積極性を身につける方法・積極性の短所と長所・自己PR方法

積極性がある人と言うのは評価されやすいですよね。出来るだけ積極性を自分の身につけることができるように努力する人も多いのではないでしょか。また積極性を自己PRするためにはどうしたら効果的でしょうか。積極性を身につける方法と自己PR方法についてまとめました。

「積極性」とはチャレンジ精神、行動力!

「積極性がある」とよく言われますが、どういった時によく言われるでしょうか。人より率先して行う、誰も行ったことのないこと新しい事、困難な事にもチャレンジする、意見をきちんと持って意志を表明するなどと言ったことが挙げられますよね。

「積極性」をもってチャレンジする経験を増やす

「積極性」を身につけることは仕事の面でも高く評価されることになります。「積極性」を身につけることで色々なことにチャレンジできるようになり、様々な仕事を経験することもでき、自分の成長に繋がります。

積極的になることを目指してみることは自分にとってもとても有益なことです。

「主体性」との違いから来る意味合い

「積極性」に似た言葉に「主体性」と言う言葉がありますが、「積極性」と「主体性」とはどういう関係にあるのでしょうか。

「主体性」とは、「主体的」であるということを意味し、自分の意志や判断で行うという事が一番の意味となります。「自分で決めて行う」ということに大きな意味を持った言葉と言えます。

一方「積極性」とは人の意見をもとに行ってもいいですし、みんなで行う共同作業で「積極性」を示すという事でいいのです。「自ら率先して行う」という行為自体が評価されるのが「積極性」です。

「積極性」を身につける人の短所と長所

高く評価されることが多い「積極性」ですが、積極性を身につける人にも実は短所があります。「積極性」はあるが、じっくり考えずに行ったり、軽率な行動をすることがあるからです。

短絡的な考え方をしたり、周りのことを気にせずに行ったりすることがあります。そういった面が短所となることがあるのです。

慎重に行動できればいいのですが、「慎重に」「積極的に」と行うことはなかなか難しく、その両方を身につけることは結構大変なことです。

概して長所と言っても何らかの短所を伴うことも多いものです。

積極性を身につける方法

とは言っても高く評価されることの多い「積極性」を身につける方法とはどんな方法になるでしょうか。日常の沢山の機会の中で積極性を身につけるには、日頃の自分の姿勢を変えることで意外と簡単に積極性を身につけることもできます。

1. こだわりや自分の姿勢を持つ

具体的には、まず自分のこだわりや自分の姿勢をきちんと持つことが必要です。そのことによって進んでやりたいという気持ちも生まれます。

こだわりを持ってやりたいという気持ちを持っていれば、自然に積極性も生まれてきます。まずは、こだわりや好奇心や向上心と言ったもの、チャレンジ精神のようなものを身につけるように心がける姿勢が大切ですよね。

2. コミュニケーションを図って積極性を生み出す

「積極性」とはみんなの中で「積極性」を示すことと言う意味にもあったように、コミュニケーションを図りながらそこから「積極性」が出てくることもあります。

例えば、10人くらいのグループの中で全ての人達とコミュニケーションを円滑に取ることができるようになれば、自ずと自分が率先してこれをやろうという気持ちや姿勢にもなってきます。

コミュニケーションが図れるようになってくると、みんなの意見をもとに自分が何かやってやろうという気になったりします。

そういったコミュニケーション、仲間に支えられて色々なことにチャレンジしようという気持ちの積極性も生まれてきます。みんなでやってみようというような気持ちになります。

3. 様々な経験をしながら刺激を受ける人や体験に出会う

また、様々な経験を積むことで経験値も増えて段々と「積極性」が出てくるようになりますよね。

職場でも長くなり経験が増えてくると、セミナーに参加したり、会議で意見を求められたり、様々な場所で自分の意志や意見を表明することも増えてきます。それが「積極性」ということになりますよね。

そうした意見や意志を発表する機会や場面が増えてくることやまた人から刺激を受けることでも「積極性」を身につけることができます。

魅力的な人や積極的な人、体験に出会うことで自分もそれに引っ張られてやってみようと思います。周りの環境から影響を受けて自然と「積極性」が身につくのです。

刺激をくれる人に出会ったり体験をする機会も大切!

そうした刺激をくれる人や体験に出会うことも大切なのです。例えば同じ業種の集まりや異業種交流会などに出て刺激を得て、こんなに頑張っている人が他にもいるということを認識することで、人は「積極性」を持ち身につけることができるようになります。

刺激を受ける体験や人と出会うことは「積極性」を身につけるためにとても大切なことです。

「積極性」を自己PRする方法は具体的に

面接や職場などで「積極性」があるということを自己PRすることはとても有益です。新しい仕事や困難な仕事でも積極的に行ってくれるという安心感や責任感を持ってもらうことができます。

そんな「積極性」を具体的にPRするにはどんな方法があるのでしょうか。面接や職場などでPRするには、これまでの具体的な体験を紹介するのが一番です。

もしくは、情熱的に「積極性」を語ると言う方法もあります。

「積極性」をPRする際の注意点は抽象的な一般論にならない事

「積極性」を自己PRすることは多くの人が行うことでもありますので、あまり一般的で抽象的な「積極性」のPRは避けるように注意することも必要です。

「私は積極性があります」とただ言葉で言っているだけでは多くの人が言うことなのであまり説得力がありません。

具体性を持って体験を語ることで、「積極性」をどれだけ自分の身につけることができているのかをPRします。言葉だけで身についていないものは説得力がないので、仕事に対する姿勢も「積極性」を本当に身につけていることを具体的に、情熱的に語ります。

実際に仕事をした時にそれが発揮されるかどうかを面接などでは聞かれていると思って、説得力のある具体例を話します。

具体的な体験などで「積極性」をPRするポイント

・具体的にどんな積極性を発揮した経験があるのか?
・与えられたものではなく自ら何かを具体的に選択したのか?
・自ら何かに具体的に参加したりしたのか?
・またどう積極的に行動したのか?
・それによって何が良かったこととなり、何を学んだのか?
・今の生き方や姿勢としてそのことがどう活きているのか?

自己PRの具体例

具体例をご紹介すると、

「私の長所は積極性です。中学生から大学時代まで長い間吹奏楽部に属していて熱心に頑張ってきました。部活では積極的に部長を務め、コンクールにも参加し、多くの仲間と一緒に練習に励む毎日を送りました。また、他校との交流の機会にも積極的に学校として参加するように企画し、合同での練習や交流の機会を持ってきました。

時には、ボランティアとして地域の老人施設に慰問に出掛ける活動も計画し、積極的に地域でのボランティアにも参加するような活動をしてきました。

音楽を通じて積極的に地域との交流を行ったことは、自分たちの音楽が多くの人の役に立つという喜びを知る経験となりました。

これらの経験から社会人になってからも地域の中での社会的貢献などを積極的に行いたいと考えるようになりました。地域に根差した御社のような会社で社会的貢献を担うような仕事をすることができればと考えています。」

などと具体的な内容で、積極的に行ったことや自ら選択して行動したことを語ります。そしてそれが今の自分の姿勢にどのように影響しているのかを話します。

「積極性」を身につける方法のまとめ

「積極性」をPRするためにも具体的な体験を語る必要がありましたが、やはり「積極性」は具体的に何かを積極的にやったという行いが大事なのです。

言葉だけで「積極性があります」と言っても行動が伴わなければ意味をなさないものになります。実際に様々な機会にチャレンジして体験しているというその「積極性」が重要です。

そして、「積極性」は周りの環境によっても左右されるもので、周りとのコミュニケーションや団結のようなものがあれば、何事も積極的に行っていくことができるようにもなります。

あのグループは団結しているので様々なことを積極的に行うことが出来ているなどということはよく聞かれますよね。「積極性」を身につけるためにはそうした周りとのコミュニケーションや団結力も必要です。

そして、様々な刺激を受けることで好奇心を養ったりして積極的に参加したり、チャレンジしたりする精神を養っていくことができます。こうした様々な環境を作ることも「積極性」を身につけるためには有意義な事と言えます。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)
キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)