プログラマーにはどんな才能が必要?

IT系の職業の中では、特に「プログラマー」は、才能が必要な職業だと言われています。本当に、プログラマーは才能がないとやっていけない職業なのでしょうか?また、どのような才能が求められるのでしょうか?今回は、プログラマーに才能は必要かどうか、ご紹介していきます。

プログラマーに才能は必要?努力で何とかなる?

今回は、プログラマーという職業の特徴や業務内容などから、どのような才能やスキルが求められるか、またどんな性格の人が向いているのかを考察していきます。

現在、プログラマーとして働いている方は、改めてプログラマーという職業と向き合ってみてはいかがでしょうか?また、プログラマーへの転職を検討している方は、自分がプログラマーとしてやっていけるか、判断材料として参考にしてみて下さいね。

業務内容から考える

まずは、プログラマーの業務内容から、どのような才能や能力が求められるか、考察していきます。

プログラマーの業務内容は、企業やチームによって異なりますが、大きく分けると2種類あります。1つは、システムエンジニアの指示や設計書に従って、プログラムを組み立てていく「プログラミング」です。もう1つは、自分が作成したプログラムにミスや誤作動、バグなどがないか確認する「テスト」。もしここで何か問題が発見されれば、その原因を考え、完璧に作動するまで修正や改善を重ねていきます。

このような業務内容から、プログラマーには、「物事を深く追究する才能」「新しいことに積極的に挑戦する好奇心」が必要だと考えられます。物事を理論的に見たり、徹底的に追究することを苦に思わない才能がなければ、バグの修正や改善をすることを苦痛に感じてしまうかもしれません。

また、プログラマーは、「いつもはこうしているものを、こんな風にしてみたらどうなるだろう?」と、新しい物事に積極的に挑戦していく姿勢を求められます。プログラマーが新しい技術を試したり、それまでの規則に縛られずに行動したりすることで、より新しい技術が開発されることもあるのです。慎重さは社会人として大切ですが、プログラマーの場合は保守的な方よりも、好奇心旺盛な方の方が向いていると言えるでしょう。

採用者の目線から考える

企業がプログラマーを採用する際、どのような基準で合否を判断しているのでしょうか。就活生や転職企業者の合否の判断は、応募者の学歴や経歴、面接での言動などの影響が大きい為、必ずしもプログラマーの適性だけで内定が決まるものではありません。しかし、企業側も、いくつかの基準をもとに、応募者にプログラマーの才能があるかどうか判断しているそうです。

例えば、「柔軟な思考の持ち主かどうか」も才能の有無の判断材料として使われています。分岐点に訪れた時、さまざまな可能性を考えられる人の方が、プログラマーの才能があると考えている企業も少なくないようです。「こんなことは絶対にありえない」と最初から結論付けてしまうタイプの人は、予想外のバグやエラーへの対応能力が低いと考えられています。反対に、あらゆる可能性を考えながらプログラミングすることができる人は、どんな事態にも対応できる可能性が高い為、プログラマーとしての素質がある人として評価されやすいのだそうです。

他にも、「ポイントを絞った簡潔な説明ができるか」「すっきりと短いプログラミングが書けるか」「誤字脱字やミスに気付くことができる人か」といった基準から、企業は応募者のプログラマーとしての才能や適性を判断しているそうです。

プログラマーの才能がない人の特徴から考える

では、反対にプログラマーの才能がない人、プログラマーに不向きな人は、どのような特徴を持っているのでしょうか。プログラマーに不向きな方の特徴は、以下のようになっています。

デスクワークが苦手
規則的な生活を希望している
これらの特徴がある方は、プログラマーに不向きと言われています。プログラマーは、ずっとパソコンを使ってプログラミングをすることが多いので、デスクワークや長時間のパソコンを使った作業が苦手な方には、辛い職業かもしれません。プログラマーは、長時間労働や休日出勤になりやすい職業です。納期や締め切りを最優先にして動くことが多いので、スケジュール次第では急に出勤や残業が入るということも、少なくないのです。

つまり、反対にパソコンを使って黙々と作業をすることが好きな方や、急なスケジュールにも臨機応変に対応できる方は、プログラマーとして働く才能や適性があるかもしれないというわけです。

自分の性格とプログラマーの特性を理解しよう

いかがでしたでしょうか?プログラマーは、才能がなければ絶対に就くことができない職業ではありませんが、才能や適性がない方が働くと、辛いと感じる職業かもしれませんね。もし、プログラマーとしてこの先も生きていくか、もしくはこれからプログラマーになろうか考えているという方がいらっしゃったら、自分の性格とプログラマーという職業の特徴を理解し、向き合ってみることをおすすめします。