【Pythonで何がしたい?】Python入門5週間カリキュラム

【Pythonで何がしたい?】Python入門5週間カリキュラム

幅広い分野で使われているプログラミング言語「Python」。直感的にコーディングができ、科学的な計算や最近注目を浴びる機械学習で利用できるライブラリが豊富という特徴があります。そのため、学習しようと考えている方は多いのではないでしょうか。

今回はPythonを習得するための入門カリキュラムをご紹介していきます。プログラミング初心者の方も、既に他の言語を習得しているという方も、Pythonを基礎からしっかりマスターして、充実したアプリケーション開発ライフをスタートしましょう。

基礎から学べる!Python3ステップ入門カリキュラム

それでは早速、python入門におすすめのチュートリアルサイトをご紹介してきます。

【ステップ1】ドットインストール Python入門



対象者:プログラミング初心者
時間:2日間
スタート:Pythonとはなにか?
ゴール:Pythonの基礎知識の習得、Pythonを使ったアプリケーションの開発・実行
プログラミング言語の入門チュートリアルでおなじみ、「ドットインストール」の入門チュートリアルサイトです。「Pythonとは何か」という概念から学べるので、Pythonがどんなものか簡単に理解するのにおすすめで、入門にはうってつけのチュートリアルです。後半は、知識だけではなく、実際にPythonの基本文法を打ち込む実践的な内容となっています。その為、Pythonでどんなことができるのか、体験できますよ。このチュートリアルを通して、まずはPythonに触れてみましょう。

【ステップ2】Pythonチュートリアル



対象者:プログラミング初心者~他言語習得者
時間:3週間
スタート:インタプリタの起動
ゴール:仮想環境の作成・パッケージの管理、対話モード、エラーの処理など
Pythonが公開している、公式チュートリアルの日本語版です。インタプリタの起動などの初歩的なことからスタートして、基本文法の解説などが細かく学べるので、Python入門なら一度は目を通しておきたい内容です。ステップ1で学んだことと照らし合わせながら読むことをおすすめします。

このチュートリアルを1周すると、仮想パッケージに関する技術や、エラーの処理などが習得できます。Python入門卒業へ向けたステップアップとして、丁度良いレベルと言えますね。Pythonについてより細かく学んで、このプログラミング言語を使ってどんなものを作りたいか、イメージを具体的にしていきましょう。

【ステップ3】Pythonの入門から応用までの学習サイト


対象者:プログラミング初心者~Python習得者
時間:2週間
スタート:Pythonとは
ゴール:暗号化、ファイルの読み書き、スレッドの管理・作成など
Pythonとは?で始まる入門編から、Pythonを使ってさまざまな操作を行う応用編まで、幅広いレベルに対応している入門チュートリアルです。「入門編」と「応用編」というカテゴリがあり、コードの種類や項目別に細かくページが分類されているので、レベルや目的に合った内容だけを効率的に学ぶことができる構成となっています。

このステップで注目したいのは、応用編です。これまで学んできた基本知識や技術の再復習として、応用編に挑戦しましょう。基礎は多いので思い出しながらPythonの知識を定着させます。応用編の内容が理解でき、問題なく実践することができたら、Python基礎知識は身についたでしょう。

終わりに

今回は、Python入門におすすめの3つのチュートリアルをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?シンプルな構造のPythonは、プログラミング初心者にとっても、他プログラミング言語を既に習得している方にとっても、学びやすいものだったと思います。

カリキュラムを通してPythonの基本を習得したら、学んだことをいかしてアプリケーションなどを作成してみましょう。もし、どんなものを作りたいか、まだ具体的なイメージがわかないようなら、再びチュートリアルなどを活用して、Pythonを見直してみることをおすすめします。Pythonでできることに注目しながら復習することで、自分が目指しているものが、より鮮明になっていきますよ。Pythonを使って、効率的かつハイクオリティなアプリケーション開発を、ぜひ体験してみて下さい。

幅広い分野で使われているプログラミング言語「Python」。直感的にコーディングができ、科学的な計算や最近注目を浴びる機械学習で利用できるライブラリが豊富という特徴があります。そのため、学習しようと考えている方は多いのではないでしょうか。

今回はPythonを習得するための入門カリキュラムをご紹介していきます。プログラミング初心者の方も、既に他の言語を習得しているという方も、Pythonを基礎からしっかりマスターして、充実したアプリケーション開発ライフをスタートしましょう。

基礎から学べる!Python3ステップ入門カリキュラム

それでは早速、python入門におすすめのチュートリアルサイトをご紹介してきます。

【ステップ1】ドットインストール Python入門

【Python入門カリキュラム】 ドットインストール

サイトリンク:「ドットインストール Python入門

  • 対象者:プログラミング初心者
  • 時間:2日間
  • スタート:Pythonとはなにか?
  • ゴール:Pythonの基礎知識の習得、Pythonを使ったアプリケーションの開発・実行

プログラミング言語の入門チュートリアルでおなじみ、「ドットインストール」の入門チュートリアルサイトです。「Pythonとは何か」という概念から学べるので、Pythonがどんなものか簡単に理解するのにおすすめで、入門にはうってつけのチュートリアルです。後半は、知識だけではなく、実際にPythonの基本文法を打ち込む実践的な内容となっています。その為、Pythonでどんなことができるのか、体験できますよ。このチュートリアルを通して、まずはPythonに触れてみましょう。

【ステップ2】Pythonチュートリアル

python入門

サイトリンク:「Pythonチュートリアル

  • 対象者:プログラミング初心者~他言語習得者
  • 時間:3週間
  • スタート:インタプリタの起動
  • ゴール:仮想環境の作成・パッケージの管理、対話モード、エラーの処理など

Pythonが公開している、公式チュートリアルの日本語版です。インタプリタの起動などの初歩的なことからスタートして、基本文法の解説などが細かく学べるので、Python入門なら一度は目を通しておきたい内容です。ステップ1で学んだことと照らし合わせながら読むことをおすすめします。

このチュートリアルを1周すると、仮想パッケージに関する技術や、エラーの処理などが習得できます。Python入門卒業へ向けたステップアップとして、丁度良いレベルと言えますね。Pythonについてより細かく学んで、このプログラミング言語を使ってどんなものを作りたいか、イメージを具体的にしていきましょう。

【ステップ3】Pythonの入門から応用までの学習サイト

【Python入門カリキュラム】Python入門から応用までの学習サイト

サイトリンク:「Pythonの入門から応用までの学習サイト

  • 対象者:プログラミング初心者~Python習得者
  • 時間:2週間
  • スタート:Pythonとは
  • ゴール:暗号化、ファイルの読み書き、スレッドの管理・作成など

Pythonとは?で始まる入門編から、Pythonを使ってさまざまな操作を行う応用編まで、幅広いレベルに対応している入門チュートリアルです。「入門編」と「応用編」というカテゴリがあり、コードの種類や項目別に細かくページが分類されているので、レベルや目的に合った内容だけを効率的に学ぶことができる構成となっています。

このステップで注目したいのは、応用編です。これまで学んできた基本知識や技術の再復習として、応用編に挑戦しましょう。基礎は多いので思い出しながらPythonの知識を定着させます。応用編の内容が理解でき、問題なく実践することができたら、Python基礎知識は身についたでしょう。

終わりに

今回は、Python入門におすすめの3つのチュートリアルをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?シンプルな構造のPythonは、プログラミング初心者にとっても、他プログラミング言語を既に習得している方にとっても、学びやすいものだったと思います。

カリキュラムを通してPythonの基本を習得したら、学んだことをいかしてアプリケーションなどを作成してみましょう。もし、どんなものを作りたいか、まだ具体的なイメージがわかないようなら、再びチュートリアルなどを活用して、Pythonを見直してみることをおすすめします。Pythonでできることに注目しながら復習することで、自分が目指しているものが、より鮮明になっていきますよ。Pythonを使って、効率的かつハイクオリティなアプリケーション開発を、ぜひ体験してみて下さい。