように怒る人は、声が大きい、言葉遣いが粗くなる、一方的に喋るといった特徴があるかと思います。

多くを求めすぎない

期待をすること自体が悪いわけではありませんが、過度に期待しすぎてしまうと、必要以上にイライラしストレスを感じてしまうこともあります。例えば「自分はこんなに一生懸命に仕事しているのに誰も評価してくれない」とか「私はこんなにも愛しているのに、あなたは何も分かってくれない」といったように。そんな時こそ「求めすぎている自分に気づく」ということが大切です。

別の視点から物事をとらえる

イライラしない人ほど相手の立場になって考えられる、柔軟な考え方ができる、固定概念にとらわれない、といった特徴があります。

コンディションを整える

「イライラしない人ほど体調管理をするのが得意」とも言えます。コンディションを整える上で、特にオススメしたいのが「ちょっとの早起き」です。1日のスタートに余裕を持たせれば、朝から「遅刻しそうだ!やばい!」などとイライラすることもありません。少し早起きした分、寝つきも良くなります。

相手ではなく自分を変える

イライラしない人の考え方として「相手ではなく自分を変えようと心掛ける」といったことがあります。「不本意な結果に終わる・部下が同じところでミスをする・愛されている実感が持てない」となると、誰かに責任を押し付けたり、憎しみや怒りといった負の感情を抱いてしまうかもしれ0ませんが、そんな時こそ「まずは自分の考え方を変えてみよう」と柔軟に対応するのがいいでしょう。

イライラしない人ほどすぐに行動する

イライラしない人たちの特徴としては「怒らない人ほど行動力がある」という共通点があります。不満に思うことがあればその場でハッキリ伝える、疲れていると感じればしっかり休む、一人で悩み続けるのではなく誰かにアドバイスを求める、といったところです。また表情は笑顔が多く、姿勢もどことなくピンとしているイメージもあります。

「仕事が多い」「割に合わない給料」などのストレスでイライラ・・・

仕事でのイライラの主な事柄は、「仕事の量が多い」、「残業が多い」、「割に合わない給料」、そして「人間関係」が最大のイライラではないでしょうか?人間関係が円滑なら、仕事が多い時は仲間が手伝ってくれるし、皆で早く作業から終わるから残業もないでしょう。その分給料も気にならなくなります。上記にも書きましたが、一人でやろうとするから孤立感が強くなり、イライラも増していきます。「これは一人では無理だなぁ」と感じるのであれば、周囲の人に手伝ってもらうという関係性が必要になります。また海外では、今日は仕事なのに急に休みになったので、皆で昼から呑みに行く光景もしばしば見られ、ゆとりがあります。日本人は働き過ぎだと海外の人は言いますが、「月月火水木金金」と昔からの名残がありますね。

イライラの対処法・解消法

仕事でイライラする時の対処・解消法をまとめてみました。

仕事での人間関係は割り切りが大切ですが、無理のない程度に1人でも友人を作りましょう

もちろん自分を持つということは大切ですが、その気持ちが強すぎると「孤立」になってしまいます。1人でいいからある程度、視点の違う友人を作りその友人の考えを聞いて理解するという練習をしましょう。そしてその人と愚痴より、楽しい話題で盛り上がりましょう。

使う道具の整理整頓を

その日、作業する道具がごちゃごちゃになっていると、仕事のやる気も下がり イライラする対象になります。デスクワークの仕事ならパソコン周りをスッキリさせることとパソコン動作のチェック、営業なら鞄の中身の整理整頓、工事道具を使うなら種類分けをし、自分でどこに何があるのか分かっていれば必要な時にサッと出せイライラせずにすみます。

気持ちに余裕を持って、イライラを受け入れましょう

自分の気持ちがいい時は多少のイライラも受け流せますが、調子が悪い時はそうもいきませんよね。そういう時はイライラを受け入れることも必要です。そして前の章で書いたように、深呼吸をしたりその場を離れてみたり好きな飲み物やお菓子を飲食して、少し気持ちをリフレッシュさせてから仕事をすれば余裕も少しは出来ます。

イライラが止まらない!怒りを10秒で消す「アンガーマネージメント」とは?

なかなか面白いです。

イライラせず身心健康な状態で仕事を!

このように、イライラは心身に悪影響を与えることが分かりましたね。現代はグロバール化の名のもとに実力が求められる社会です。能力が求められ、そのストレスからイライラが起きて、現代病とされるメンタル面での病気も増えています。

仕事でも、一人で抱え込まないことが大切です。また「笑い」もイライラに効果的で、お腹の底から笑うことで病気が治るとされています。職場でも大いに「笑い」を取り入れて、ストレスフリーでイライラの少ない職場にしていってくださいね!