仕事をサボる人の特徴・対処法・仕事のサボり癖を治す方法

仕事をサボる人許せませんよね。気づくとサボるし、煙草を吸いに行って帰ってこないし。困った人です。サボる人は自覚が無いかもしれません。仕事への責任と仕事へに集中してもらうには厳しい対応をした方が良いかもしれません。今回はそんなサボる人について解説していきます。

仕事をサボる人の特徴6つ

周りの皆は一生懸命仕事に集中しているのにいつも気づくとどっかにサボりに行ってる人っていますよね。そんな仕事をサボる人の特徴を挙げていきます。

①仕事をサボる人の特徴 「自制心が無い」

仕事をサボる人の特徴1つ目は「自制心が無い」です。

例えば職場にネット環境がある会社だと、仕事とは関係のないページをつい開いてしまっている事ってあるものですが、自制心のある人なら仕事中だと思い直して開いたページを閉じますよね。

仕事中にサボる人は自制心が無いので仕事中に関わらず仕事に関係のないページを見続けてしまいます。

このように仕事中にサボるのは仕事中だという自制する意識がしっかり働いていないからサボるんですね。

②仕事をサボる人の特徴 「必要のない残業をする」

仕事をサボる人の特徴2つ目「必要のない残業をする」です。

仕事をサボる人は普段から仕事を定時で終わらせる事ができずに必要のない残業ばかりしてしまいます。なぜ残業をしてしまうのか、普段から仕事をサボりすぎているため必要のない残業までする羽目になってしまうのです。

普段からサボる事さえしていな居なければこのように残業をする事はないのですが、それでも仕事をサボる人は反省する事がなくサボりを続けてしまします。

③仕事をサボる人の特徴 「要領が良いと思い込んでいる」

仕事をサボる人の特徴3つ目「要領が良いと思い込んでいる」です。

仕事をサボる人は自分は要領が良く、うまく仕事が出来ていると思い込んでいます。サボる事も周りにバレていないと思っていますが、実際は周りにもバレてしまっていてあの人は仕事もできないくせにサボるばかりの人と思われています。

周りは見てないようで、実はサボる人の事はしっかりと見られているんですから、もう少ししっかりすべきですよね。

④仕事をサボる人の特徴 「喫煙休憩をサボる口実にしている」

仕事をサボる人の特徴4つ目は「喫煙休憩をサボる口実にしている」です。

仕事をサボる人の中には喫煙する休憩時間として数分程度時間をもらっている人もいます。この喫煙休憩で同じ喫煙休憩をする人と無駄な話をする事があります。

仕事をサボる人はこの喫煙休憩であまりにも話に夢中になりすぎて、喫煙休憩時間を超過してしてしまい周りに迷惑をかけてしまう人もいます。

問いただしても休憩時間を誤魔化す事ばかりでサボる口実にしてしまいます。

喫煙休憩は無駄話をするために与えられている物ではなく、仕事への気持ちの切り替えをしてもらうために与えられているのです。

それをそんな無駄話に利用してもらうのは煙草を吸わない同僚にとってはいい迷惑ですよね。
サボる人はもう少し周りの目を気にしたほうが良いでしょう。

⑤仕事をサボる人の特徴 「トイレ休憩をサボる口実にする」

仕事をサボる人の特徴5つ目「トイレ休憩をサボる口実にする」です。
仕事をサボる人はタバコ休憩を口実にしている人もいれば、トイレ休憩を口実にサボる人もいます。

たしかに生理現象なので我慢できないのは分かりますが、それがあまりに離席する回数が多い場合はおかしいですよね。

戻ってきて問いただしても「トイレに行ってきた」としか答えないので周りもサボる人の話は、聞くだけ無駄と諦めてしまいます。

⑥仕事をサボる人の特徴 「責任感がない」

仕事をサボる人の特徴6つ目「責任感がない」です。これが一番大きな特徴ですね。
仕事をサボる人というのは責任感がまったくありません。

仕事中でもネットで仕事と関係ない物を見たり、タバコ休憩やトイレ休憩を口実にサボる事も責任感の無さのためですね。

仕事をしているという自覚をしっかり持ってくれればいいのですが、そういう人はなかなか自覚もないですし、変わりません。

仕事をサボる人の3つの対処法

仕事をサボる人にはどのように対処すれば良いのでしょうか。ここでは仕事をサボる人に対処する方法を挙げていきます。
 

①仕事をサボる人の対処法 「注意する」

仕事をサボる人の対処法1つ目は「注意する」です。
やはり何よりも本人に自覚を持たせるために注意をするというのが大事です。他の従業員は仕事を頑張っているのに1人だけサボるのは許せませんよね。

本人に「あなたがサボっているのは知っています。これ以上サボるのなら上司に報告しますけどいいですか?」と警告しておくのです。警告をしておく事で少しはサボるのをやめてくれるはずです。

さすがに上司にまで報告されたらかないませんので普通の人ならここでサボるのをやめてくれるはずです。
サボる人には警告の意味を込めて注意しておきましょう。

②仕事をサボる人の対処法 「治らないなら上司に報告し相談する」

仕事をサボる人の対処法2つ目「 治らないなら上司に報告し相談する」です。

注意をしてもサボる癖が治らないのなら上司に報告して相談しましょう。そして上司に直接注意をさせるようにしましょう。そうすればさすがにどんな人でもサボるのはやめてくれるはずです。

注意してどうしても治らない人には上司に報告して相談し注意するなりの対処をしてもらいましょう。

③仕事をサボる人の対処法 「離席時間を記録しておく」

仕事をサボる人の対処法3つ目「離席時間を記録しておく」です。

サボる人は自分がサボっているという自覚が無いのです。他の従業員が忙しく働いているのにかかわらず空気を読まずにサボるというのは許せませんよね。

そこで対策としてサボる人がどれだけサボっているのかを記録しておくのです。具体的にはサボる人が居なくなった時間やサボった時間が何分だったか戻りは何分だったか等細かく書いておくといいでしょう。

サボり癖を治す3つの方法

ここからはサボり癖を治す方法を挙げていきます。

①自分で自分を監視する

サボり癖を治す方法1つ目「自分で自分を監視する」です。
サボり癖がある人は自分自身がでどれくらいサボってしまっているのか自覚が無いので、それを把握するために離席する時間を自分で記録しておくと良いでしょう。

トイレに行くときも水分補給をするにもタバコ休憩をするにも、自分が離れる時にメモに「何時何分離席」とメモしておき、戻って来てからもメモに記録しておくようにしましょう。

このように数値化しておく事で自分がいつもどれくらいサボってしまっているのかが自分で認識できるようになります。そうする事で自覚を持つようになりサボる癖がなくなるのです。

②離席する時は申告する

サボり癖を治す方法2つ目「離席する時は申告する」です。

サボり癖のある人はいつの間にかサボっている場合が多いものです。
それは誰も見ていないから少しくらいなら大丈夫だろうという気持ちがあるからです。周りの監視を強化させるためにもサボる人のためにも、自己申告して離席をするようにした方が良いでしょう。

そうする事で周りから見られているからサボれないから早めに戻ってくれるようになります。

③タバコ休憩の時間を減らしてもらう

サボり癖を治す方法2つ目は「タバコ休憩の時間を減らしてもらう」です。

サボり癖のある人は口実を理由にサボる事があります。特にタバコ休憩やトイレ休憩などを利用してサボる人がいます。

さすがにトイレ休憩は生理現象ですし、それを行くなとは言えませんね。タバコはせめて我慢してもらい、お昼休憩か仕事外で吸ってもらう方が良いでしょう。

タバコ休憩の時間を減らせば、その分仕事に集中してもらえますし、仕事への責任と自覚が持てるはずです。

多少厳しいかもしれませんが、サボる口実を作ってしまう事でサボっていまうのがサボる人なので厳しく対応していきましょう。

おわりに

いかがでしたか。今回はサボる人の特徴と対策とサボり癖を治す方法を解説してきました。

サボる人は仕事に対する責任感が掛けているため、様々な口実や理由を付けてはサボろうとします。そんなサボる人には注意をしたり上司に報告したり、上司から直接注意をしてもらったり等厳しい対応を取ってもらう事が必要だとわかりました。

サボる人は自分でサボっている自覚が無いので自覚を促し、変わってもらうには厳しい態度で接する事で変わってくれるはずです。

いくらサボりたいと思っていても周りの皆からの不満を聞いたり上司に注意されてしまったらサボる気もなくなるでしょうから、根気よく対応する事が大事でしょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ