CSSリファレンスサイト|入門・開発で躓いたらここを見よう!

CSSリファレンスサイト|入門・開発で躓いたらここを見よう!

こんにちは、サトゥです!

webサイトなどを制作していて、分からないところがあり、躓いてしまった経験がある方は、少なくないと思います。躓いてしまう原因は、シチュエーションや場面によってさまざまだと思いますが、HTMLやCSSがよく分からなくて行き詰ってしまったという場合も、多いのではないでしょうか。

今回は、そんな時におすすめの、CSSリファレンスサイトをご紹介していきます。現在、CSSの作業で何かお困りの方や、学習で行き詰っているという方は、ぜひ参考にしてみて下さいね!

CSSリファレンスサイト5選

リファレンスサイトと言っても、形式やレイアウトはさまざま。辞書として使えるような形式のサイトがメジャーではありますが、その他にも便利な形式やレイアウトのサイトはたくさん存在します。

今回は、さまざまな形式や難易度のCSSリファレンスサイトをご紹介していくので、自分の好みに合っているものや、状況にフィットしているものを探してみて下さいね。

CSSリファレンスサイト1.擬人化CSSリファレンスサイト

【躓いた時に使う!CSSリファレンスサイト】擬人化CSSリファレンス

サイトリンク:「擬人化CSSリファレンスサイト

CSSのコードやプロパティを、人間に例えてキャラクター化するという、全く新しいタイプのリファレンスサイトです。個性豊かな各キャラクターが、それぞれ該当するプロパティやコードの説明をしていく設定になっているので、コードの名前や効果を覚えやすそうです。楽しそうな雰囲気のサイトですが、解説は真面目で、サンプルコードなども豊富に掲載されているので、疑問解消はしっかりできるようになっています。CSSとはどんなものかという概念や書き方についても説明されているので、初心者の学習用サイトとして使うのも、おすすめです。

CSSリファレンスサイト2.Qiita

【躓いた時に使う!CSSリファレンスサイト】Qiita プログラマの技術情報共有サービス

サイトリンク:「Qiita

プログラマーやエンジニアの為の、情報の発信・収集が可能なサイトです。CSSに限らず、ITに関する情報を幅広く取り扱っていますが、検索機能があるので、CSSに関する記事だけを絞り込むことが可能。CSSの学習方法やチュートリアルなどの情報も含まれているので、CSSの知識・技術の向上ができなくて行き詰まっている時や、学習方法で悩んでいる時におすすめです。思いがけない解決方法が見つかるかもしれませんよ!

CSSリファレンスサイト3.スタック・オーバーフロー

【躓いた時に使う!CSSリファレンスサイト】スタック・オーバーフロー

サイトリンク:「スタック・オーバーフロー

ITやプログラミングに関する内容専門の、質問サイトです。分からない部分や問題点を、誰でも質問できるので、ピンポイントで解決したい内容がある時におすすめ!CSSだけを取り扱っているサイトではありませんが、検索機能に気になるキーワードを入力して調べれば、情報を絞り込むことができます。過去の質問・回答に、自分の疑問点や問題点を解決する鍵があるかもしれません。また、どうしても求めているような回答が見当たらなければ、自分で質問してみれば良いのです。仕事や作業の疑問解消だけでなく、CSSの学習のヒントとしても使えそうですね。

CSSリファレンスサイト4.HTMLクイックリファレンス CSS3リファレンス

【躓いた時に使う!CSSリファレンスサイト】CSS3リファレンス

サイトリンク:「HTMLクイックリファレンス CSS3リファレンス

CSS3に対応したリファレンスサイト。辞書のようなタイプのサイトで、目的別に調べられるようになっています。各ページには、解説とサンプルコードが掲載されているので、CSS初心者や学習をしている最中という方でも、使いやすいでしょう。また、同サイトにはアルファベット順になっているリファレンスもあり、コードの名前でその効果や使い方を調べることも可能。状況に合わせて、2つのリファレンスサイトを使い分けることをおすすめします。

CSSリファレンスサイト5.とほほのWWW入門 CSSリファレンス

【躓いた時に使う!CSSリファレンスサイト】CSSリファレンス

サイトリンク:「とほほのwww入門 CSSリファレンス

CSSリファレンスサイトの中でも、特に使い勝手が良いサイトです。目的別とコード名のABC順、2つの方法で調べることができます。さらっとした説明と、豊富なサンプルコードが各ページに掲載されているので、CSSをある程度知っている人にとっては使いやすいでしょう。CSSについて学習できる、「CSS入門」というページへのリンクも設置されているので、初心者は入門からCSSを学習したり、復習したりすることもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?CSSのおすすめリファレンスサイトを5つご紹介しましたが、それぞれ難易度や形式、レイアウトなどは異なっています。「目的を達成する為にどのようなコードを書けば良いか分からない時」は、目的別の調べ方を、「コードの効果や意味が分からない時」は、コードの名称やアルファベット順の調べ方をするなど、状況に合わせて使い分けることをおすすめします。

また、CSSのリファレンスサイトは、今回ご紹介したもの以外にもたくさん存在します。ぜひ、さまざまなリファレンスサイトを使ってみて、自分に合うものやお気に入りのサイトを見つけて下さいね。「かかりつけ医」のような存在のリファレンスサイトがあると、とても心強いですよ!