「洞察力」「観察力」の違い・鍛える方法とメリット

洞察力と観察力って何が違う?実は洞察力と観察力は似ているようですが、見ている物が違うのです。その洞察力と観察力は人とのコミニュケーションで活用できる物で、しかも鍛える事ができます。今回はそんな洞察力と観察力について解説していきます。

洞察力と観察力の違い

洞察力と観察力。言葉は似ていますが何が違うのでしょうか。まずは観察力と洞察力のそれぞれの言葉の意味を調べてみました。

観察力の意味 物事の表面的な情報を見る力

観察力の意味は物や人の状態の変化を客観的に広く注意深く見る事が出来る力の事を言います。要するに物事の表面的な情報を見る事ができる力なんですね。

観察力はコミニュケーションで活用できる

観察力があると、例えば服装の違いや髪型の変化に気付いたり、相手の見える範囲でのいつもと何か違いがあるときに気付けたりします。このように観察力はコミュニケーションをする際に使う事が出来ます

洞察力の意味 観察した対象の隠れた情報をも見抜く力

洞察力の言葉の意味は観察した対象の見えない部分の情報を見抜く力です。観察力では表面を見る事が出来る力でしたが、洞察力では物事を観測した上で、その物の隠れた情報を見抜く力の事です。

洞察力があると、例えば黒い革靴とスーツを着てネクタイを締めている人を見て、今は時間が8時だからこれから出勤の時間だし、この人はこれから仕事に向かうサラリーマンなんだなと推測する事ができますね。

このように見た目をまずは観察しそこから様々推理をして答えを導く事ができるのが洞察力なんですね。

洞察力があると人の表情から垣間見る感情を推測する事ができる

洞察力は人や物の表面的な物だけではなく、その中に隠れた人の感情や物の中に隠れた情報を読み解く事ができます。

例えば、話しかけたら眉間にしわを寄せる表情をした人を見て、「この人は今は機嫌が悪いのかな?」と読み取ったり、「笑顔だから話しかけて大丈夫」と相手の表情からコミュニケーションするタイミングを図ったりする事ができます。

洞察力と観察力の違いは”内面を見抜く力か表面だけを見る力の違い”

洞察力と観察力の大きな違いは、内面を見る事ができるか、表面だけを見る力かの違いです。
共通するのは見るという事です。二つはそれぞれ見方の違いはありますが、切っては切れない物であるのは分かりますね。なぜなら観察力が無くては洞察力は発揮できないからです。

洞察力も観察力もコミュニケーションには不可欠

このように洞察力も観察力もコミュニケーションにはとても不可欠な物なんです。観察力で様々な表面的な情報を集めた上でその中に隠れた情報を推測して答えを出すのが洞察力ですね。そのため洞察力と観察力はコミュニケーションには不可欠なんです。

洞察力と観察力を鍛える2つのメリット

洞察力と観察力を鍛えるメリットがあります。解説していきます。

①トラブルを避ける事ができる

洞察力と観察力を鍛えるメリット1つ目「トラブル避ける事ができる」です。

例えば人の表情を観察して、人の機嫌を読む事ができます。相手の顔色を伺うというのは洞察力を使った言葉でもあるのかもしれませんね。

上司や先輩が機嫌が悪そうな表情をしていたら声をかけにくいですよね。勇気がある人は「部長、奥さんと何かあったんですか?」と声をかけてあげるかもしれませんが、下手に声をかけてしまうと逆燐に触れて怒られてしまう事もあります。

洞察力と観察力を活用すると表面的な物と内面的な物を分析できる

このように相手の表情やその中に垣間見える情報と見えない情報を見抜く事で、相手が今なぜ険しい顔をしていて、何があったのかを推測する事ができます。

そうする事でどういう風に声を掛けるべきか、声をかけないでおくべきかを考えて行動する事ができます。

観察力や洞察力を鍛える事でトラブルを避ける事にも繋がるのです。

②良好な人間関係を築ける

洞察力と観察力を鍛えるメリット2つ目「良好な人間関係を築ける」です。

観察力と洞察力を鍛えるとなぜ良好な人間関係が築けるのかといいますと、人とのコミニュケーションは相手の事を良く知らなくてはできません。

相手がどんな性格でどんな人かわからない事にはコミュニケーションの取りようがありませんね。例えば相手がどんな話を好んでいてどんな話が嫌いで等の相手の趣味や好みは、ちょっと見ただけでは分かりませんね。

相手の趣向や好みが分かる

人によっては好きな物を身に着けていたりする場合もあるので、それを観察してその人の趣味を読み解く事もできます。またいつもそれを身に着けていた場合はすごく好きな物だと洞察する事ができます。

そのように読み解く事によって相手との関わり方を知る事にもつながりますし、相手と話す時に「それ可愛いよねー実は私も持ってる」という話のきっかけや話題にして仲良くできる事もあります。

このように観察力と洞察力を鍛えると良好な人間関係を築く事もできるのです。

観察力や洞察力を鍛える4つの方法

観察力や洞察力はコミニュケーションにはとても必要な力だという事がわかりましたが、この観察力や洞察力を鍛える方法を知りたいですよね。そこで観察力や洞察力を鍛える方法を挙げていきますので、参考にして観察力と洞察力を鍛えてみましょう。

①推理小説を読む

観察力や洞察力を鍛える方法1つ目「推理小説を読む」です。

なぜ推理小説を読むと観察力と洞察力が鍛えられるのかと言いますと、推理小説は事件が起きる所から始まり、最終的には犯人を特定し逮捕するまでを読む事ができますよね。

犯人が誰かわからない状態から読み始めるので最初は犯人が誰か分かりませんね。読み済めていく過程で色々と手がかりが出てきますので、その情報を元に推理していく事になります。

この与えられた情報のみで推理していくのが観察力や洞察力を鍛えるのに良いのです。

②テレビや新聞のニュースを見て本質を考える

観察力や洞察力を鍛える方法2つ目「テレビや新聞のニュースを見て本質を考える」です。

テレビや新聞のニュースには本当の情報に紛れて嘘の情報も混じっている事があります。例えばインターネット上のニュースの中には嘘の情報が紛れている事も多く、それらの中から事実を見つけるのは難しい事です。

本物の情報と嘘の情報を見極めて取捨選択していく必要があります。
そのような情報を見て何が本当で何が嘘なのかを見極める観察力や洞察力の目を鍛える事が出来ます。

今では気軽に情報を見る事ができますので、積極的にニュースを見て観察力や洞察力を鍛えてみましょう。

③美術品や骨董品を鑑賞する

観察力や洞察力を鍛える方法3つ目「美術品や骨董品を鑑賞する」です。

美術品や骨董品を見る事でなぜ観察力や洞察力が鍛えられるのかと言いますと、美術品や骨董品は見たままでは意外と価値が分からない物が多い物です。

その時代の背景が影響して、価値が上がったり、ただの欠けたツボが実は1憶円するものすごく貴重な物だったりします。

表面に見えてこない価値を知る事ができる

例えば、プラモデルでもその時代では500円の物が、現代では販売されていないためとっても価値が上がり10万円の価値が付く事も良くあります。

美術品や骨董品には見た目だけでは判断する事が出来ない価値のある物がたくさんあります。そうした物を見る目を養う事で観察力や洞察力を鍛える事に繋がるのです。

④ネット上の悩み相談の事例を見てみる

観察力や洞察力を鍛える方法4つ目「ネット上の悩み相談の事例を見てみる」です。

ネット上には様々な悩み相談のサイトがあります。悩みを投稿しその悩みを解決するための回答を募集しています。

そのような問題の解決方法を探るのも観察力や洞察力を鍛える事に繋がります。

また他の人の回答を見る事で色々な人の意見や考え方を見る事ができますので、今まで気づかなかった事に気づかされることもあります。

おわりに

いかがでしたか。今回は洞察力と観察力の違いと洞察力と観察力を鍛えるメリットと洞察力を観察力を鍛える方法について解説してきました。

洞察力と観察力は見る事は同じでも、見ている内容に違いがある事とコミニュケーションにとても役に立つ物だという事が分かりましたね。

洞察力と観察力を鍛えるメリットでは人の表情では見抜けない心の内情を推測していく事で慎重な対応をするべきかの判断をするためにとても役に立つ事が分かりました。

また人との話すきっかけを作るための情報収集に洞察力と観察力は活用できる事も分かりましたね。
誰かと仲良くなりたい時に相手を見てどんな物を好きなのか見る時に活用できそうですね。

洞察力も観察力も鍛える方法は様々ありそれらを見て考える事で洞察力も観察力の幅が広げてく事ができます。人とのコミュニケーションで使える洞察力と観察力をあなたも鍛えて活用していきましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ