Git入門に最適なチュートリアルサイトまとめ・比較

グループで1つのソフトウェアを開発する時に、ドキュメントなどの編集履歴を管理することができる,、バージョン管理システム「Git」。無料で効率良く学べるGit入門チュートリアルサイトを集めています。Git初心者の方は是非参考にしてみてください。

Git入門チュートリアル比較・まとめ

サイトは、レベル、目安時間、最終的に習得できるものという視点で解説しているので、参考にしながら自分に適したチュートリアルを探してみてください。1つのチュートリアルが終わったら、1段階レベルアップしたものに挑戦するのもおすすめですよ!

【初心者】本当の初心者向け!Git入門のための概念から基本用語まで

対象:プログラミング初心者
時間:1日(早ければ数十分)
スタート:Gitでできることとは何か
ゴール:Gitの用語解説

Gitについてゼロから学びたい人は、入門チュートリアルに進む前に、まずこのサイトでGitのイメージを掴んでおきましょう。Gitに入門するのに必要な用語を、非常に分かりやすくイラスト付きで解説しています。

【初心者】サルでもわかるGit入門

対象  :Git初心者
時間  :1日
スタート:Gitのインストール
ゴール :変更履歴の統合
何とも斬新なタイトル通り、博多弁を話す「サル先生」と一緒に、Gitの基本を学んでいきます。入門チュートリアルとしてはもちろんですが、逆引き辞典としても利用できるので、Gitを少しかじったことがある人は、復習用の資料として使えそうです。

【初心者】初心者の初心者による初心者のためのGit入門


対象  :Git初心者
時間  :1日
スタート:Gitの基本的なコマンド集
ゴール :SourceTreeを学ぶ
Gitの概略を理解したところで、今度はGitを使う上で必要な基本的なコマンドを覚えましょう。これらのコマンドを覚えておけば、今後更にレベルアップした入門チュートリアルに挑戦しても、スムーズに学習を進めることができますよ。

【中級者】ProGit

対象  :Gitの概要を理解した人
時間  :2週間
スタート:バージョン管理に関して
ゴール :Gitの内部動作と実装
このチュートリアルでは、書籍ProGitの内容が日本語で解説されてます。内容も深いところまでしっかり説明しているので、これまでのチュートリアルを理解することができていれば、更に深くGitについて知ることができます。

【中級者】git入門(全22回)ドットインストール

対象  :Gitの概要を理解した人
時間  :1週間
スタート:Gitの概要
ゴール :共有時のトラブルを解決する
1本3分の動画でプログラミングが学べる「ドットインストール」。概要や設定は既に理解しているという人は、観たい動画だけピックアップして、実践的な内容などを集中的に勉強するのも良いでしょう。

【中級者】アトリエのどか式 Git入門


対象  :Gitの概要を理解した人
時間  :1週間
スタート:バージョンの管理
ゴール :github-flowの運用
Gitの入門を卒業して、基礎を理解した人は、今度は運用を視野に入れたチュートリアルで学びましょう。これまでのチュートリアルと比べると、やや専門用語が増えますが、分かるようになっていれば、Gitの理解が進んでいることを実感できます。

【中級者】LearnGitBranching

対象  :Gitを実践的に学びたい人
時間  :2週間~1か月
スタート:Gitの基本的なコマンドを学ぶ
ゴール :gitを使う上での様々なtipsやテクニックなどを学ぶ
実際に指を動かしてGitを学びたい人には、この「LearnGitBranching」がおすすめです。基礎的なコマンドの確認からgithubを利用した運用に至るまで、幅広く学習できます。一通り試してみれば、自分が理解しきれていない部分が見えてくるはずです。

レベルアップしたチュートリアルにも挑戦を!

初めのうちは、Gitに慣れるのに時間がかかるかもしれません。しかし、長いエンジニア人生を考えれば、今のうちにGitを使いこなせるようにしておくことで、仕事の効率は格段に上がるはずですよ。

期間を決めて少しずつ学習するも良し、気合を入れて一気に学習してしまうも良し。自分のレベルやスケジュール、やる気に合わせてチュートリアルを選びましょう。自信が付いてきたら、次はワンランク上の難易度のチュートリアルで、自分のスキルを確認してみてくださいね!

Gitが理解できたらGitHubを使ってみよう!

Gitが使えるようになったら、GitHubを使ってみましょう。

技術評論社からでている「GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 」は、初学者の方にもわかりやすいよう、基本的なGitやGitHubの使い方はもちろん、ほかのエンジニアと行う「ソーシャルコーディング」の目玉機能であるPull Requestの送り方・受け方までも丁寧に解説されています!

GitHubを使えるようになって、もうワンランク上のエンジニアを目指しましょう!