IoT入門資料スライドまとめ|初心者でも学べる教材

IoTの市場規模は、現在著しい成長を遂げています。国内外で更に大きな市場規模になると、さまざまな企業が予測しています。IoTの市場規模は、現在著しい成長を遂げています。2020年には。国内外で更に大きな市場規模になると、さまざまな企業が予測しています。

IoT入門資料まとめ 

それでは、IoTの入門におすすめの資料を、難易度や段階別にご紹介していきます。自分のレベルや実力に合ったステップから始めると、スムーズに学べますよ。

入門編:IoTとは何かを知る

まずは、IoTがどのようなものか、考え方や使用例などを通して学んでいきましょう。

IoTとは何か?という疑問をすっきり解決してくれるスライドです。ざっくりとした内容ですが、事例なども紹介されているので、このスライドに目を通すことで、IoTがどのようなものか、イメージしやすくなると思います。

IoTがどのようなものか、イメージをより具体的にしていくには、さまざまな事例に触れる必要があります。このスライドでは、ビジネスや生活面で利用されているIoTの事例が詳しく紹介されています。「これもIoT!?」と、IoTに対するイメージが大きく覆ったり、世界観が広がったりするかもしれませんね。

応用編:IoTを使う方法を学ぶ

IoTがどのようなものか理解できたら、今度は自分でIoTを使っていく方法を学んでいきましょう。

IoTをどのようにいかしていくべきかが説明されているスライドです。活用事例から一歩踏み込んだ、IoTを自分で活用していく場合のヒントがたくさん掲載されています。このスライドを通して、自分が目指すIoTの方向性を決めましょう。

先程のスライドで、IoTを生活やビジネスにいかしていく方法やイメージをつかんだら、このスライドで、IoTを使って何がしたいのか、どのようなものを作成したいのか、イメージを具体的にしていきましょう。

実践編:実際にIoTを活用した作品を作成する

IoTをどのような方向へ活用していきいたいか、具体的なイメージが決定したら、実践に挑戦しましょう。

IoTを活用したアプリを作成する

加速度センサーと位置情報を取得し、クラウドにその情報を保存することができる、スマートフォンアプリを作成しりハンズオン系のスライドです。2つのスライドで1つのアプリを作成する形になっています。

お経アプリの作成

スマートフォンでお経を再生するアプリを開発する、実践系のチュートリアルです。チュートリアルは、説明がとても細かく分かりやすいので、IoTやアプリ開発初心者でも、コツコツやっていけばアプリを開発できるでしょう。また、思わずクスッと笑ってしまいそうになる部分が所々にあるので、気軽に楽しくIoTの実践を経験することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?IoTというと、あまりにも活用範囲が幅広く、事例も多い為、なかなかイメージをつかみにくいかもしれませんね。しかし、一度学べば、その便利さや将来性が実感できるでしょう。

この先、社会におけるIoTの市場規模や価値、需要は、更に高まっていくと思われます。今のうちに、さまざまなシーンでIoTに触れ、また自分からIoTに関するアプリやシステムを開発しておくことで、将来の大きな投資になるのではないでしょうか。