派遣前の職場見学の注意点(質問の仕方・質問例・適切な服装)

派遣前の職場見学は、採用・不採用に大きな影響を与える重要なステップです。このページでは、派遣前に職場見学に行く際に気を付けることや、好印象を得るポイントなどをご紹介しています。職場見学におすすめの服装や、質疑応答の例などをまとめているので、ぜひ参考にどうぞ。

派遣前の職場見学を通過するには?職場見学のポイントやコツ

派遣として働く場合、派遣会社に条件や希望を登録し、それに見合った職場や派遣先が見つかり次第、派遣先で働くことになります。

しかし、その過程で見落としてしまいがちなのが、職場見学というステップです。登録していた情報や希望に合う派遣先が見つかった場合、その職場に派遣される前に、実際に派遣先に足を運んで、職場見学をする場合があります。
そして、派遣社員と派遣先の企業で意見が一致すれば、正式に派遣としての契約が成り立つというわけです。

職場見学まで漕ぎつければ、ほぼ間違いなく採用されているとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはそうではないようです。
職場見学の言動や態度によっては、派遣社員としてそこで働くことできない可能性も、ゼロではありません。

そこで、今回は派遣される前のステップである職場見学について、さまざまな情報をご紹介していきます。

派遣前の職場見学で不採用になる場合もある

まず始めに、徹底して覚えておきたいのが、職場見学が原因で採用してもらえない場合もあるということです。

面接や選考ではないのだから、「きちんと見学さえすれば採用されるだろう」と考えている方もいらっしゃると思います。
しかし、実際には職場見学は選考のような要素を含んでいる部分もあり、企業側から不採用とされる可能性があることを、覚えておきましょう。

企業や状況、個人の経歴などにもよりますが、職場見学というステップを通過できる割合は、3割(※1)程度という見解もあります。
面接や選考といった名称ではないからといって、油断すると、不採用になってしまう可能性は十分あるというわけです。

職場見学へ行く前に、業界や企業の勉強をしておく

職場見学で不採用になる原因の1つとして、その企業や業界、職種に対する知識がない点が挙げられます。

職場見学の日程は、事前に知らされる場合がほとんどだと思います。その情報を受け取ってから、下調べや企業に関する勉強をしないで職場見学に行くと、不採用になる確率が高いそうです。

下調べをしていないと、知っていて当然と言えることを質問してしまったり、的外れな発言をしてしまったりする可能性も。
そういった発言は、マイナスの評価に繋がるので、どのような企業で、何をしている会社なのか、事前に勉強しておくことが大切です。

職場見学は、面接や選考と同じ

もうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、職場見学は、「職場見学」という名の選考です。
「派遣なのに選考?」とお思いの方もいるかもしれませんね。しかし、企業としては、職場で働いてもらうからには、きちんと仕事ができる人を採用したいもの。それには、やはり選考や面接で人柄や知識、キャリアなどを見る必要があるのです。

職場見学の際は、採用面接や選考だと思って臨むことをおすすめします。
以下で、職場見学をクリアするためのポイントやコツをご紹介していくので、参考にして見て下さいね。

職場見学におすすめの服装

職場見学は、派遣の採用・不採用の決定に大きな影響を与えます。下調べや日程の調整も大切ですが、当日の服装も、気を付けておきたいポイントです。

基本的に、職場見学へ行く際は、スーツがおすすめです。女性であれば、オフィスカジュアルでも可能な場合はありますが、職種や職場にもよるでしょう。派遣会社の担当者に、確認しておくことをおすすめします。

スーツは、色が派手なものは控えた方が良いでしょう。また、ショートパンツやジーパンなども、避けた方が無難です。黒や紺、グレーなどのジャケットがおすすめです。女性の場合は、スカートでもパンツでも、スーツであれば構いません。しかし、職場によって、どちらが好ましいか異なる場合もあるので、下調べをしておいた方が良いでしょう。

髪型は、清潔感があるものにしましょう。女性で髪が長い方は、きちんと束ねておいた方が良いですよ。

靴も、清潔感が感じられるものを選びましょう。汚れたり型が崩れたりしているものは避け、スーツなどと合わせて違和感のない色や型のものがおすすめです。

職場見学に行く際の準備物

続いて、職場見学に行く際に準備しておいた方が良いものについて、考えていきたいと思います。

基本的に、必要書類や準備物に関しては、事前に派遣会社や担当者に確認を取っておきましょう。
その際に、指定があったり書類を渡されたりした場合は、指定や指示に従って下さい。

特に何も言われなかった場合も、筆記用具とメモ帳は、最低限準備しておきたい物です。職場見学で書類などを渡される可能性もないとは言えないので、ボールペンは特に必須と言えるでしょう。

また、身だしなみを整えるアイテムも、持っていくと安心です。ハンカチやティッシュなどは、持っているとさまざまな場面で便利ですよ。

派遣前の職場見学で使える!おすすめ質問集

派遣前の職場見学は、単なる見学ではなく、面接や選考の要素も含んでいることを、上記でご紹介しました。

特に、職場見学で注意したい点は、質問内容です。派遣先の職場に質問をする際、勉強不足だと的外れな質問をしてしまいがち。また、質問の内容や仕方によっては、社会人としての常識を疑われたり、マイナスな印象を与えてしまったりしてしまいます。

そこで、派遣前の職場見学でおすすめの質問方法や内容などをご紹介していきたいと思います。

具体的な仕事内容

こちらから質問をする場合、必ず確認しておきたいのが、具体的な仕事や業務の内容です。

事前に調べておいた業務内容で働けるかどうかは、担当者に聞かなければ分かりません。もしかしたら、自分が思い描いている業務内容と実際の業務内容とで、異なる点もあるかもしれません。

「業務内容としては、主に〇〇とのことですが、より詳細な内容を教えて頂けますでしょうか?」などと質問することで、ある程度下調べをしていることをアピールした上で、より詳しい業務内容を確認することができます。

残業時間

また、質問の機会があれば、残業時間についても尋ねておいた方が良いでしょう。派遣であっても、残業を強いられる可能性はゼロではありません。「こんなに残業をしなければならいけないなんて、思っていたのと違う…」と、採用後に後悔するのは避けたいものですよね。そのようなリスクを考えると、職場見学の段階で残業についても質問しておくことをおすすめします。

「個人差もあると思いますが、残業時間は月にどのくらいでしょうか?」などと尋ねると、反対に「どれくらいなら残業できますか?」と質問を返されることもあります。
その際は、「1日に〇時間程でしたら、残業をすることも可能です」などと返答した方が良いでしょう。

質問したいことが特にない場合

企業側から、「何か質問はありますか?」などと尋ねられても、特に質問したいことがない場合は、無理に質問を考える必要はありません。「特にありません」などと答えても問題ないでしょう。

ただ、「特にありません」だけでは、コミュニケーションとして少々物足りないですよね。場合によっては、コミュニケーション能力が低い印象を与えてしまいます。

「質問は特にございませんが、ぜひ御社で働きたいと思っております」など、意気込みを一言付け加えることをおすすめします。

派遣前の職場見学を乗り切る!おすすめ回答集

上記では、自分から派遣先の企業に質問をする際の例をご紹介しました。
反対に、企業側から自分に対して、質問や問題を出されることもあります。

そこで、今度は企業からされることが多い質問をピックアップし、回答の例やおすすめの回答方法をご紹介していきます。

最寄り駅

職場見学で聞かれることが多い質問の1つとして、最寄り駅や使用した電車の路線などについて尋ねられることも多いようです。

職場見学における質問では、回答内容よりもコミュニケーション能力の有無を見ている場合があります。
単に「○○駅です」とだけ答えるのも誤った回答ではありません。しかし、「○○駅です。御社までの時間としては、約〇分程です」などと答えると、会話が弾むかもしれませんよ。

勤務開始期間

また、「いつから働けますか?」という質問も、職場見学で聞かれることが多いようです。

このような質問をされたら、企業はなるべく早く働いてもらいたいと考えている可能性があります。
しかし、だからと言って、無理に早い日付を述べる必要はありません。実際には不可能な日付などを回答してしまうと、採用が決定してから問題になる可能性もあります。

自分ができる範囲で、最も早く出勤できそうな日付を回答するようにしましょう。

自分でアピールすることが大切

一般的に、職場見学の際は、自分だけで行くのではなく、派遣会社の社員や営業マンも同行するケースがほとんどです。

派遣会社の社員は、皆さんのことを派遣先の企業におすすめしてくれます。自社の業績や自分の成績の為ということもありますが、自分自身で自分をアピールするよりも、心強いと感じるかもしれませんね。

しかし、だからと言って派遣会社の人に、アピールや自己紹介の全てを任せるのはやめましょう。自分が思っていることが派遣先の企業に伝われない可能性があります。
また、派遣先の企業が派遣会社の社員にあまり良い印象を抱いていない場合、皆さんに問題がなくても、不採用となってしまう可能性があります。

自分自身を正しく評価した上で採用してもらう為にも、自己紹介や自己PRは、なるべく自分で行うようにしましょう。

職場見学は、軽視しないでしっかり準備して臨むことが大切

いかがでしたでしょうか?今回は、「派遣前の職場見学」をテーマに、職場見学へ行く際の心構えや質疑応答のコツ、服装・準備物などをご紹介しました。

職場見学を単なる見学と考えている方も多いようですが、それは大きな間違い。職場見学は、面接や選考の要素も含んでいるのです。
職場見学を甘く見ると、現場でマイナス評価に繋がるような言動を取ってしまい、不採用となる可能性も否定はできません。

事前に下準備をし、服装や持ち物をしっかり整えて、万全の状態で臨むことが大切です。

※1:3割

出典:http://派遣会社ch.com