SEとPGの違い|SEは設計、PGは実行

SEとPGの違い|SEは設計、PGは実行

IT業界でも、特に耳にする職種が、「SE」と「PG」。その一方で、SEとPGがどのように異なる職種なのか、よく分からないという方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、SEとPGの違いについて、ご説明していきます。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

SEとPGの違い

IT業界のさまざまな職業の中でも、特にメジャーなSEとPG。両者の異なる点は、いろいろありますが、特に大きな違いは、「役割」です。SEとPGは、プロジェクトにおける役割に大きな違いがあるのです。

SEとPGでは、役割にどのような違いがあるのか、また2つの職業はどのような関係を持っているのか、詳しく見ていきましょう。

設計をするSEと実行するPG

SEとPGの最も大きな違いは、役割にあるということですが、両者の役割はどのように異なるのでしょうか。

SEはプロジェクト内で、プログラムやアプリの設計を担当します。クライアントや取引先の要望に応えて、どのようなプログラムやアプリケーションを作成すれば良いのか、設計書を作成します。その為、クライアントと話し合いをする機会が多く、接客業や営業のような一面も持っています。その他、完成したプログラムの納品や、スケジュール管理なども担当する場合があります。PGの経験がある場合がほとんどです。

一方PGは、SEのように設計やクライアントの話し合いに関わることはあまりありません。SEが設計したものを、実際にプラグラムとして作っていく役割を担当することがほとんどです。また、作成したプログラムが正確に作動するかどうかテストするのも、PGの仕事です。

上記の特徴から、SEはプロジェクトの「計画」を担当するポジションで、PGはSEの計画を実際にプログラミングして「実行」するポジションです。両者は、持ちつ持たれつの関係ですが、業務の内容としては、大幅に異なると言えるでしょう。

SEとPGの関係性

SEとPGは、互いに協力してプロジェクトを進めていく関係です。SEが、どんなに素晴らしいプログラムの設計書を作成しても、PGがいなければ実行に移せない可能性があります。反対に、どんなに技術力が高いPGがいても、SEがいなければ設計書やクライアントとのやり取りが満足に行えず、良いプログラムやアプリケーションを作成するのが難しいかもしれません。

とはいえ、SEとPGの関係性は、企業や職場によって異なります。中には、SEでもPGの業務内容を担当する場合もありますし、反対にPGがSEの業務に携わることもあります。

SEとPGは、それぞれの業務内容に大きな違いがありますが、1つのプロジェクトを進めていくのに、互いに協力し合う関係なのです。