退職届と退職理由の書き方と例文・封筒の選び方と書き方

間違いのないよう「退職届」の書き方を紹介。日付や理由の書き方、パソコンと手書きどちらにすべきか、退職届をいれる封筒の選び方についても触れています。デリケートな無いようなので、注意しながら例文を参考に退職届を書きましょう。

社会人として知っておきたい、正しい退職届の書き方

記事番号:167/アイテムID:2355の画像

退職届は、履歴書などと比較すると、あまり作成する機会がありません。そのため、社会人として一通りのマナーや常識を習得しているという方でも、退職届の書き方については自信がないというケースも、少なくないと思います。

退職届は、お世話になった会社に対して、退職する意思を表明する重要な書類です。「終わり良ければ全て良し」という言葉もあるように、しっかりとした対象届を作成して、後を濁すことなく退職したいものですよね。

そこで今回は、退職届の正しい書き方について、考えていきます。退職届を作成する際のポイントや例などをご紹介します。退職する予定がある方は勿論、今現在退職の予定がない方も、社会人の常識として、この機会に学んでみてはいかがでしょうか?

退職届は「パソコン」よりも「手書き」がおすすめ

退職届の書き方のポイントや例をご紹介する前に、おさえておきたい項目があります。それは、退職届を手書きで作成するのか、パソコンで作成するのかという点。いざ、退職届を作成しようと思っても、どちらで作成するべきか迷ってなかなか作成できないという方も、少なくないと思います。

結論から言うと、退職届は手書きで作成する方が良いでしょう。パソコンなどが普及している現代では、重要な書類もパソコンで作成するケースが増えています。そのため、退職届をパソコンで作成すること自体は、間違いではありません。

しかし、「重要な書類は手書きで作成するもの」と考えている方も、まだまだ多いのです。もし、皆さんの上司や企業が上記のような考え方であれば、パソコンで作成した退職届に対して、あまり良い印象を抱いていない可能性があります。

上記のようなリスクを避けるためにも、退職届は手書きで作成した方が無難と言えるでしょう。

退職届は「便箋」と「ペン」で作成するのが常識

上記で、退職届は手書きで作成した方が無難であるとご紹介しました。では、手書きで作成する場合、どのような用紙や筆記用具を使えば良いのでしょうか?例で書き方を学ぶ前に、必要な物やその選び方についても、学んでおきましょう。

一般的には、用紙は便箋、筆記用具はペンが基本と言われています。便箋やペンにもさまざまな種類がありますが、「絶対にこのサイズでなければならない」といった規定などはありません。A4便箋やB5便箋に、黒いインクのボールペンや万年筆で書くようにしましょう。

その際、便箋はシンプルなものを選びます。柄などが入ったものは、避けましょう。罫線の有無は、どちらでも構いません。向きは、基本的には縦書きです。

退職届に書く「理由」の作り方・例文

退職届には簡単に理由を書き入れますが、具体的に書く必要はなく、暗黙的に「一身上の都合により」に続けて、当たり障りなく書きます。

-----
私事、この度一身上の都合により・・・

退職届の注意点

退職届は「縦書き」か「横書き」か

退職届は「縦書き」が一般的に使われます。退職届をいれる封筒も縦書きにしましょう。

退職届での「数字」は算用数字?漢数字?

退職届や封筒には日付を書き入れます。そのときに「算用数字」「漢数字」どちらの書式で書けばよいのでしょうか。一般的には次のような使い分け方をします。
■縦書き:漢数字
■横書き:算用数字

退職届の紙の種類

退職届の適切な用紙のサイズは「A4」か「B5」です。A4の方が少し大きいため、B5で私が方が、相手にとっても親切になります。

色は「白」で、コピー用紙でかまいません。100円均一の用紙はペラペラ過ぎますので、よく使われるコンビニで売っているような用紙にしましょう。 罫線は入っていても問題ありません。 罫線が入っているほうが書きやすく、整っているようにも見えますね。

退職届の書き方の例

退職届を作成するための用紙や筆記用具の準備ができたら、早速作成していきます。退職届に記入する文章の例を見ていきましょう。ここでは、縦書きで退職届を作成する際の例をご紹介していきます。

また、例を通して、退職届の書き方のポイントや内容について、詳しく見ていきたいと思います。

退職届の「タイトル」の書き方

縦書きの場合、用紙の右端が1行目となりますよね。その1行目には、「退職届」と明記しましょう。

タイトルの書き方に決まりなどは特にありませんが、行の中央に記入するとバランスが良くなりますよ。

退職届の「書き出し」の書き方

退職届のポイントの1つとして、「私事、」と明記する点が挙げられます。用紙の右端である1行目中央に「退職届」と明記したら、続いて2行目に、この「私事、」を記入するというわけです。場所は、2行目の最下です。

退職届の「本文」の書き方

2行目の最下に「私事、」と記入したら、続く3行目の頭からが本文となります。以下は本文の一例ですが、退職届の場合は例のような文章になることがほとんど。基本的には、例でご紹介する文章に日付を当てはめる形で問題ありません。

「この度、一身上の都合により、来る平成○○年○月○日をもって、退職致します。(※1)


今回は例の為、「○」と表現していますが、本文に記入する日付は、基本的には退職する日となります。

退職届の「日付・部署名・氏名・捺印」の書き方

本文から1行あけて、日付と部署名、氏名を記入します。この際に記入する日付は、退職届を提出する日となる為、本文の例文でご紹介した日付とは異なる場合があります。

自分の氏名を記入したら、その下には認印か三文印で捺印しましょう。その際、シャチハタなどの朱肉が不要なタイプの印鑑は使用できません。

退職届の「宛名」の書き方

最後に、1行あけて宛名を明記します。宛名は、会社の正式な名称と、代表者名となります。

会社の正式な名称とは、「株式会社」なども含めた名称です。「(株)」などと省略したり、企業名を略したりせずに書きましょう。

代表者は、基本的には社長となります。この時、代表者名は「日付・部署名・氏名・捺印」で記入した氏名よりも、上の位置になるように記入することがポイントです。また、「様」や「殿」などの敬称も忘れず記入しましょう。

退職届の封筒の選び方(色・サイズ)

退職届が完成したら、次はその退職届を入れる封筒を作成します。

退職届を提出する際に使う封筒は、白い封筒にしましょう。ただの白い封筒ではなく、中身が透けない、二重構造のものがベストと言われています。また、退職届は基本的には手渡しするもので、ポストに投函することはないため、郵便番号を記入する欄がプリントされていない封筒を選ぶと良いでしょう。つまり、無地で白く、中身が透けない二重構造になっている封筒が、退職届を提出するのに最もふさわしい封筒の1つというわけです。

封筒のサイズは、退職届の用紙のサイズに合わせて選びましょう。一般的には、あまり大きくなく、懐にしまうことができる程度の大きさがベストと言われています。退職届を三つ折りにして封入できるサイズがおすすめです。

退職届の「封筒」の書き方の例

それでは、封筒の書き方の例をご紹介していきます。

退職届を提出する際に使う封筒は、退職届と同様に、黒いインクのボールペンか万年筆で記入しましょう。

まず、封筒の表面の書き方の例です。封筒の表面には、「退職届」とだけ記入します。記入する位置は、封筒の真ん中よりもやや上くらいが良いと言われています。

続いて、封筒の裏面の書き方の例です。封筒の裏面には、自分の所属や部署と氏名のみを記入します。所属と氏名は、封筒の裏面の左下に収まるように記入するのが一般的です。

封筒には、宛名や宛先を記入する必要はありません。

書き方の例を参考に、正しい退職届を作成する

記事番号:167/アイテムID:2456の画像

いかがでしたでしょうか?
今回は、例やポイントを通して、退職届の書き方についてご紹介しました。

退職届は、日常的に作成したり提出したりする書類ではないため、社会人として経験を積んだ方にとっても、馴染み深いものではありません。
しかし、実際にはポイントさえおさえておけば決して難しいものではないのです。
転職活動などの履歴書と異なり、退職届で個性を発揮する必要はありません。
書き方のルールさえ守って、必要な内容が明記されていれば、立派な退職届と言えます。

[引用元]

※1: http://ten-navi.com/hacks/retire-8-4437

マナーについてもっと知りたいという人が読むべき一冊

退職届や封筒一つとっても、知らないマナーがたくさんありますよね。
食事や日常の振る舞いも含めると、数えられないくらいのマナーがあります。

そんなたくさんのマナーの中から押さえておきたいマナーについてまとめた本が「図解 マナー以前の社会人常識」です。

この本は、形にとらわれがちなマナーの一番大事な「こころ」の部分がしっかりとおさえらえているため、なぜそのような作法になるのかまでを理解できるベストセラーのマナー本です。

マナーのこころを理解し、大事な場面で、大切な人に失礼のない振る舞いをできる人になりましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事