派遣から正社員登用されるには?制度・登用されない場合の対処法

派遣から正社員に登用されることは、本当に可能なのでしょうか?また、派遣から正社員に登用される人とされない人の違いは、どこにあるのでしょうか?このページでは、「派遣から正社員への登用」をテーマに、上記のような疑問を解消するための情報をご紹介しています。

派遣から正社員へ…登用される人とされない人の違いとは

派遣という雇用形態が、働き方や生き方として定着しつつある現代社会。希望の勤務地や就業時間で、オフや私生活を重要視した働き方がしやすい、派遣という働き方は、多くの人に受け入れられています。

一方で、収入が不安定なことから、「今は派遣でも、いつかは正社員になりたい」と考えている方も、少なくないでしょう。実際に、派遣として一定期間働いてから、その企業に正社員として採用してもらうチャンスがある「紹介予定派遣」などの制度もあります。

しかし、紹介予定派遣などの制度を利用しても、確実に派遣から正社員になれるというわけではありません。正社員として登用される人と、されない人がいるのです。

そこで今回は、「派遣から正社員への登用」をテーマにして、関連情報をご紹介していきたいと思います。

派遣から正社員に登用される為の条件

そもそも、派遣から正社員を目指すことは、可能なことなのでしょうか?まずは、派遣から正社員に登用される為の条件などを確認していきたいと思います。

結論から言うと、派遣から正社員を目指すことは、可能です。実際に、派遣で入社して、その後登用されて正社員になったという方も存在します。

ただ、確率としては、そう高いものではなさそうです。というのも、正社員になりたい派遣社員に対して、企業側は人件費がかかる正社員よりもコストが安い派遣社員を求めている為です。
勿論、その会社で1番仕事ができたり優秀な成績を残したりすれば、企業側も迷うことなく正社員に登用するでしょう。

しかし、それなりに仕事ができる派遣社員の場合は、人件費が安くて済む派遣社員でいてもらった方が、企業としては助かるのです。

そのような背景から、「派遣から正社員に登用されることは可能だが、その可能性はとても低い」と言えそうです。

紹介予定派遣なら、正社員に登用されるとは限らない

一般的な派遣の場合、派遣先の企業が派遣社員のことを、一定期間後に直接雇用するなどの取り決めは特にありません。勿論、企業が正社員として登用する価値があると感じれば、正社員に登用される可能性はあるでしょう。
しかし、その可能性はとても低いものだと考えられます。

一方で、紹介予定派遣という種類の派遣は、派遣社員として一定期間働いた後に、派遣先の企業に直接雇用するかどうか審査してもらえることになっています。そして、派遣社員と派遣先企業の希望が一致すれば、正社員や直接雇用となる可能性もあるという制度です。

しかし、紹介予定派遣であれば、派遣先の企業は必ず派遣社員を正社員にしなければならないというわけではありません。企業側の考え方や評価次第では、正社員になれない可能性も十分あります。

また、企業側が直接雇用の意志を示したとしても、それが正社員であるかどうかは分かりません。直接雇用であっても、契約社員としての登用という可能性も十分あり得るのです。

このような背景から、やはり派遣から正社員に登用されるのは、簡単なことではないと言えるでしょう。

企業が正社員に登用したいと思う人の特徴

ここまで、派遣から正社員に登用されることの難しさをご紹介してきましたが、実際に派遣から正社員になっている人も確かに存在します。

派遣としてあらかじめ職場や業務に馴染んだ後に、正社員として引き続き働けるというのは、夢のような境遇ですよね。
では、そんな理想的なルートを歩める人とは、どのような人なのでしょうか?

派遣と正社員の違いを基準にして、企業はどのような人なら正社員に登用したいと思うのか、考察していきたいと思います。

教育費をかける価値があるかどうか

一般的に、新卒として採用した新入社員には、企業はまず教育をすることから始めます。
自社の経営理念や規則、業界の知識や社会人としてのマナー。将来有能な社員に成長してもらう為の投資のように、膨大な教育費を掛けて育成するのです。

一方、派遣社員には、教育費をかけることができません。派遣社員は自社の社員ではなく、派遣会社の社員。派遣先の企業にとって、派遣社員は別な会社の人手を借りているだけという感覚なのです。いつかは派遣会社へと戻っていく存在なので、自社の費用で派遣社員を育てるということは、ほとんどの企業がしないでしょう。

正社員登用される人とされない人の違いは、企業側がその人を自社の社員として育てたいと思えるかどうかという点にあると思います。
年齢やスキルによっては、即戦力を期待している場合もありますが、自社の社員になる以上、企業としてはどんな年齢や立場の社員にも、成長して経営や業績により貢献してもらいたいはずです。

成長の見込みがあったり、育ててみたいと思えるような人材であれば、正社員に登用される可能性もありますが、教育費などを使ってまで育てたいと思えなければ、登用されにくいと考えられそうです。

その人ならではの価値があるかどうか

企業の本音としては、「優秀な人材なら、ぜひ正社員として自社に欲しいけれど、そうでないなら派遣やアルバイトで十分」といったところでしょう。
正社員の場合は、業績が悪い時期があったとしても、簡単には解雇できません。企業側からすれば、経営に貢献していなくても、正社員であれば自社の社員として養っていかなければならないリスクがあるのです。

派遣社員を正社員に登用するとなると、上記のようなリスク以上に魅力を感じる何かが必要となります。
「何か」は、企業側の価値観やその人の個性によって異なりますが、会社から言われた作業をこなしているだけでは、リスク以上に雇ってみたい魅力がある人物とは言えないでしょう。

派遣社員としての業務に加えて、+αの魅力や強みがあるかどうかが、正社員に登用されるかされないかの分かれ道になることもあると考えられます。

正社員に登用されない人の特徴

続いて、正社員を目指して、派遣として日々頑張って働いているものの、なかなか正社員に登用されない人の特徴をご紹介していきます。

上記でご紹介した企業が正社員にしたいと思う人の人物像と比較してみて下さいね。

コミュニケーション能力が低い

派遣社員として、与えられた仕事をしっかりこなしているものの、周囲となかなか打ち解けられなかったり、会話が成り立たなかったりする人。

企業は、上記のようにコミュニケーション能力が低い人を、正社員としてあまり登用したがりません。

職種や職場によっては、コミュニケーション能力はあまり重要でない場合もあります。しかし、どんな仕事でも、上司や同僚と協力して進めていくことが大切です。
その為、コミュニケーション能力があまり必要ない職種であっても、会話が成り立たなかったり円満な人間関係が築けていなかったりする人は、正社員に登用される確率が低いと考えられます。

待遇に関する要望が多い

労働者にとっても企業にとっても、働く上ので社員の待遇や給与は、重要な要素です。労働者としては、少しでも良い待遇で働きたいものですし、企業としてはなるべくさまざまな費用を抑えて、効率的に働ける労働者が欲しいと考えています。

労働者として、給与や労働環境、待遇などをあまりにも妥協してしまうと、休みがなかったり給与が異様に低かったりといった劣悪な環境で働くことになる為、注意が必要です。

しかし、給与や待遇をあまりにも高望みしすぎたり、要望が細かかったりすると、企業から「正社員として雇用しづらい人材」と認識されてしまう可能性があります。

ある程度の基準を守るために、給与や労働環境に希望や要望を持つことは、決して間違いではありません。
しかし、妥協点も作っておき、あまり要望や希望ばかりになってしまわないようにすることも、正社員に登用される為には必要なことなのです。

仕事に対する認識が甘い

「派遣だから、適当で良いだろう」「派遣なんだし、責任は取りたくない」など、仕事に対しての認識が甘い人も、正社員に登用されるのが難しい人と言えるでしょう。

企業としては、今現在雇っている正社員と同等、或いはそれ以上に仕事ができる人材でなければ、基本的には正社員にしたいとは思わないでしょう。
責任感やプライドを持って仕事に打ち込むことができない派遣社員が、日々の業務に熱心に取り組んでいる正社員よりも価値のある人材である可能性は、きわめて低いと考えられます。

その為、仕事に対する認識が甘かったり、プロ意識に欠けていたりする派遣社員は、多少仕事ができたとしても、正社員に登用される可能性は低いと言えそうです。

正社員に登用されなかった時の対処法【1】:派遣社員として働きながら転職活動

どんなに頑張って働いても、正社員になれないこともあります。皆さん自身に問題がなくても、企業側の都合や価値観で、派遣からの正社員への登用に積極的でない企業もあるので、仕方のない場合もあるでしょう。

しかし、派遣から正社員になりたいという方にとっては、切実な希望ですよね。生活や人生に大きな影響を与えることですし、「次、頑張ろう」「まぁ、いいか」で済ませられない場合もあります。

そこで、派遣である程度働いているのに、正社員になれない場合、どのように対処すれば良いか、対処方法をご紹介していきます。

最も現実的なのが、派遣社員として働きながら、正社員として採用してもらえるよう、転職活動をすることです。
少しでも早く正社員になりたい!という場合、一見すると派遣を辞めて転職活動に集中した方が良いように思えるかもしれませんね。

しかし、転職活動にはお金がかかります。また、転職活動と並行して、日々の生活も送っていかなければなりません。
採用される目途やあてがあるなら問題ありません。
しかし、いつ採用されるか確定していないのに、派遣の仕事を辞めて無収入で転職活動に励むのは、少々リスクが高いと言えるでしょう。

少し忙しくはなりますが、現在の生活を保つために派遣社員として働きながら、正社員で採用してくれる企業を探すのが、最も現実的な方法なのです。

正社員に登用されなかった時の対処方法【2】:自分の市場価値を見直す

派遣から正社員に登用されるかどうかは、派遣社員の魅力や仕事の出来の他に、企業の価値観も大きく影響します。
その為、正社員に登用されなかったからと言って、必ずしも正社員になる為の魅力に欠けているわけではありません。

しかし、なかなか正社員に登用されない時は、一旦自分の市場価値や魅力を見直してみることをおすすめします。
年齢や職歴、キャリアやスキルなどを客観的に見て、「もし自分が経営者だったら、自分を正社員として登用したいか?」考えてみるのです。

そうすることで、自分に足りないものが見えてきて、正社員になる為に必要なものに気付けるかもしれませんよ。

正社員に登用されなかった時の対処法【3】:フリーランスになる

職種や業界によっては、派遣であっても専門的な技術や知識が習得できる場合があります。そのような職種や業界で長い間派遣として働いていた場合は、思い切ってフリーランスや独立を考えてみるのも、1つの方法です。

企業によっては、スキルや技術力の高さに関係なく、若手しか正社員に登用しない所もあるかもしれません。
そのような企業を相手に、正社員に登用されるのを待って、派遣として良いように使われているのでは、せっかくの技術力や知識を無駄にしている可能性もあります。

フリーランスや独立によって、派遣で培った技術や知識、経験を存分に活かすことで、正社員になるよりも自由に、そして高収入になる可能性もありますよ。

正社員に登用されなかった時の対処法【4】:紹介予定派遣を利用する

これまで、一般的な派遣で働いてきた方は、紹介予定派遣を利用するのも1つの方法です。
派遣社員としてあらかじめ決められた期間働くと、派遣先の企業が正社員として登用するか検討するシステムとなっているので、一般的な派遣よりは正社員になれる可能性が高いと思われます。

しかし、上記でもご紹介したように、一定期間働けば、必ず正社員として登用されるわけではありません。拒否される可能性も視野に入れる必要があるのです。
また、登用されたものの、正社員でなく契約社員だったというケースもあります。

このようなリスクはありますが、1度も利用したことがないのであれば、紹介予定派遣という制度を利用してみる価値はあると言えるでしょう。

派遣から正社員に登用される可能性はゼロではない

いかがでしたでしょうか?今回は、「派遣から正社員への登用」をテーマに、さまざまな情報をご紹介してきました。

派遣から正社員へ登用される可能性は、確かに低いものです。
しかし、実際に正社員になれた派遣社員も存在しており、可能性はゼロではありません。

現在、正社員を目指しながら派遣社員として働いている方は、「どうせ正社員にはなれそうにないし…」などとネガティブにならず、一生懸命働きましょう。皆さんの頑張りや能力を企業が認めて、正社員に登用してもられるかもしれませんよ。

また、派遣から正社員になるのではなく、最初から正社員として採用してもらえるよう、転職活動に挑戦するのもおすすめです。

派遣社員から正社員になる方法はたくさんあるので、自分に合ったルートで正社員を目指しましょう。