エンジニアが転職するときの履歴書例3つ

転職を成功させる秘訣はいろいろありますが、その中でも特に、「履歴書」が与える影響は大きいのではないでしょうか。今回は、エンジニアが転職する際に気を付けたい、履歴書の書き方の例を項目ごとに3種類ご紹介していきます。現在転職中の方は勿論、転職を検討している方も必見ですよ!

エンジニアの転職マニュアル~履歴書編~

まずは、エンジニア転職における履歴書の書き方の基本をご紹介していきます。

具体的な数字を出す

履歴書は、各項目のスペースが限られています。数字で表せる内容や項目は、積極的に数字で表現していくことで、すっきりと見やすい履歴書になりますよ。

西暦と年号を統一する

「生年月日は西暦で記入しているのに、職歴は年号で記入している」など、西暦と年号が混ざってしまうと、見た目が汚くなってしまいます。西暦か年号、どちらかに統一することをおすすめします。

使いまわしをしない

履歴書に記入する志望動機や転職理由、自己PRなどの文章は、応募企業に合わせて考えることをおすすめします。当たり触りのない内容であれば、過去に他社へ応募したものを使い回しても、違和感はないかもしれません。しかし、個性やアピール性に欠け、あまり印象に残らない履歴書となってしまいます。

空欄を作らない

履歴書のフォーマットによっては、「趣味」や「希望の職種」などの項目があります。記入しづらい項目があっても、なるべく埋めるようにしましょう。空欄が多いと、転職活動へのやる気や、自社への熱意が低いと企業側に受け取られてしまう場合があるのです。

それでは、履歴書の各項目の書き方を細かく見ていきましょう。例文もご紹介していくので、参考にしてみて下さいね。

エンジニア転職者向け履歴書マニュアル~志望動機・自己PR編~

ここでは、勤続年数や部署、サービス名など、個人によって異なる内容は、「〇〇」と表記していきます。自分の情報を当てはめてみて下さい。

自己PR例

「現在まで、一貫して〇〇に関する〇〇開発のエンジニア職に携わってきました。前職までの分野である〇〇は、やりがいのある業務が多く、特に〇〇に関する業務は、技術や知識が求められるものだった為、エンジニアとして貴重な経験を得られました。また、最初は〇〇として〇〇の開発に携わるだけでしたが、〇〇の経験を経て、最終的にはリーダーとしてプロジェクトを進めていくようになりました。これらの経験をいかして、御社の〇〇開発や〇〇サービスの業務に携わることで、新たなステージで活躍し、エンジニアとしてより広い範囲の仕事に挑戦してみたいと思い、御社に志望致しました。」

まず、今までの経歴や業務を簡潔にまとめましょう。企業としては、転職志望者を採用して即戦力になるかどうかが知りたいのです。また、転職を希望する企業の業務内容や商品に触れる内容は、入れた方が良いでしょう。「数ある企業から何故その企業を選んだのか」が企業側に伝わりやすく、転職に対する熱意をアピールになりますよ。

内容だけでなく書き方も大切です。手書きの場合は調整が難しいかもしれませんが、志望動機の欄の8割以上埋めることをおすすめします。空欄や余白が少ない方が、転職に対するやる気を印象付けられます。

また、志望動機と混同しがちなのが、「自己PR」ではないでしょうか。志望動機にこれまでの経験や転職後にいかせそうな技術などを記入してしまった場合、「何を書いたら良いのかわからない」と悩んでしまう方も、いらっしゃると思います。

自己PR例

「業務で培った〇〇の技術を使って、休日などに〇〇に関するアプリケーションの開発を個人的に行っています。このアプリケーション開発で得た知識や技術を業務にもいかすことで、エンジニアとしてより高いレベルを目指していけると思っております。」

「自己PR」の欄は、あくまでも自分の長所を記入するスペースです。志望動機の内容とは、切り離して考えても問題ないでしょう。例えば、業務外の内容でも良いのです。長年続けている趣味やボランティア活動などについて記入することで、人間性をアピールすることができるかもしれません。また、業務とは別に、個人的にwebサービスやアプリケーションなどを作成している場合は、それについて記入することをおすすめします。可能であれば、URLなどを掲載すると、技術力や熱意をアピールすることができます。

エンジニア転職者向け履歴書マニュアル~職務経歴編~

続いて、「職務経歴」の書き方をご説明していきます。履歴書の他に、「職務経歴書」が応募書類になっている場合が多い為、混同しがちな「職務経歴」の欄。しかし、両者には大きな違いがあります。

企業は、履歴書の「職務経歴」のスペースを、応募者の職歴や学歴を一目でチェックする為に使う場合が多いそうです。一方、職務経歴書は、履歴書だけでは知ることができない、業務内容や役職の詳細な情報を得る為のものとして使われます。

履歴書に職務経歴を書く際は、上記のポイントに注意して、分かりやすく書きましょう。

職務経歴書例

職歴
平成〇年 〇月 株式会社〇〇 入社(〇〇関連の会社 従業員〇〇名)
平成〇年 〇月 一身上の都合により退職
「職歴」は、「学歴」の後、1行あけてから記入すると、見やすくなります。履歴書の種類やフォーマットにもよりますが、基本的には1行につき1つの出来事を記入します。上記のように、入社に関する情報を1行にまとめ、退職に関する情報も改行して1行で記入するようにします。企業の情報や業務内容に関しては、職務経歴書で詳細を説明しますが、どのような分野や業界の企業だったのか、規模はどれくらいの会社だったのかなどは、記入しておいた方が良いでしょう。

「この人にあってみたい」と思わせる履歴書にしよう

今回は、エンジニア転職者向けに、3つの項目に分けて履歴書の書き方の例とポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?基本を押さえつつ、個性的な志望動機や自己PRを考えて、企業側が思わず「この人に会ってみたい!」と感じるような履歴書を作成して下さいね。