プログラマーに向いている4つの性格|「楽したがりな性格」「推理好きな性格」など

プログラミングが好きな人には、いくつか共通した性格があります。•すぐ楽をしたがる•会話が少なくても平気•推理好き•新技術への好奇心旺盛あなたはどれが最も当てはまりそうですか?今回は、プログラマーに向いてる性格と、それぞれの特徴をご紹介していきます。

プログラマーに向いてる性格4つ

それでは4つの性格を見ていきましょう!

すぐ楽をしたがる性格

システム開発やアプリケーション開発において、デプロイやビルドの自動化であったり、プログラミングを行う過程で何度も行う処理を関数にするなどの、効率化を考えることが多くあります。それを用意することには時間がかかるけれども、長期的に見れば時間を短縮できるという、「どうやったら楽ができるか」という思考が重要です。

自分の仕事を全自動化し、6年間働かず年収1000万円をもらっていたプログラマーも海外には存在しているほど、「楽をしたい」という思考は共通して持っていることが多いです。

会話が少なくても平気な性格

プログラマーは挨拶を除いて、一日の中で人と話すよりコンピュータと向き合うことが多いです。そのような、静かな環境を快適だと感じる人は、プログラマーに向いています。

会話をしない人が向いているのではなく、会話をしなくても平気な人が向いています。プログラマーの中にはイベントに積極的に参加するといった、会話に抵抗のない人も多いです。

推理好きな性格

プログラマーの行うデバッグはまさに推理のようなもの。

「このエラーが出ているということは、ここか、あそこに問題がありそうだ」

バグを見つけるためには、推理探偵のようなものの見方が必要です。エラーの過程や原因を追究することに楽しみを感じる方は、プログラマーに向いています。

新技術への好奇心が旺盛な性格

IT業界は、新しい技術やシステムが次々に開発される、移り変わりの激しい業界です。企業の中には長らく同じ技術だけで開発を続け、その技術のコミュニティが衰退していっても、そこから抜け出せない場合があります。そこで勤めている方がもし転職を考えた際には、他の企業が求めている技術を自分が持ち合わせていないことに繋がります。

時代の変化に適応しない企業もある一方で、プログラマー自身は新しい技術を使って、趣味でアプリを作ってみるぐらい、技術の習得が好きな人が多いです。

例えば、LINEでBOTが作れると聞いたり、機械学習ライブラリがオープンソース化されたと聞いたりしたときに、すぐに食いついて自分なりにいじって遊んでみたくなる好奇心旺盛な性格。

求められる技術が日々変化する中で取り残されないように、むしろ最先端を駆け抜けたいような好奇心旺盛な性格が、プログラマーとして食べていくには必要です。

おわりに

ここまでプログラマーに向いてる人の性格や特徴をそれぞれ見てきました。

今回あげた性格は、一般的な企業のプログラマーの性格に共通したものです。ここまで上げた性格があまり当てはまらない方は、プログラマーに向いていないというわけではありません。楽しく仕事を続けられているということであれば、上記以外の性格がプログラマーという職業に合っているのでしょう。

もし自分が上記した性格に頷く点が多いのに、現職に楽しさを全く感じられないのであれば、それは職場との相性が悪いのかもしれません。自分の性格と職場との相性を見つめなおすきっかけにもしてみてください。

新しい技術に触れてみたい人へおすすめの一冊

先ほど「LINEでBOTが作れる」ことをご紹介しましたが、ディープラーニングや機械学習による人工知能(AI)の進化によって、いま注目されていて、今後爆発的に普及すると言われる技術が「チャットボット(Chatbot)」です。

このチャットボットブームについて解説し、これから訪れるであろうWebの変化やビジネス展開についても詳しく解説したのが、この「チャットボット AIとロボットの進化が変革する未来」です。

まさに流行りの技術に触れてみたい人にとってこの上ない一冊ですので、なにを勉強すればわからないという人におすすめです。