エンジニアが転職して年収アップした事例

エンジニアが転職して年収アップした事例

こんにちは!サトゥです!

社会人として働いていると、誰もが1度は考えるであろう「転職」。自分の理想により近い待遇や職場の環境、業務内容などで働く為に、転職を検討する方は少なくないと思います。

しかし、転職を考えると同時に不安になるのは、収入面ではないでしょうか。中途半端な年齢やキャリアで転職して、年収が上がる可能性はあるのかどうか、心配に思いなかなか転職に踏み切れないという方も、いらっしゃると思います。

今回は、エンジニアが転職をして、年収アップした事例や体験談をご紹介していきます。今、転職を検討しているエンジニアの方は、どうすれば転職による年収アップが実現できるのか、ぜひ参考にしてみて下さいね!

転職後の給与に満足しているエンジニアはどれくらいいるのか?

まずは、転職によって年収や給与がアップしたエンジニアは、どれくらいいるのか見ていきましょう。

「Tech総研(※1)」が転職したエンジニア300人を対象に行ったアンケートによると、転職後に年収がアップしたエンジニアは、全体の62%だったそうです。また、転職後の年収に満足している割合は、「とても満足している」が14.7%、「やや満足している」が32.3%でした。47%の人が、転職によって満足できる年収が得られるようになったと考えられます。

では、転職によって年収が増えた62%のエンジニアの事例を見ていきましょう。

年収90万円アップ!Aさんの事例

インフラシステム保守企業で、基盤設計の業務に従事していたAさんは、33歳の時に転職を決意しました。

Aさんが転職を決意した理由は、自社サービスを支える、基盤エンジニアになりたいという夢を叶える為。しかし、職務経歴書の書き方や、web企業に関する情報不足により、最初は戸惑いも多かったそうです。

Aさんは、転職活動中、自分の強みや経験を明確に伝えることを心掛けたようです。また、職務経歴書などに、前職で苦労したことやそこから学んだことなどを、事細かく説明するようにしたのだとか。更に、転職してから、どのような形で起業に貢献できるか、具体的なエピソードなどを交えて説明したそうです。

その結果、Aさんは大手webサービス企業の、基盤エンジニアへの転職に成功しました。転職前は510万円だった年収も、転職後は600万円へと大幅にアップ。目的としていた職種で、年収アップを果たすという、理想的な転職となりました。

転職で年収が2倍になったBさん

35歳のエンジニア・Bさんは、転職により年収が2倍になりました。高い技術力を持ったエンジニアのBさんですが、転職前は年収が350万円だったそうです。

Bさんはまず、スキルの適性市場などをリサーチし、当時の自分の給与が、いかに市場からかけ離れたものなのか、認識するところからスタートしました。そして、自分のスキルやキャリア、経験が正当に評価されていないことを知り、転職を決意したそうです。

もともと、Bさんは高い技術力を持っているエンジニアだった為、転職後は年収が700万円にまで大幅アップ。前職の年収である350万円の2倍の年収です

このように、転職により自分のスキルや働きに対する評価が正当なものになることで、年収がアップする例もあります。

転職で年収アップは可能

転職により年収がアップしたエンジニアの割合や、転職で年収アップに成功したエンジニアの体験談を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

上記の数字や体験談の内容から、転職による年収アップは、決して無理なことではないと言えます。エンジニアが転職で年収アップする為には、自分の魅力やスキル、長所などを正しく理解すること、またそのスキルを正当に評価してもらえる企業へ転職することが大切です

現在、転職を検討しているエンジニアの方々は、ぜひ上記の内容を参考にして、転職で年収アップすることを実現して下さいね!

[参考資料]
※1「Tech総研