器が大きい人の特徴と行動・器が大きい人になる方法

器が大きい人って余裕もあって良いですよね。そんな器の大きな人になりたいと思う人は多いはずです。今回はそんな器が大きい人の特徴や行動と器が大きい人になるために心がけるべき事をいくつか挙げていきます。これを読めばあなたも器が大きい人になれるはずです。

「器が大きい」の意味

器が大きいという言葉にはどういう意味があるのでしょうか。器が大きいと言う言葉の意味を調べてみました。

器が大きいとは 小さな事を気にしたり多少の事で怒ったり悲しんだりしない事

器が大きいとは、「どんなに小さな事があっても気にしない事」や「多少の事で怒ったり悲しんだりしない事」なんですね。

器が大きい人の3つのメリット

器が大きい人はどのようなメリットがあるのでしょうか。解説していきます。

①職場の雰囲気を壊さない

器が大きい人のメリット1つ目「雰囲気を壊さない」です。

器が大きい人は雰囲気を壊しません。


例えばあなたが仕事のミスをして、その報告を上司にしなくてはいけませんが、器が大きい人と小さい人では対応が大きく違います。

器が小さい上司の職場 小さなミスでも叱られる雰囲気の悪い職場

まず器の小さな上司の場合、どんな小さなミスでもガミガミと怒られてしまうでしょう。ガミガミと怒る上司がいる職場は雰囲気が悪いですね。

いくら部下がミスをしてしまったとは言え、ガミガミ怒られる上司に付いていくのは大変ですし、職場の雰囲気も悪く、息苦しいです。

そんな職場の上司にはミスの報告もしたくありませんよね。そのままでは部下はミスを隠してしまったり、ストレスで辞めてしまうかもしれませんね。

器の大きな上司の職場 多少の事では怒られない雰囲気の良い職場

では器の大きな上司の場合はどうでしょうか。部下がミスをしてしまってその報告をしても、怒り出す事はしないでしょう。

多少は注意はされるかもしれませんが、ガミガミ怒られる事もありません。むしろ「今、気づけて良かったね。今後は気を付けて」と言われる程度で済みます。

このように器が大きい上司の職場は雰囲気が穏やかで部下との関係もとても良好です。そんな職場で働きたいですね。

②出世しやすい

器が大きい人のメリット2つ目「出世しやすい」です。

器が大きい人は出世しやすい人が多いです。器が大きい人はどんな人とも人間関係を上手く付き合っていけるので、他の人が苦手だと思う上司でも上手く付き合う事ができるためです。

そのため上司からも気に入られ出世もしやすい人が多いのです。

③人から好かれやすい

器が大きい人のメリット3つ目「人から好かれやすい」です。

器が大きい人は人から好かれやすいです。器が大きい人のメリットの①雰囲気を壊さないや②出世しやすいでも書いたように、どんな小さな事でも怒る事もないので職場の雰囲気を壊しません。

そして上司からも好感を持たれるので出世しやすいです。部下からも上司や同僚からも好かれやすいのです。

このように器が大きい事で得られるメリットは数は少ないですが内容は充実している事が分かりましたね。

器が大きい人の7つの特徴や行動

器が大きい人の特徴や行動にはどのような物があるのでしょうか。以下に挙げてみました。

①自分の誤りを認める

器が大きい人の特徴と行動1つ目「自分の誤りを認める」です。

器が大きい人は自分がした間違いや誤りを認めてくれます。
自分がした間違いで迷惑をかけてしまった部下や後輩に対してもきちんと非を認め頭を下げます。

逆に器が小さい人は自分がした間違いや誤りを認めずに部下や他人のせいにします。

誠意のある行動に部下も付いていこうと思う

器が大きいとこのように誠意のある紳士的な対応ができるため部下も付いていこうと思うわけですね。

②他人の失敗を責めない

器が大きい人の特徴と行動2つ目「他人の失敗を責めない」です。

器が大きい人は他人が失敗をしても責めたり、頭ごなしにガミガミ叱ったり怒鳴ったりしません。

器が大きい人は他人が失敗をしても失敗を許します。失敗をした事ばかりに捉われず、そこからどうするべきなのかという解決方法を一緒に考えてくれます。

器が小さい人は他人の失敗を責めます。ミスは許されないのです。

部下も後輩からも好かれる

器が大きい人はこのように他人がしたミスを許し、そこからの解決方法を一緒に考えてくれるので、部下や後輩からも好かれます。このような器の大きな人には今後も付いていこうと思いますね。

③どんな人にも対等でわけ隔て無い対応ができる

器が大きい人の特徴と行動3つ目「どんな人にも対等でわけ隔てない対応ができる」です。

器が大きい人は自分の立場より上でも下でも、わけ隔てない対等な対応します。相手の立場や自分の立場で対応を変える事をしないのです。

器が小さい人は自分よりも立場が下の人間には高圧的です。そして上司には低姿勢になります。器が小さい人は相手の立場で態度を変えるのです。こんな器の小さな人には好感は持てませんよね。

立場を選ばないので好感が持てる

器が大きい人はこのようにどんな立場の人でも対等でわけ隔てない対応ができるので、部下や同僚や上司からも好感を持たれるわけですね。

④感情のコントロールができる

器が大きい人の特徴と行動4つ目「感情のコントロールができる」です。

器が大きい人はめったな事では怒ったり悲しんだりする事がありません。

器が大きい人は感情の起伏が無いため、とても穏やかなのです。これは感情のコントロールができるからなんです。このような穏やかな上司のいる職場で働きたい物ですね。

逆に器が小さな人はいつもガミガミ叱ったりと感情の起伏が激しいです。これは感情のコントロールができないためこのようになってしまうんです。

このような人が上司にいたら職場の空気は最悪で息苦しいでしょうし、すぐにも辞めたくなってしまいますね。

職場の居心地を良くしてくれる

このように感情のコントロールができる器の大きな上司は理想的ですし、職場の居心地を良くしてくれそうですよね。

⑤他人の意見を受け入れる

器が大きい人の特徴と行動5つ目「他人の意見を受け入れる」です。

器が大きい人は他人の意見を受け入れる事ができます。部下からの提案があったとしても提案を快く受け入れてくれます。

意見してくれた事を感謝し意見を最大限に活かそうとしてくれます。

このような上司なら職場でも良い関係が築けますね。上司が困っていたら部下も喜んで相談に乗ってあげたくなります。

対して、器が小さい人は他人の意見は聞きません。

自分より立場が下の部下の意見には聞く耳を持ちません。例え上司がしている事で間違いが起きても誰も指摘してくれなくなるでしょう。

部下も上司を助けたくなる

このように意見を受け入れてくれる器が大きい人は部下からも慕われ困ったときには喜んで助けてもらえるでしょう。

⑥ストレスをため込まない

器が大きい人の特徴と行動6つ目「ストレスをため込まない」です。

器が大きい人はストレスをため込みません。器が大きいと感情の起伏が穏やかなため怒り出す事も無いのでストレスをため込みやすいと思いがちですが、そうではありません。器が大きい人は切り替えが上手なのです。

切り替えが上手

誰かに苦言を言われたり注意された事を一々気にしていたら心がへとへとになってしまいますので、言われた事は認めそのあとはきちんと切り替えていくのです。

このようにストレスをため込まないようにしているので常に穏やかで接しやすいのです。

⑦人を褒めて伸ばす事ができる

器が大きい人の特徴と行動7つ目「人を褒めて伸ばす事ができる」です。

器が大きい人は人を褒める事で伸ばす事ができます。器が大きい人は人の良い部分を認める事ができますので、部下の良い部分をできるだけ褒めて伸ばそうとしてしてくれます。器が大きい人の周りは前向きで活き活きとした人が集まるでしょう。

周りの人のやる気にも影響を及ぼす


このように器が大きい人は周りの人の仕事のやる気にも影響を及ぼすのです。こんな上司がいてくれたら仕事も楽しくて仕方ないでしょうね。

器が大きい人になるために心がけるべき5つのこと

器が大きい人の特徴と行動であるように器が大きい事は素晴らしい事でした。あなたもそんな器の大きな人になりたいと思えたはず、そこでここでは器が大きな人になるために心がけるべきことを挙げていきます。

①ありのまま受け入れる寛大さを身に着ける

器が大きい人になるために心がけること1つ目「ありのまま受け入れる寛大さを身に着ける」です。

器が大きな人は寛大です。例えばあなたが上司で部下がミスをしてしまっても許します。きちんと解決方法も考え導こうとしてくれます。

ミスを許す心も持つ

ミスは誰でもあります。ミスを見つけたらそこで叱るのではなく、そこからどう学ぶべきか、そこからどう進むべきかを一緒に考えるのが器の大きな人が心がけていることです。

まずはどんな小さなミスを見つけても許しましょう。叱るのではなく一緒に考えてそこから良い方向に導いていきましょう。そうすれば部下もミスをしなくなります。

寛大さを身に着けて部下や同僚や上司からも認められる人になりましょう。

②拘りを捨てる

器が大きい人になるために心がけること2つ目「こだわりを捨てる」です。

生きていると拘ってしまう事ってありますね。それも小さな事に拘ってしまって色々な事が見えなくなる事ってあります。

例えば出世に拘ったり、誰かと自分の立場に拘ったり、拘る事でそればかりが気になってしまって他に大事な物があるはずなのにで見えなくなる事ってあります。

広い視野で周りを見る

器の大きな人はそんな拘りは捨てています。

もっと広い視野で周りを見てみたら拘りよりも大事な事があるはずです。拘りを捨てる事でなんてくだらない事に拘っていたんだと気付けるはずです。

③他人からの評価は気にしない

器が大きい人になるために心がけること3つ目「他人からの評価は気にしない」です。

器が大きい人は他人からの評価を気にしません。人は組織の中にいるとどうしても誰かと比較して自分の評価を決めてしまう物です。

器が大きい人になるためには、まずはこのような他人からの評価を気にしない様に心がける事から始めてみましょう。そうすれば心に余裕を持った器の大きな人に近づけるはずです。

④人のせいにしない

器が大きい人になるために心がけること4つ目「人のせいにしない」です。

器が大きい人は人のせいにしません。例え部下の責任で自分が上司から注意を受ける事になっても、それは部下の責任ではなく、部下のミスに気付けなかった自分のミスであると受け入れるのです。

何事も受け入れ、それを認め許す事ができるのが器の大きな人なのです。

⑤違う価値観を受け入れる

器が大きい人になるために心がけること5つ目「違う価値観を受け入れる」です。

器が大きい人は自分とは違う様々な価値観を受け入れる事ができます。人の価値観は人それぞれ違います。違うからそれも良いと認める事ができるのです。

器が大きな人はどんなに違う価値観の人とも良好な関係を築けます。

価値観の違いを認める事は色々な話を聞く事ができますし、自分の視野や価値観を広げる事に繋がるのです。

おわりに

いかがでしか。今回は器が大きい人の特徴と行動、器が大きい人になるための心がけるべき事を解説してまいりました。

器が大きい人は職場の雰囲気を壊す事もなく、人との関係も良好に保つ事ができるので、部下や上司からも認めれ出世しやすい事が分かりましたね。

器が大きい人になるためには、自分とは違う新しい価値観を受け入れる寛大さと人のせいにしない寛大を身に着けていく事、評価や拘りを捨てる事を心がける事が器が大きな人になるための近道だという事がわかりましたね。

ここで学んだ事を実践しあなたも器が大きい素晴らしい人を目指してみましょう。