職場にいる「攻撃的な人」の特徴・心理・対処方法(接し方)

あなたの職場にも攻撃的な人はいませんか。しかも特定の人を狙って攻撃してくる嫌な人いますよね。職場の攻撃的な人は相手を選んで攻撃してきます。今回はそんな攻撃的な人が狙いやすい人と攻撃的な人の特徴と心理と攻撃的な人との付き合い方と対処方法について解説していきます。

職場の攻撃的な人とは”支配欲の強い人”

職場に1人は攻撃的な人っていますよね。例えば入ったばかりの素直な新人をいじめる上司や先輩、嫌ですよね。このような職場にいる攻撃的な人とはどんな人の事を言うのでしょうか。

職場にいる攻撃的な人と言うのは部下や後輩を自分の意のままに操りたい支配欲の強い人の事なんです。

支配欲とは 自分の勢力下に置いて治めておきたいという欲望

支配欲とは自分の勢力に置き治めておきたいという欲望の事です。

職場にいる攻撃的な人はこの支配欲で行動します。部下や後輩を自分の意のままに操りたいのです。逆らう人が居れば怒り、攻撃的になります。こういう攻撃的な人は扱いにくくて困りますね。

職場の攻撃的な人に狙われやすい人の7つの特徴

どうしてか職場で攻撃的な人に狙われやすい人がいます。

そんな人になってしまうと面倒ですね。職場で攻撃的な人に狙われないためには、その職場の攻撃的な人に狙われやすい人の特徴を知る必要があります。

職場の攻撃的な人に狙われやすい人の特徴をまずは解説していきます。

①職場の立場の弱い人

職場の攻撃的な人に狙われやすい人の特徴1つ目「職場の立場が弱い人」です。

職場の立場の弱い人というのは職場に配属されたばかりの新人社員や大人しい従業員の方などが狙われやすいのです。

立場の弱い人は言い返せない

なぜ職場の立場の弱い人が狙われやすいのかと言いますと、立場が弱い人は自身の立場を理解しているので反抗する事がほとんどありません。

反抗したとしても職場の攻撃的な人にはあまり効果がありません。むしろ悪化するので反抗する気も失くすほどです。

それほど職場の攻撃的な人は面倒な相手なのです。そのため反抗をほとんどしない新人社員や大人しい従業員などの職場の立場の弱い人が狙われやすいのです。

②素直な人

職場の攻撃的な人に狙われやすい人の特徴2つ目「素直な人」です。

素直な人がなぜ職場の攻撃的な人に狙われやすいのかと言いますと、素直な人はどんな言葉でも言われた事を素直に受け入れる傾向があります。

素直な人は真に受けてしまう

例え、それが嘘であったり嫌がらせで言われた言葉であっても、言われた言葉をそのまま受け入れてしまいます。また素直な人は反抗をしません。

言われてしまうと自分が悪いと落ち込んでしまうためです。そのため職場の攻撃的な人が狙いやすいタイプなのです。

③職場の友達が少ない人

職場の攻撃的な人に狙われやすい人の特徴3つ目「職場の友達が少ない人」です。

なぜ友達が少ない人が職場の攻撃的な人に狙われやすいのかと言いますと、友達が少ないという事は誰かに相談して庇ってもらったり、守ってもらえる人がいないという事ですね。

集団が苦手な人を狙う

集団で居るのがあまり得意でない人や、大人しく素直な人が多いので職場の攻撃的な人に狙われやすいのです。職場にいる攻撃的な人は反抗してきそうなタイプには攻撃しません。

反撃されるのが本当は怖いのです。そのため職場のこうした人達をいじめる事で自分が優位である事と威厳を示しているのです。

④職場で仲間が少ない人

職場の攻撃的な人に狙われやすい人の特徴4つ目「職場で仲間が少ない人」です。

職場で仲間が少ない人も職場で攻撃的な人に狙われやすいです。職場で仲間がいないという事は1人で居る事が多いので、集団よりも一人の人を狙う職場で攻撃的な人の狙いやすい人ですね。

⑤目立つ人

職場の攻撃的な人に狙われやすい人の特徴5つ目「目立つ人」です。

職場になぜか目立つ人っていますよね。そういう人も攻撃的な人はなぜ攻撃的な人に狙われやすいのでしょうか。

自分より目立つ人が嫌い

職場でなぜか目立つ人というのは、見た目がきれいだったり、可愛い人が多かったりします。見た目は目立つのですが、性格は大人しかったりと目立つタイプの性格ではありません。

それでも見た目がなぜか目立つので攻撃的な人の目に留まってしまうので、自分より目立つ人が許せない攻撃的な人はそうした目立つ人が狙う事があります。

⑥媚びない人

職場の攻撃的な人に狙われやすい人の特徴6つ目「媚びない人」です。

職場で媚びない人が攻撃的な人に狙われやすいのはなぜなのでしょうか。媚びない人というのは人に頼ったり甘えたりしません。

基本的になんでも自分で解決しようとしますので、基本的には1人で行動していることがほとんどです。

思い通りにいかない人は許さない

また攻撃的な上司に対しても反抗的な態度や媚びたりはしませんので、常に中立の立場で居る事が多いです。

皆を自分の思い通りに動かしたい攻撃的な人から狙われてしまいます。

⑦正義感の強い人

職場の攻撃的な人に狙われやすい人の特徴7つ目「正義感の強い人」です。

正義感の強い人がなぜ職場の攻撃的な人に狙われやすいのかといいますと、正義感の強い人は間違った事は間違っていると言ってしまう事があります。

職場の攻撃的な人はこのような行動を反抗だと感じてしまい、過剰に反応し怒り出します。

親切心でも口答え

正義感の強い人はただ、親切心で間違いを指摘しただけであり反抗心で指摘したわけではありません。

しかしそれでも自分の思い通りに人を動かしたい支配欲の強い攻撃的な人は、これは反抗心だと感じてしまい攻撃的になり、執拗に狙い始めるのです。

職場の攻撃的な人の6つの特徴と心理

職場の攻撃的な人の特徴と心理を知れば職場の攻撃的な人をなんとかやり過ごす事ができるかもしれません。ここでは職場の攻撃的な人の特徴と心理を解説していきます。

①自己中心的

職場の攻撃的な人の特徴と心理1つ目は「自己中心的」です。

職場の攻撃的な人は自己中心的な人が多いです。自分の思い通りに物事や人を動かさなくては気が済まない人が多いです。

②いじめたい

職場の攻撃的な人の特徴と心理2つ目「いじめたい」です。

職場の攻撃的な人には人をいじめて楽しんでいる人もいます。弱い物いじめですね。相手がどんなに嫌な事を言われても素直に頑張っている姿を見て、ムカムカしてしまいいじめてしまうのです。

また個人的に気に入らない人に対してもこのような事をしてきます。

③ストレス発散

職場の攻撃的な人の特徴と心理3つ目「ストレス発散」です。

職場の攻撃的な人の中には家庭や会社でストレスをため込んでいる人がいます。そのストレスを部下や後輩にぶつけてストレスを発散しているのです。

家庭でも不仲で上手くいってない

このような攻撃的な人は家庭で妻や夫と不仲だったり、上手くいってない事がストレスになっている場合もあります。

上司の上司も攻撃的な人

また会社では攻撃的な人の上司がさらに攻撃的で威圧的である場合もあり、そのストレスを普段ぶつけられていて、そのはけ口として部下や後輩にあたり散らす事があります。

様々な要因により溜まりに溜まったストレスを立場の低い従業員達で発散しているのです。

④怒りっぽい

職場の攻撃的な人の特徴と心理4つ目「怒りっぽい」です。

職場の攻撃的な人は怒りっぽい人が多いです。ちょっと聞きたい事があって聞いただけなのに、怒り出してしまい話になりません。

こうなってしまっては面倒で誰も質問もできませんね。

⑤神経質

職場の攻撃的な人の特徴と心理5つ目「神経質」です。

職場の攻撃的な人は神経質な人が多いです。神経質とは例えば書類の揃え方にケチをつけたり、
インクが少し掠れただけでケチをつけたり小さな事でも文句を言ってきます。

このような人が上司にいると職場の空気は悪くが息苦しいでしょう。

⑥支配欲の塊

職場の攻撃的な人の特徴と心理6つ目「支配欲の塊」です。

職場の攻撃的な人は支配欲の塊です。自分がまるで殿様の様に部下を扱い、自分に従う部下が多いほど自分が偉いと思い込んでいます。

少しでも口答えすれば部下を使って集団でいじめようとします。

職場の攻撃的な人との4つの付き合い方と対処法

職場の攻撃的な人とどのように付き合っていけば良いのでしょうか。また本当にどうしようもなくなった場合はどうすれば良いのか、その対処法を解説していきます。

①何を言われても聞き流す

攻撃的な人との付き合い方と対処法1つ目「何を言われても聞き流す」です。

攻撃的な人の言葉は直接真に受けてしまうとグサりと刺さりつらい物ですが、聞き流す事ができれば、ただの雑音となります。

言わせるだけ言わせる

攻撃的な人の言葉は所詮、相手をイラッとさせ相手に自分の威厳を示したいだけなので、言わせるだけ言わせておけば良いのです。

相手にして反抗してしまうと、さらに悪化して怒り出してしまい攻撃的になりますので、聞き流すのが無難な対処法です。

②反応しない

攻撃的な人との付き合い方と対処法2つ目「反応しない」です。

攻撃的な人は相手を支配下に置きたいので自分の良いなりにしたいのです。そこで何を言われても反応しない態度を取れば良いのです。

何を言われて無視

何を言われても無視を決め込めば相手は怒り疲れるだけです。しばらくすれば疲れて怒るのも辞めてしまうでしょう。

「あいつは怒っても従わせようとしても無意味だ」と分かってもらえば狙われる事もありません。

③人事や総務部に報告する

攻撃的な人との付き合い方と対処法3つ目「人事や総務部に通報する」です。

攻撃的な人の話を聞き流したり、反応をしないようにしても攻撃をやめてくれない場合は、会社に訴えましょう。

上司が上司として相応しくないと通報

この上司は上司として相応しくないと人事課や総務部に報告しましょう。そうする事で社長など会社の幹部に話が通り、注意してくれることもあります。

上手くいけば会社を辞めさせてくれることもありますので、どうしようもなくなったら人事部や総務部などに報告しましょう。

④労働基準監督署に相談する

攻撃的な人との付き合い方と対処法4つ目「労働基準監督署に相談する」です。

会社に訴えてもどうしようも無い、もう会社辞めようかなと思ったら最後は労働基準監督署に相談してみましょう。

電話やメールでも相談に乗ってくれる

メールや電話でも相談に乗ってくれますし、窓口でも話を聴いてくれます。対応の方法なども相談に乗ってくれるので本当に困ってしまったら相談して見るといいでしょう。

おわりに

いかがでしたか。今回は職場で攻撃的な人に狙われやすい人の特徴と職場で攻撃的な人の特徴と心理と攻撃的な人の付き合い方と対処法について解説してきました。

職場で攻撃的な人は自分より弱い立場や1人を好む人をいじめて自分の支配欲を満たす人だと分かりました。

このような人には家庭や職場で上手くいっていない事が原因でそうなっている事もあります。ある意味可哀想な人なのです。

真面目に相手にしてしまうとこちらの精神がやられてしまいますので素直に受け止めずに聞き流すように対処したり反応を示さない事が大事です。

どうしようもなくなってしまった場合は会社や外部の労働基準監督署に相談して見る事です。もしあなたが攻撃的な人に狙われていて、頑張っているけどつらい立場にいるのなら悩まず誰かに相談する等の対処をしてください。

一人で抱えていてはつらいですから、無理はしないで誰かに助けを求める事も生きるためには必要な事なのです。

誰かに救いを求めるのはカッコ悪い事ではありません。勇気を出して助けを呼んでみましょう。