「年収が低いプログラマー」と「高いプログラマー」

需要はあるのに、年収は低いと言われている「プログラマー」「今すぐ転職して現状を打破したい」/「年収にはそれほどこだわりはないけど、年収アップのチャンスがあるなら逃したくない!」という方も、業界の相場を知って、プログラマーとしての将来を考えてみませんか?

10人に1人は年収600万円以上を稼いでいる!

転職サイトDODA(デューダ)によると、日本のプログラマーの平均年収(2014年)は、448万円(※1)でした。同年度の日本の平均年収は442万円(※2)なので、プログラマーの平均年収は一般的な水準だと考えられます。他の職種と比較して、残業や休日出勤をすることが多い分、年収が低いという印象を受けますね。

一方で、プログラマーでも1000万円近い年収を稼いでいる人もいます。同じくDODAによると、プログラマー16万人に対して、

年収600~700万円 10%
年収700~800万円 3%
年収800~900万円 1%
年収900~1000万円 1%(※1)
であるというデータが出ています。少数ではありますが、日本の平均年収以上の額を稼いでいるプログラマーがいるのもまた、事実なのです。

仕事は増えてるのに年収は変わらない?!

日本のプログラマーの年収が低いことは、IT業界では有名な話です。現在の年収が低いと不満があるプログラマーの声としては、

出勤可能日数に制約があり残業も認められない
金銭や休暇の相談をしたいのに、上司との面談もなく、給料は増えないが仕事が増えている
ここ10年で昇給がなく、またボーナスもカットされることが多い
などがあります。プログラマーの年収が低い原因は、「非正規社員や派遣社員であること」「プログラマーの価値が理解されていない」ことなどが挙げられます。IT業界は慢性的な人手不足ですが、なかなか正社員にはなれないのが現状です。逆に正社員であっても、残業代がつかないこともあります。これに加え、最近はセキュリティ強化のために業務が増えているにも関わらず、その分の給料も上乗せされないということもあります。

他にも、システムを勝手に次々と変更され、慣れたころには違う仕事内容になってしまい対応しきれないために、自分の将来をじっくりと考える余裕がないという問題も浮き彫りになっています。

自信過剰になるのではなく、あくまでも論理的に話す

では、年収が低いプログラマーが高収入を得ていくためには、具体的にどのように行動すれば良いのでしょうか。

1つの方法としては、やはり転職することです。転職のポイントは、自分の強みを理解することと、企業研究を疎かにしないことです。例えば、20代前半であれば、若さと一通りの社会経験が身についていること、そして今後の伸びしろをアピールすることができます。

30代であれば、これまでの経験を武器に年収アップを目指すことになると思いますが、そのためにはまず面接が重要です。転職先に同業他社を選ぶ場合は、即戦力として働けることをアピールすると同時に、今の会社の年収以上は欲しいと素直に言いましょう。

ただし、即戦力で働けるという言葉だけではインパクトに欠けます。年収をアップさせるためには、「御社のウィークポイントを解消できます」といったような、雇い主側にどのようなメリットがあるかをアピールができることが大切です。例えば、前の職場で培った知識や技術を用いて、転職先の企業が実現できていない技術を自分になら設計や開発を行える、といった主張をし、納得させることです。自分の人材価値を認めさせ、喉から手を出してでも干したくなる人材であることをアピールすることが重要です。

一般的に、転職をすれば年収アップが見込めると思われがちですが、そのためにはやみくもに面接を受けるのではなく、企業を冷静に分析して、入社後のビジョンをできる限り明確にすることが大切です。

今持っているアピールポイントに+αを

いかがでしたか?確かに日本のプログラマーを取り巻く環境は厳しいですが、年収が低いという現状を諦めず、転職やスキルアップにつながるチャンスがあれば積極的に挑みましょう。

20代のプログラマーであれば若さと体力を強みにでき、30代以上のベテランであれば、これまでの経験と分析力をアピールできるはずです。

そして、他者との差をさらに広げたければ、+αになるような技術力やコミュニケーション能力を身に付けておけば、年収アップの可能性は更に広がるでしょう。



[参考資料]

こんにちは!テクスタブログ編集部です!

需要はあるのに、年収は低いと言われている「プログラマー」。多くのプログラミング言語を使いこなし、強化が急がれているセキュリティ対策の一翼を担っているのにも関わらず、プログラマーの平均年収は、日本の平均年収と同じ水準であり、むしろ残業も他業種より多いとされています。

しかし、年収が低いと言われる日本のプログラマーでも、高年収をたたき出しているプログラマーがいます。「日本で1人しか持っていないスキル」を得ることは相当な至難の業ですが、正しい自己分析や企業分析をするだけで、誰にでも年収アップのチャンスがあるのです。「今すぐ転職して現状を打破したい」というプログラマーはもちろん、「年収にはそれほどこだわりはないけど、年収アップのチャンスがあるなら逃したくない!」という方も、業界の相場を知って、プログラマーとしての将来を考えてみませんか?

10人に1人は年収600万円以上を稼いでいる!

転職サイトDODA(デューダ)によると、日本のプログラマーの平均年収(2014年)は、448万円(※1)でした。同年度の日本の平均年収は442万円(※2)なので、プログラマーの平均年収は一般的な水準だと考えられます。他の職種と比較して、残業や休日出勤をすることが多い分、年収が低いという印象を受けますね。

一方で、プログラマーでも1000万円近い年収を稼いでいる人もいます。同じくDODAによると、プログラマー16万人に対して、

  • 年収600~700万円 10%
  • 年収700~800万円 3%
  • 年収800~900万円 1%
  • 年収900~1000万円 1%(※1)

であるというデータが出ています。少数ではありますが、日本の平均年収以上の額を稼いでいるプログラマーがいるのもまた、事実なのです。

仕事は増えてるのに年収は変わらない?!

日本のプログラマーの年収が低いことは、IT業界では有名な話です。現在の年収が低いと不満があるプログラマーの声としては、

  • 出勤可能日数に制約があり残業も認められない
  • 金銭や休暇の相談をしたいのに、上司との面談もなく、給料は増えないが仕事が増えている
  • ここ10年で昇給がなく、またボーナスもカットされることが多い

などがあります。プログラマーの年収が低い原因は、「非正規社員や派遣社員であること」「プログラマーの価値が理解されていない」ことなどが挙げられます。IT業界は慢性的な人手不足ですが、なかなか正社員にはなれないのが現状です。逆に正社員であっても、残業代がつかないこともあります。これに加え、最近はセキュリティ強化のために業務が増えているにも関わらず、その分の給料も上乗せされないということもあります。

他にも、システムを勝手に次々と変更され、慣れたころには違う仕事内容になってしまい対応しきれないために、自分の将来をじっくりと考える余裕がないという問題も浮き彫りになっています。

自信過剰になるのではなく、あくまでも論理的に話す

では、年収が低いプログラマーが高収入を得ていくためには、具体的にどのように行動すれば良いのでしょうか。

1つの方法としては、やはり転職することです。転職のポイントは、自分の強みを理解することと、企業研究を疎かにしないことです。例えば、20代前半であれば、若さと一通りの社会経験が身についていること、そして今後の伸びしろをアピールすることができます。

30代であれば、これまでの経験を武器に年収アップを目指すことになると思いますが、そのためにはまず面接が重要です。転職先に同業他社を選ぶ場合は、即戦力として働けることをアピールすると同時に、今の会社の年収以上は欲しいと素直に言いましょう。

ただし、即戦力で働けるという言葉だけではインパクトに欠けます。年収をアップさせるためには、「御社のウィークポイントを解消できます」といったような、雇い主側にどのようなメリットがあるかをアピールができることが大切です。例えば、前の職場で培った知識や技術を用いて、転職先の企業が実現できていない技術を自分になら設計や開発を行える、といった主張をし、納得させることです。自分の人材価値を認めさせ、喉から手を出してでも干したくなる人材であることをアピールすることが重要です。

一般的に、転職をすれば年収アップが見込めると思われがちですが、そのためにはやみくもに面接を受けるのではなく、企業を冷静に分析して、入社後のビジョンをできる限り明確にすることが大切です。

今持っているアピールポイントに+αを

いかがでしたか?確かに日本のプログラマーを取り巻く環境は厳しいですが、年収が低いという現状を諦めず、転職やスキルアップにつながるチャンスがあれば積極的に挑みましょう。

20代のプログラマーであれば若さと体力を強みにでき、30代以上のベテランであれば、これまでの経験と分析力をアピールできるはずです。

そして、他者との差をさらに広げたければ、+αになるような技術力やコミュニケーション能力を身に付けておけば、年収アップの可能性は更に広がるでしょう。

[参考資料]
※1:SE・プログラマの年収データ DODA
※2:平均年収/生涯賃金データ2014職種別 DODA