JavaScript入門・開発に役立つリファレンスサイトまとめ

webサイトを作成する際に、欠かせない技術のJavaScript。動きのある、クオリティーが高いレイアウトで作成するなら、JavaScriptは必須ですね。今回は、JavaScriptの学習や問題解決におすすめのリファレンスサイトをご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

JavaScriptリファレンスサイト5選

さまざまなタイプや形式、難易度のリファレンスサイトをご紹介していくので、自分の目的やレベルに合ったサイトを使ってみることをおすすめします。

Microsoft JavaScriptリファレンス

Microsoft社が運営しているリファレンスサイトです。JavaScriptの基本知識や、基礎的なコードの構成について、学習することができます。豊富なサンプルコードと、要点を捉えた説明でとても分かりやすくなっているので、JavaScript学習中という方におすすめです。

stackoverflow

世界的に有名なリファレンスサイトです。JavaScript専門というわけではありませんが、ITに関する技術について、分からない所をピンポイントで質問することができます。また、過去の質問や回答を閲覧することもできるので、自分の疑問を解決してくれるような質疑応答があるかもしれません。検索機能もあるので、JavaScriptに関する質問だけに絞り込んで見ることもできます。

とほほのJavaScriptリファレンス

各プログラミング言語のリファレンスサイトを運営している、有名なサイトです。JavaScriptの基本的な知識やコードについて、分かりやすくコンパクトにまとめているので、JavaScript学習中という方や、初心者には特におすすめ。コードの種類別に大きな見出しで分けられており、更にコードの目的別に細分化されているので、「JavaScriptコード辞書」のような使い方ができそうです。

HTMLクイックリファレンス JavaScriptリファレンス

オブジェクト別に、コードの意味や効果を調べられるJavaScriptのリファレンスサイト。説明はサラッとしていますが、サンプルコードが充実しているので、実践をしていて分からない所があった場合に、特におすすめです。また、各オブジェクトの効果や意味を覚えたい時など、学習中の方でもJavaScriptの参考書や辞書のような使い方ができそうですよ。

Qiita

情報技術者が、自分の持つ技術やスキル、テクニックに関する情報を発信するタイプのリファレンスサイトです。IT全般が対象なので、JavaScript専用のサービスではありません。しかし、検索機能を活用すれば、JavaScriptに関する記事や情報だけに絞り込むことができます。学習方法やチュートリアル、技術を向上させる方法が知りたい時におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?リファレンスサイトにも、さまざまな方針やコンセプト、傾向があります。1つのサイトだけにこだわらず、自分が躓いている原因や状況によって、各サイトを使い分けてみると、スムーズに問題を解決できますよ。

また、今回ご紹介したサイト以外にも、価値のあるリファレンスサイトはたくさん存在するので、、学習や仕事の心強い味方になりそうなサイトを積極的に探してみることをおすすめします。

【合わせて読まれる記事】