キャリアと向きあう【#3】/「自分の強みを見つける方法」「プログラミング初心者がまずすべきこと」など

キャリアと向きあう【#3】/「自分の強みを見つける方法」「プログラミング初心者がまずすべきこと」など

日々ビジネスの現場は変化しています。IT業界は、とくにそれが顕著です。自分のなりたい職業を思案中の人も既に決まっている人も、キャリアアップの途中にある人も、日々必要な情報収集に余念がないと思います。

とはいえ、チェックする暇すらないほど忙しい日もあることでしょう。後で読もう、とクリップしたまま読むのを忘れてしまうこともありますよね。

今回は、キャリアアップを考える人であれば読んでおきたい、12月17日から12月23日までの良記事をピックアップしました。興味をひかれるテーマがあったら、リンク先を確認してみましょう!

今週のキャリア記事

この1週間は、新しい職場で何をすべきか、自分の強みを把握する重要性、エンジニアに必要なスキル、モチベーションを持続する方法について書かれた記事が多くありました。是非チェックしてみて下さい。

プログラマ向け:自分の強みや得意分野を見つける方法

プログラマ向け:自分の強みや得意分野を見つける方法

サイトリンク:「プログラマ向け:自分の強みや得意分野を見つける方法

記事概要:自分の強みや得意分野を見つける方法についての記事です。他人との比較ではなく、「自分自身がついこだわってしまうことは何か?」という視点で見直すと、自分の強みや得意分野が見えてくる、というお話。

コメント:確かに、強みや得意分野を堂々と言ってのけられる人はそれほどいないかもしれません。筆者が指摘しているように、「自分自身のこだわり」とか、「ついとってしまう行動」に着目すると、そうした気負いもなく自然と自分の強み・得意分野が見えてきそうです。面接を受ける前に、自問自答してみましょう。

データ分析を生業にするなら読んでおきたい初級者向け5冊&中級者向け12冊

データサイエンティストを目指すというかデータ分析を生業にするなら読んでおきたい初級者向け5冊&中級者向け12冊(2015年冬版)

サイトリンク:「データサイエンティストを目指すというかデータ分析を生業にするなら読んでおきたい初級者向け5冊&中級者向け12冊(2015年冬版)

記事概要:記事タイトルどおり、データサイエンティストを目指す初心者と中級者が読むべき本を紹介しています。

コメント:初級者向け・中級者向けの本を読み終えたらそこから先は、より実務向けの書籍に進むか、上級者向けの本に進むかは、その人次第ですが、これからデータサイエンティストを目指す人やまだなったばかりの人はまずは初級者向けの本の1冊を読んでみると良いでしょう。

新しい仕事に就く時に職場で尋ねるべきたった一つの質問

新しい仕事に就く時に職場で尋ねるべきたった一つの質問とは?

サイトリンク:「新しい仕事に就く時に職場で尋ねるべきたった一つの質問とは?

記事概要:入社時には、誰もが「いい職業に就きたい」と願うものですが、この「いい職業とは何なのか」また、「どのように見極めればいいのか」について、ペンシルベニア大学のビジネススクールの経営学・心理学の教授AdamGrant氏がThe New York Timesに寄稿した内容が紹介されています。

コメント:良い職業に就くことと同じくらい、あるいはそれ以上に、入社予定の会社の文化が自分にあっていることが大事、ということがよくわかります。入社前に企業文化を知る方法をチェックしてみましょう。

Kindleで読める科学・コンピュータ・IT系のおすすめ本30選

【必読!】Kindleで読める科学・コンピュータ・IT系のおすすめ本30選

 

サイトリンク:「【必読!】Kindleで読める科学・コンピュータ・IT系のおすすめ本30選
記事概要:最近の理系ブームの影響で一般の人向けの理工書が増えている現状下にあって、筆者は中身のない簡単な本ばかりが増えていることを指摘しています。そこで、この記事では、読みごたえがありながらも専門的すぎず、興味深く読める本を集めて紹介しています。

コメント:中身の薄い文系向きの本ではなく、しっかりと本質を理解できる本が厳選されています。だからと言って、専門用語の羅列、というわけでなく、amazon内での評価も高い本が選ばれているので、チェックしてみて下さい。

若くて夢見がちなプログラミング初心者がまずすべきこと

若くて夢見がちなプログラミング初心者がまずすべきこと

サイトリンク:「若くて夢見がちなプログラミング初心者がまずすべきこと

記事概要:独学でプログラミングの入門を一通り終えた段階で、いきなり高い目標に向かおうとして、気づいたら挫折、とならないようにするにはどうすればよいか、ということが書かれています。

コメント:夢に振り回されず、基礎を固めて、徐々に着実に前に進んでいくべき、という話ですが、筆者のリアルな体験と気持ちが入っているので、妙に納得してしまいます。ひとまず夢は横に置いて、着実に進んでいきましょう。

オフショア開発の成功・失敗を決める仕様書作成術

こんな仕様書は嫌だ!&すごい!オフショア開発の成功・失敗を決める仕様書作成術

サイトリンク:「こんな仕様書は嫌だ!&すごい!オフショア開発の成功・失敗を決める仕様書作成術

記事概要:開発者に対する説明書である「仕様書」作成の重要性について、特にオフショア開発の難しさとともに説明しています。オフショア開発のプロジェクトマネージャーと「Pho娘」という自社サービスの開発のディレクターを経験した筆者が、大切だと感じた仕様書作成時の注意点を書いています。

コメント:最適な仕様書の大切さと作成方法が丁寧に説明されています。グローバルな仕事に携わる場合や、海外のパートナーと組んで仕事をする時の具体的な作業をイメージして読むことをおすすめします。

R&Dはマネジメントできるか

R&Dはマネジメントできるか

サイトリンク:「R&Dはマネジメントできるか

記事概要:セクションナインの社長である吉田真吾氏がR&Dに対して思うことを12個にまとめて書いています。

コメント:R&Dについて筆者が思っているポイントを、「対象プロジェクトの多寡と成果の関係」、「優秀な技術メンバーを他のメンバーのメンターのような立ち位置で動かすと成果につながるのか」といった経営者ならではの視点で思うことが書かれているので、R&Dのセクションで働きたい人は必見です。

「Swift」の勉強方法から仕事に繋げるまで

アップルのプログラミング言語「Swift」の勉強方法から仕事に繋げるまで

サイトリンク:「アップルのプログラミング言語「Swift」の勉強方法から仕事に繋げるまで

記事概要:アップルが2014年に発表したプログラミング言語「Swift」について、その人気の急上昇ぶりに触れながら勉強方法を軽く紹介し、勉強から仕事に繋げる方法について書かれています。

コメント:この記事のメインは勉強方法ではなく、勉強した後、実際にSwiftを武器に職に就くことに重点を置いています。実績を作ることの大切さ、必要とされているエンジニア像について、チェックしてみましょう。

システム障害と僕達はいかにして戦えば良いのか、障害対応について考えた

システム障害と僕達はいかにして戦えば良いのか、障害対応について考えた

サイトリンク:「システム障害と僕達はいかにして戦えば良いのか、障害対応について考えた

記事概要:障害は発生しないのが一番良いのですが、発生してしまった場合にどのような道筋で解決するのか、エンジニアの筆者が経験してきた様々な事例を元に、障害対応の手順についてまとめてあります。

コメント:現場の状況がよくわかるように非常に具体的に書かれていて、参考になります。システム障害に向き合うエンジニアは必見です。

全社会人が絶対入れておくべきExcelの最強アドイン10選

作業スピードを2倍にする!全社会人が絶対入れておくべきExcelの最強アドイン10選

サイトリンク:「作業スピードを2倍にする!全社会人が絶対入れておくべきExcelの最強アドイン10選

記事概要:日々の業務に欠かせないExcel。その作業効率を高めるために、導入すべき10個のアドインを画像付きで丁寧に説明しています。

コメント:業務上Excelを使わない人は少ないと思いますが、この記事で紹介されているアドインを知らない人は是非チェックしてみましょう。

終わりに

いかがでしたでしょうか?今週は、主に将来エンジニアになりたい人やすでにエンジニアとしての道を進み始めている方が身につけておきたい技術や入社前にチェックすべきポイントなどをピックアップしてみました。このまとめで、役に立つ記事を見つけたり仕事や転職活動のモチベーションがあがったら、また来週もチェックしてみてくださいね!