年収1000万円のエンジニアになるなら「技術力」「マネジメント力」を磨こう

年収1000万円のエンジニアになるなら「技術力」「マネジメント力」を磨こう

エンジニアとして働く日々、皆さんは何をモチベーションにしていますか?趣味や家庭をモチベーションに頑張っているという方もいれば、新しい技術の習得など、エンジニアとしてのスキルアップを目標にしている方もいるかと思います。その中でも、誰でも多少は気にしているのが、報酬や給与ではないでしょうか。今や、年収は個人の能力を証明するステータスの1つでもあります。当然、エンジニアとして働く上でも、より高い年収を得たいものですよね。

今回は「年収1000万円のエンジニアになるには?」というテーマで、年収アップの心得やヒントをご紹介していきます。

エンジニアが年収1000万円以上稼ぐのは可能

年収1000万円のエンジニアを目指す前に、まずはエンジニアの平均年収について知りましょう。そもそも、エンジニアという職業で、年収1000万円以上稼ぐことは可能なのでしょうか。

今回は、「Tech総研」のデータを参考にしていきます。30歳~35歳のソフト系エンジニアの平均年収は525万円、ハード系エンジニアの平均年収は519万円だそうです。平均年収としては、決して低くない印象ですが、年収1000万円を目指すには、平均年収の2倍近く稼がなければいけません。

しかし、実際に年収1000万円以上のエンジニアも多数存在します。同じく「Tech総研」のデータでは、ソフト系では32歳から、ハード系では33歳から、年収1000万円を超えるエンジニアが登場します。中には、年収1500万円という方もいるので、「エンジニアという職業で年収1000万円以上稼ぐのは可能」です

では、どのようにすれば年収1000万円のエンジニアになれるのでしょうか。

年収1000万円を狙うには、「技術力」「マネジメント力」を磨こう

エンジニアとして、上司や企業から評価をされるには、大きく分けて2種類の方法が考えられます。1つ目は、「エンジニアとしてその道を究めること」。2つ目は、エンジニアだけでなくコンサルやPMのような「ビジネス側、マネージャー側で企業に貢献すること」です。

エンジニアとしてのスペシャリストは人材価値が高いです。しかし、技術力が身についてくると、企業の方針や体制によってマネージャーの業務の必要が出てくるので、ずっと技術力だけ磨いていられない場合もあります。もし、技術向上によって年収1000万円のエンジニアを目指す場合は、同じ技術を磨くだけでなく、流行のものや需要がある分野の技術を取り入れ、磨きながら、変化の激しいエンジニア業界で人材価値を常に向上していく必要があります。

一方、コンサルタントやプロジェクトマネージャーなどによっても年収1000万円を目指せます。コンサルタントやプロジェクトマネージャーとなる場合、エンジニアとしての経験を活かせ、個人の価値を発揮しやすいため評価もされやすいです。その分、もちろん責任も重くなりますし、コミュニケーション力やマネジメント力といった、技術力とはまた違った能力が必要になることがポイントです。

「技術力」よりも「マネジメント力」を磨くほうが年収アップに繋がりやすい

年収1000万円のエンジニアを目指すのであれば、コンサルタントやマネージャーといった、直接の開発とは一歩距離を置いた、知識や技能を身につけることをおすすめします。

Tech総研」によると、32歳のとあるエンジニアは、営業技術として働いていた時の仕事が会社に評価され、別な部署のマネージャーに任命された結果、前年と比べて年収が200万円も上がったそうです。

また、34歳で最年少のリーダーとなり、新規事業を立ち上げ、運用や販売までをこなした結果、2年連続で年収が前年比100万円アップしたエンジニアの例も紹介されています。

この2つの事例のように、マネジメント力は評価されやすい能力です。「技術力」はその職場、その時代の流行によって評価は大きく変化します。一方で「マネジメント力」は不変であり重宝され続けます。日常的に上司やマネージャーの働き方を参考にして、「マネジメント力」「マネージャー視点」を学ばれるとよいでしょう。

まずは「いつ」年収1000万円になるかを考える

まずはあとどれくらいで年収1000万円のエンジニアになりたいのか、はっきりさせるところから始めるのが大切です。例えば、あと3年以内と考えているのであれば、「現状では何が足りないのか」「3年間であとどれくらい年収を上げる必要があるのか」「どんな能力を磨くのか」を考えていけば、今日から何をすべきか見えてくるでしょう。一歩一歩、年収1000万円に近づいていきましょう。