マネジメント能力が高い人の特徴・マネジメント能力を向上させる方法

社会人として一人前になると求められるようになる、マネジメント能力。このページでは、マネジメント能力に注目して、マネジメント能力が高い人の特徴やマネジメント能力を向上させる為の方法などについてご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さいね。

マネジメント能力が高い人とはどんな人?マネジメント能力を身につける方法とは?

新入社員の頃はひたすらに仕事を覚え、一人前になることが大切ですが、年齢やキャリアを重ねていくと、マネジメント能力が求められるようになります。

部下や後輩を束ね、チームを率いていく力がなければ、管理職などのキャリアに就くことが難しく、場合によっては出世やキャリア構築にも影響を与える可能性があるのです。

そこで、今回は「マネジメント能力」をテーマにして、マネジメント能力がある人の特徴や、マネジメント能力を身につける方法などについてご紹介していきます。

マネジメント能力とは

マネジメント能力の習得方法について見ていく前に、まずは「そもそもマネジメント能力とは何か」について、確認する所からスタートしたいと思います。

「weblio辞書(※1)」では、マネジメント能力について、「物事を取り仕切って運営・管理する腕前や力量を表す語。運営能力、管理能力、経営能力などともいう。(※1)」と解説されています。

リーダーシップや部下などの管理能力にも繋がるものがあり、場をまとめる力や人を動かす力、チーム全体のスケジュールなどを管理する能力なども含まれると言えそうです。

マネジメント能力がある人の特徴

部下やチーム、その場をまとめる能力を意味するマネジメント能力。管理職を目指したり、出世をしたりしたい人にとっては、必須とも言える能力です。

では、どのような人が「マネジメント能力がある人」と言えるのでしょうか?一般的に、マネジメント能力があると見做される人の特徴を見ていきたいと思います。

他人をよく観察している

マネジメント能力がある人は、洞察力に優れており、周囲の状況や他人をよく観察していると言われています。

マネジメント能力は、場をまとめ上げ、部下や後輩の仕事などを管理する能力。周囲の状況を把握することができないと、指示を出したりチームのスケジュールを管理したりすることはできませんよね。

その為、洞察力に優れていたり、他人をよく見たりする人には、高いマネジメント能力が備わっていると考えられます。

部下や後輩を育成することが好き

部下や後輩を育成することも、管理職や上の立場の人の仕事と言えます。部下を育成できない人の場合は、どんなにリーダーシップを発揮していても、マネジメント能力が高いとは言えません。
マネジメント能力とは、単に場をまとめ上げる能力だけではなく、チームをより良く発展させていく力でもあるのです。

その為、部下や後輩の育成が好きな人は、高いマネジメント能力を兼ね備えている可能性があります。
勿論、部下などを育成することが好きでも、的外れな意見やアドバイスをしたのでは、成長には繋がりません。
その為、部下などの育成が好きで、更に的確なアドバイスや指示が出せる人こそが、真にマネジメント能力が高い人と言えるでしょう。

スケジュール管理が得意

人をまとめたり指示したりするだけでなく、チームなどのスケジュールを管理する能力も、マネジメント能力に含まれます。

その為、仕事がいつも締め切りギリギリになる方や、見通しが甘くて後から慌てて仕事をする方は、リーダーシップがあったり面倒見が良かったりしても、マネジメント能力が高いとは言えません。

仕事のペース配分が適格な方や、締め切り・納期などを見越した上で計画的に行動することができる方は、マネジメント能力が高いと考えられます。

マネジメント能力に必要な3つの能力

「マネジメント能力」と一言で表現していますが、人をまとめ上げる力や、部下・後輩を育成する力、またスケジュールを管理する能力など、さまざまな能力や要素が求められます。

「マネジメント能力」について細かく考えていくと、3つのスキルや能力に分けることができます。
それらの能力やスキルを満たしている人こそが、「マネジメント能力が高い人」と言えるとも考えられます。

マネジメント能力の要素【1】:アセスメントスキルを身につける

マネジメント能力を身につけるのに必要とされるスキルの1つとして、「アセスメントスキル」が挙げられます。

アセスメントスキルとは、部下や後輩の育成に役立つ能力です。部下や後輩の長所と短所を正確に把握し、どうすれば成長できるのか、またどのように育成していけば良いのか、育成の方針を的確に定める能力を意味します。

アセスメントスキルは、部下や後輩の1人1人ときちんと向き合うことで習得できると言われています。1人1人の個性や性格、長所・短所をしっかり把握することで、各々にとって最適な育成方針を考えることができるようになるというわけです。

マネジメント能力の要素【2】:アカウンタビリティスキルを身につける

マネジメント能力の向上に必要とされる3つのスキルの1つとして、アカウンタビリティスキルという能力があります。
アカウンタビリティスキルとは、指示やアドバイスなどを、他人に適格に伝える能力を意味します。

「上司に指示を出されたものの、その指示が分かりにくくて困った」「上司の話はいつも分かりにくく、聞くのに苦労する」といった経験がある方も、いらっしゃるのではないでしょうか?
そのような上司にならない為には、アカウンタビリティスキルを向上させ、わかりやすく適格に話す能力を身につけることが大切です。

アカウンタビリティスキルは、文章や日本語を見直すことで、どんどん向上すると言われています。
また、ジェスチャーやボディランゲージを取り入れることで、話のニュアンスなどが相手に伝わりやすくなる可能性がある為、こちらもアカウンタビリティスキルの向上におすすめの方法です。

マネジメント能力の要素【3】:コーチングスキルを身につける

「マネジメント能力」を構成する3つのスキルの1つに、コーチングスキルという能力があります。

コーチングスキルとは、部下や後輩の能力をより発揮させる為の能力です。
上記でご紹介したアセスメントスキルが、部下や後輩の欠点や育成すべきポイントを見つけ出す能力であることに対し、コーチングスキルは、部下や後輩の長所や強みを見つけ出し、それを活かす能力であるとされています。

コーチングスキルを身につけるには、アセスメントスキルと同様で、部下とよく向き合うことが大切です。1人1人の部下の得意なことや強みを正しく理解し、それにあった仕事を振り分けるようにすることで、コーチングスキルが向上していくと考えられます。

マネジメント能力を向上させる方法【1】:自分をコントロールする

では、マネジメント能力を習得したり向上させたりするには、どうすれば良いのでしょうか?

マネジメント能力の習得・向上方法の基本として、自分をコントロールする方法があります。
例えば、締め切りに間に合いそうになかったり、緊急のトラブルがあったりした時。「どうしよう」「間に合わない」とパニックになってしまう方も多いと思います。
しかし、そんな時こそ自分をコントロールして、「どうすれば間に合うか」「もし解決できなかった場合、どうすれば良いか」といったことを、冷静に考えられるようにしましょう。

マネジメント能力には、チームや部下・後輩を管理する力が求められます。いざという時に、自分自身でさえも管理できなければ、他人を管理することなどできません。
まずは、自分の感情や仕事をコントロールすることを意識しましょう。

マネジメント能力を向上させる方法【2】:優先事項の明確化

また、状況に応じて、何を最優先するべきか考えることも、マネジメント能力の向上が期待できる方法の1つです。

マネジメント能力が高い人は、状況判断をする能力と、その状況に応じて的確な指示を出す能力に長けていると考えられます。

そこで、普段の何気ない業務でも、何を最優先にするべきか考えながら行動することで、状況判断をする能力や、優先事項を考える能力が向上すると考えられます。

マネジメント能力を向上させる方法【3】:他の人の仕事のスケジュールを把握する

マネジメント能力には、チームなどのスケジュール管理能力も含まれます。チームのスケジュールを管理するには、他人のスケジュールや仕事の進捗まで把握しておく必要があります。
自分はスケジュール通りに仕事を進められても、部下や後輩がスケジュールよりも遅れてしまうかもしれません。締め切りや納期の当日になって、「部下の仕事が遅れているとは思わなかった」では済まない場合もあります。

そこでおすすめしたいのが、部下や他人のスケジュールを常に意識する方法です。スケジュールを管理する必要がない場面でも、常に自分以外の人の仕事の進捗やスケジュールを把握することで、職場やチーム全体のスケジュールを管理する能力が向上するかもしれません。

マネジメント能力を向上させて、より魅力的なリーダーへ

いかがでしたでしょうか?今回は、「マネジメント能力」に注目して、マネジメント能力とは何なのか?マネジメント能力を構成する要素にはどのようなものがあるのか?などをご紹介しました。

自分の仕事が一人前にできるようになったら、今度は部下や後輩、チームなどの育成や管理を求められる立場となります。
そうなった時に、「何もできないリーダー」にならない為にも、普段から他人の言動や仕事の進捗を意識する癖をつけ、いざと言う時に素敵なリーダーになれるようにしておきましょう。

※1:物事を取り仕切って運営・管理する腕前や力量を表す語。運営能力、管理能力、経営能力などともいう。

出典:http://www.weblio.jp