職場の「同期・同僚」が嫌いなときの対処方法|辞める・転職・上手に付き会う

もしあなたが職場の同僚や同期を嫌いな場合どうしますか?会社を辞めてしまう,転職をする…と言う選択肢もありますが、嫌いな同僚や同期でも、接し方や対処法考えて上手に付き合うにはいろんな方法があります。あなたに合った方法はどれでしょうか?是非参考になさってください。

職場の「同期・同僚」が嫌い…そんな事ありますよね

「もう会社に行きたくない」「あの人のことを考えるだけでなぜかむかつく」
こんな状況ありますよね。そんな時は転職してしまうのも一つの方法です。
しかし、どこの職場にもそりが合わないひとはいるものです。
自分の気分的な物など、一時的な物であったり、セクハラやパワハラなどの嫌がらせをされた、等々、嫌いになる理由も色々あると思います。でも、嫌いな人は一人だけで、他の人とはとっても良い関係…などと言う事もありますよね。
辞める前に何か状況が変えられないか、試してみるのも悪くないですよ。
辞めるのは簡単ですが職場を変えずに何か出来る事がないか対処方法について考えてみましょう。

同期・同僚が嫌い。対処方法その1…仲良くなれないか考えてみる

日々のあいさつを笑顔で

朝の「おはようございます」、帰宅の時の「お疲れ様でした」、何か依頼する時の「宜しくお願いします。」感謝の「ありがとうございます。」など、基本の挨拶をしっかりと行う事って意外と大切です。
笑顔で相手に接する事で、自分も相手も気持ち良く過ごす事ができるので、気持ちや関係改善に役立つ事も少なくありません。

共通の話題をふってみる

年代や性別が同じであったり、好きなことや趣味が共通であったり した場合、その話題をこちらから振ってみましょう。
子育ての悩みを話してみたら、意外にも同じ悩みを持っていたり、子供の頃に好きだったアニメが一緒だった…なと、共通の話題が見つかり、関係が改善するかもしれません。

相手の良い所を探してみる

どんな人でも何かしら良いところがあるものです。その人の仕事ぶりや日頃の行動などでいいなと思うところがないか探してみましょう。もし可能であれば相手に感謝の言葉を述べるのもいいですね。褒められたり感謝されたりして悪い気持ちになる人はいません。相手との関係も改善するかもしれません。

共通の事に取り組んでみる

例えば社内のプロジェクトや役割分担などあった場合同じ集団に属してみるのもいいと思います。
いわば、同じ目的に向かう、戦友になってしまう事ですね。目標を達成する中で、気持ちが通じ合い、仲良くなれてしまう可能性があります。

同期・同僚が嫌い。対処方法その2…話合ってみる

理由が相手の行動にある場合や過去のトラブルにある場合はこの方法が有効でしょう。
もし、自分で考えても理由が思い浮かばない、また、周りの同僚に聞いてもどうしてなのかわからない…などといった場合もあるでしょう。そういう時はあれこれ思い悩むよりも思い切って直接相手に聞いてしまうというのも一つの方法です。
嫌いな人や苦手な人に対しては意外とほとんど口をきかないということもあります。
直接面と向かって話してみると、意外な本音が分かったりすることがあり、事態が好転することもあるかもしれません。
もし、ご自分のことを振り返ってみて「そういえばあの人とちゃんと話したことなかったなあ」…と思い当たるのであれば、一度話をしてみるのも良いかもしれませんね。
話し合うきっかけやタイミングが分からない場合は周りの同僚や友人などに助けを求めるなどして、場所や時間をセッティングしてもらうのも良い方法だと思います。

同期・同僚が嫌い。対処方法その3…受け入れる

嫌いな理由のいかんを問わず、「そういう人だからしょうがない」…と受け入れる方法です。
憎めないキャラの人に対し「しょうがない、まいっか、そういう人だしな…」…などと考えることがありますよね。そんな場合はストレスに感じることはないはずです。

同期・同僚が嫌い。対処方法その4…逆に考えて見る

それでもストレスがたまってしまったら… どうしましょうか?
そういう場合は、思い切って別の考え方をしてみるのもありだと思います。
以前テレビでみたのOLさんの話なのですが、その人の職場は会社のクレーム対応をする部署。
毎日毎日朝から晩まで、お客様のクレーム八橋を浴びる日々…周りの同僚はどんどん辞めていったり、体調を崩していきました。
でもその ol さんはある日考え方をガラッと変えてみたそうです。
クレームに対応するのは仕方のないことなら、今日はどんなクレームがあったか、と点数を付けてみようと考えたそうです。
その結果、職場でのストレスが減っただけでなく、書籍を出版したり、マスコミに取り上げられる事にもなりました。仕事として臨むのではなく、一種のゲームとしてとらえ、楽しんで臨んだんですね。

同期・同僚が嫌い。対処方法その5…気晴らしをする

いろいろやってみても、上手くいかない場合は、時に気晴らしも必要です。
「なんか、疲れてる」「あの人の事を考えるのも面倒…」などと考え始めた場合は赤信号です。飲みにいったり、カラオケをしたり、趣味に没頭したり、お買いものをしたり美味しいものをたべて自分にご褒美を上げてもいいでしょう。
リフレッシュすることで、また、嫌いな同期同僚にもしっかり向き合うことができると思います。

同期・同僚が嫌い。対処方法その6…いる場所を変える

いる場所を変える…と言っても、退職、転職の事ではありません。
他の部署や営業所などへの異動をするなど、嫌な人といる場所を物理的に距離を置く方法です。
育児などでストレスがたまった時に子供から離れて、距離を置くことで気持ちをクールダウンさせたりするのと同じ考え方です。
他に異動する部署が無い場合や、小さい会社の場合、席替えするだけでもいいかもしれません。
期末や年末前などのタイミングの良い時に提案や依頼をしてみてはどうでしょうか?

同期・同僚が嫌い。対処方法その7…お客様と思って接する

どんな嫌な人であっても、相手のお客様の立場であれば、笑顔で接することができますよね。
仕事やビジネスと割り切って必要な対象淡々とすることができます。
そしてアパート嫌な感情を引きずるというようなことも少ないと思います。
嫌な同期や同僚に対しても、同じスタンスで接してみてはどうでしょうか。
職場は仕事をしに行く所です。なかよしの友達を作る場所ではないので仕事と割り切って接する様にしてみましょう。ストレスに感じることがぐっと少なくなるはずですよ。
ただし注意点が一つあります。できない理不尽な対応を求められた場合はパリとできない旨を伝えるということです。

同期・同僚が嫌い。対処方法その8…転職してしまう

いろいろ対応を変えてみたけれどもダメ。物理的に距離を置いてみたけれどダメ。
…などという状況になってしまった場合は転職をしてしまうのも一つの方法です。
しっかりと仕事ができないという状況では、自分のキャリア形成の面においてもよくありません。
もし転職を決意した場合は、ハローワークや転職サイトへ登録への登録をするなどの事を
在職中からを行いましょう。 可能であれば修理にそれとなく話をしておくことも良いでしょう。また、転職をする場合は1か月前までの告知が必要なのでその点も忘れずに。
転職に際しては、新しい職場の雰囲気もうチェックも大切ですね。
会社の雰囲気などの口コミを投稿しているサイトもあります。
面接の際に雰囲気が和やかどうかを見ておくのもいいでしょうね。

思い切って転職するのも一つの手

転職なら満足度No.1のDODAがおすすめです。

まずは無料会員登録から!

同期・同僚が嫌い。対処方法その9…辞める

もし転職のことを考える以前に、どうしても会社に行くのが辛くなってしまったり、体調崩してしまった場合は、会社を辞めてストレスがかかる場所から離れる必要があります。
体調を崩すということは知らず知らずのうちに進行していることが多いものです。
日頃から 体調のチェックをしておくことが大切です。

辞め時の判断

ストレスが溜まった場合は本人が知らず知らずの内に体に反応が出てくるものです。
アナタが我慢強い、真面目な性格だった場合は、ストレスを気付かないうちにため込む危険性があります。
「夜なかなか寝付けなくなった」「寝てもすぐに目覚めてしまう」「長時間眠ったり充実の後でも疲れが取れない」「食べ物が美味しく感じない」「趣味が楽しくなくなった」
…などの自覚症状のほか、家族や同僚からの「最近疲れてない」と言った言葉であったり、しばらくぶりに会った友人知人からの「大丈夫?」といった反応であったり、 といった他人からの指摘も判断材料の一つとなります。
そういった場合は、社内医が居れば、カウンセリングなどを受けてみる、メンタルクリニックを受診してみるなど、専門の意見を聞く事が重要です。薬を服用する事でストレスと対処しながら進める事が出来ます。

同期・同僚が嫌い。でも、やってはいけない事

同僚や同期の人が嫌いでも、社会の縮図である会社では、やってはいけない事があります。
日常、良く有りがちな事なんですが、やってしまうと、トラブルや後悔の原因になる事もあります。

嫌いな事や嫌な状況を、ただひたすら耐える

こんなことでプレッシャーを感じるのは自分が悪いからだ、自分が弱いからだ。
などと考え、嫌なことをただひたすら耐えるということはしてはいけません。体調を崩す元にもなりかねません。特に、周りに相談相手がいない場合は注意が必要です。

同期や同僚の悪い噂を流す

相手の人が嫌いだからといって丸口屋悪い噂おしゃべりまくるということも行ってはいけないことです.思わぬところで自分の評価評判が悪くなったり,まわりまわって帰ってくる事にもなりかねません.

同期・同僚を完全に無視をする 

嫌な相手を完全に無視する…ということは、一見良い対処のように見えたりやりがちなったりしますが、会社という組織の中ではあまりすべきことではありません。
相手を完全に無視するという不自然な対応は、不穏な空気がまわりにも伝染します。ぴりぴりとした雰囲気になりかねません。お客様やたまにしか来ない人がが来た時、悪い雰囲気をさとられてしまいますよ。

職場の「同期・同僚」が嫌いなときの対処方法、まとめ

世の中、嫌いな人が出てくるのは、どうしてもしょうがない事だと思います。
会社はお金をもらいにくる所です。学校や家庭とは違います。周りの人に与える影響を考えて行動しなくてはなりません。
どこへ行っても嫌な人やそりの合わない人は居るものです。
また、一方会社という場所は尊敬したり、真似したいと思う人に出会う事ができる場所でもあります。すぐにその場所から去るという決断をする前に、まずは何かできることがないかよく考えてみましょう。
同期や同僚が嫌いだと気付いてしまったあなた。それはかえってラッキーな事かもしれません。
嫌いなものがはっきりとしていれば、避ける、上手くやっていくなど、対策を考える事が出来ます。
周りの人や会社に支援を頼む事もできるでしょう。嫌な環境を糧として自分の成長のことすらできるかもしれません。
後々後悔することのないよう、 周りの人のサポートも受けつつ頑張ってくださいね。