【エンジニアやんちゃタイム】週末に挑戦したくなる「作ってみた」記事8選【1/20~】

【エンジニアやんちゃタイム】週末に挑戦したくなる「作ってみた」記事8選【1/20~】

こんにちは!今週もこの1習慣で投稿された記事の中から、選りすぐりの「作ってみた」記事を紹介します。今回は、エンジニアの皆さんの作業時間を短縮させてくれるような技術やアイデアに関する記事を選びました。今すぐ取り入れられるものがきっと見つかるので是非御覧ください!

エンジニアやんちゃタイム

それでは早速、今週のエンジニアの方々が挑戦した「作ってみた」をご紹介します!

1.「【iPhone】IFTTTのアカウント作成をして一緒にレシピを作ってみよう」(1/20)

スクリーンショット (58)

記事リンク「【iPhone】IFTTTのアカウント作成をして一緒にレシピを作ってみよう

IFTTT(イフト)とは、「レシピ」と呼ばれるプロフィールでFacebookやEvernote、Weather、DropboxなどのWebサービスを全て連携させることができるWebサービスです。IFTTTは概念の捉え方が少し難しく、全て英語表記なので手を付けにくいと感じる人もいるかと思いますが、この記事では全て日本語で解説を入れてくれているので、IFTTTの仕組みもレシピの作り方も簡単に理解できます。

2.「Lambda EC2 Run Commandで擬似Cron環境を作る【東京上陸記念】」(1/21)

スクリーンショット (59)

記事リンク「LambdaEC2 Run Commandで擬似Cron環境を作る【東京上陸記念】

ES2 RunCommandは、EC2インスタンスの外からOS内部のコマンドを実行したり、設定を変更したりできるサービスです。これまでES2 RunCommandに東京リージョンはありませんでしたが、1月21日のAWSアップデートで遂に利用可能となり、これを記念して筆者が処理をスケジュール実行するのに便利なCronの環境を疑似実装しています。ES2の説明から始まっているので、これまで触れたことがなかった人にも優しい記事です。

3.「Electron, Reactでタブブラウザを作ってみた」(1/24)

スクリーンショット (65)

記事リンク「Electron,Reactでタブブラウザを作ってみた

この記事では、Electronのアプリでも複数タブが使えるようにしたいということから、ElectronとReactでタブブラウザを作る実装方法を紹介しています。「ページの戻る、進む」「キーボードからの操作に対応する」などがまだ作られていませんが、同じようにタブブラウザが無いことに疑問を感じていた人はぜひ参考にしてみてください。

4.「2016年度版 僕が考えたChrome拡張機能を作るときのデザインパターン」(1/24)

スクリーンショット (64)

記事リンク「2016年度版僕が考えたChrome拡張機能を作るときのデザインパターン

ここでは、筆者が実際に開発で行なってきた、Chrome拡張機能のテンプレートがまとめられています。要点が箇条書きですっきりと書かれている上に、内容もコードセットの入手から始められているので、自分の知識に合わせて読み進めていくことができます。

5.「C#で簡易的なWindowsサービスを作ってみる」(1/25)

スクリーンショット (62)

記事リンク「C#で簡易的なWindowsサービスを作ってみる

タイトルの通り、C#言語でWindowsのサービスを実装する過程を紹介しています。内容に目新しさはありませんが、短い文章で端的に説明がされていて非常に読みやすいので、C#にこれから挑戦する人におすすめの記事です。

6.「composerを速くするプラグイン・prestissimoを作った」(1/25)

スクリーンショット (63)

記事リンク「composerを速くするプラグイン・prestissimoを作った

この記事は、PHPパッケージ管理ツールであるcomposerの実行にかかる時間を短縮させるプラグインについてです。composerは日本で実行すると非常に動作が遅く感じますが、それを見事に解決しています。バグ修正も既に加えられている上に、この記事を読むだけでcomposerの仕組みについても学べる、とてもお得な記事です。

7.「完全に単一のHTMLファイルで動作するMarkdownエディタ作った」(1/25)

スクリーンショット (61)

記事リンク「完全に単一のHTMLファイルで動作するMarkdownエディタ作った

そろそろEXCELで資料作るのを辞めたいとの思いから、「単一ファイルで動くMarkdown」「画像をbase64で埋め込んでしまう」というアイデアが浮かんだ筆者。しかし作業効率は対して上がらないということことから、エディタそのものを作ってしまうことにしました。筆者の考えに共感した人は、ぜひ一読を!

8.「Vimでダミーデータを作る」(1/26)

スクリーンショット (60)

記事リンク「Vimでダミーデータを作る

この記事では、上級エンジニア向けの高性能エディタ「Vim」を使って、穴埋め用テキストであるダミーデータを作ります。プログラミングには欠かせないダミーデータの作成を、「大量のテキストを生成したい」「ランダムデータを生成したい」時など、さまざまな事例を想定しながら解説しています。

いかがでしたか?参考にしたい記事は見つかったでしょうか。もし、まだ使ったことのないサービスがあったら、これを機に挑戦してみるのも新たな発見に繋がるかもしれませんよ!